話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

185.戦利品

「じゃあ、昨日の特殊レギオン戦で手に入れた、装備の分配をしていくよ」

 食堂のテーブルの上一面に、とんでもない数の武具や装飾品が置かれている。

 朝食後、さっそく新アイテムを適切に配ることとなった。

 ちなみに、明日の夜まで自由日となっている。

「クマムさんに、これはどうでしょうか?」

 タマがメルシュに尋ねたのは、先端に赤い部分があるレイピア。

「“伸縮のレイピア”、Bランク。“伸縮”効果で中距離戦闘が可能になるし、クマムの弱点を補ってくれるかも」
「じゃあ、クマムさん」
「ありがとうございます、タマさん」

 小柄な白猫の獣人、タマからレイピアを受け取るクマム。

「この赤頭巾のお人形さんは、考えるまでもなくモモカちゃんよね♪」
「ありがとう、サトミ!」
「Aランクのマリアか。それも魔法使いタイプ。まぁ、私の方が綺麗だけれど」

 ローゼ、なんか対抗意識を燃やしてる?

 黒いゴスロリっぽいドレスと紫の髪のローゼと、赤頭巾を被った金髪のマリアか。なかなか対照的だな。

「これで良いかな?」

 さっそく装備している様子のモモカ。

 これで、モモカの安全性はますます上がるだろう。サトミさんに感謝だな。

「…………」
「あれ、動かないよ?」
「壊れてるんじゃないの?」
「へー! そんなのやだ!」
「冗談よ。ていうか、人形にご執心なんて、モモカはやっぱり子供ね」

 人形であるお前が言うのか。

「ローゼ、またバカにしたでしょ!」
「さあ、どうかしら?」


「――さっきからウッセんだよ、ボケが!!」


 ……マリアが…………怒鳴った?
 
「「ご、ごめんなさい」」

「アタシは眠いの。さっさとフカフカのベッドに案内しな」
「う、うん」
「なにコイツ……めっちゃ恐い」

 マリアに脅され? ……モモカ達が食堂を出て行った。

「この鎧は、ザッカルの予備武器にちょうど良いだろう」

 赤い鉤爪付きの鎧を、ザッカルに勧めるフェルナンダ。

「俺、自分で手に入れたこの“漆黒の軽鎧”を使おうと思ってたんだけれど?」

 光沢のある真っ黒な鎧を、既に身に付けている黒豹獣人のザッカル。

「予備で良いんだって。この“アシストクローアーマー”は膂力を強化してくれるけれど、同時に他の武器は使用できない。状況によって鉤爪で戦うザッカルには合ってるだろ?」

 トゲトゲしい長い金髪を持つマクスウェルの隠れNPC、フェルナンダが丁寧に説明。

 傲岸不遜な態度を取ることもあるけれど、やっぱりメルシュと同一存在なんだな。

「確かにな。じゃあ、この“巨悪を穿て”ってのは?」

 禍々しいデザインの黒い……槍? それとも銛?

「投剣槍タイプのBランク武器か。タマ向きな気もするけれど、タマは“蒼穹を駆けろ”を持ってるし、良いかもな」
「よし!」

 喜んでるな~、ザッカル。

「昨日の時点で使ってましたけれど、この腕輪は貰っても?」

「”一角水魚の腕輪”、Aランク。サポートしてくれる生物を生み出す物ですね。水属性特化のスゥーシャさん向きかと」

 ドライアドの隠れNPC、ヨシノが許可した。

「それと、この“天の白河は流れる”はトライデントなので、スゥーシャさんが使ってください」

 綺麗な白銀色のトライデントだな。

「ありがとうございます! 大切に使わせて戴きます!」

 白い魚の下半身と髪を持つ、小柄な人魚のスゥーシャ。

 どことなく、一昨日よりも逞しくなった気がする。

「“アルテミスの魔弓”Sランクに、“アールヴの風弓”Aランク。質は良いんですけれど、弓の使い手が居ないので保留ですね」

 ターバンを巻いた黒髪ショートカットの鞭使い、テイマーの隠れNPCであるサキが、弓を隅にどかす。

 Sランクの弓……確かに惜しい。

「“調伏の太刀”、Sランク。ま、考えるまでもなく、うちのマスターが使うべきだね」
「私、Sランクならもう持ってるけれど?」
「太刀の使い手はアンタしか居ないんだから、遠慮しなくても良いんだよ」
「……そう?」

 シレイアに勧められるまま、ユイは新たにSランクの刀剣を手に入れた。

「ユイ、これはどう?」

 左側にだけ肩当てが付いた、紅の軽具足を勧めるジュリー。

「“彼岸花の軽具足”、Aランク。バランスは悪いけれど、今ユイが使ってるのとそう変わらない感覚で使えると思う」
「試してみないとなんとも言えないけど……これ、ゴザルの人が使ってたのじゃ……」

 躊躇いながらも、さっそく試してみるらしい。

「この剣、私が使っても良いですか?」

 青黒い片刃の剣を手にしているのは、リンピョン。

「リンピョンって、MPとTP、どっちの方が高いの?」
「TPだけれど?」
「強力な“氷獄魔法”をこれから使うなら、“輪廻の業剣”はやめた方が良いね。MPが不足しがちになりそう」
「そうか……見た目気に入ってたのに!」

 メルシュに説得され、泣く泣く諦めるリンピョン。

「仕方ない。あの男が使っていた“氷蛇の刀剣”で我慢するか」

 贅沢な言い草だな。あれ、Aランク武器だろ。

「これはルイーサが使うべきだな」
「良いのか? Aランクの剣なんだよな?」

 翠の大剣を、ルイーサに渡すフェルナンダ。

「コセは強力な剣を複数持ってるし、お前も強力な予備武器は持っておくべきだ」
「……そうか、ありがたく使わせて貰おう」

 剣を受け取るルイーサ。

「ところで、あの鎧は私が貰っても?」

 ルイーサが指を差したのは、白い鎧。

「”高位騎士の聖鎧”、Aランク。光属性を強化してくれるし、確かにルイーサ向きだな」
「あ、その鎧、私とアオイをババア扱いした奴が使ってた奴!」
「ババア?」

 アヤナがなにか言い始めた。

 あの二人をババア扱いって、どんな感覚の持ち主だよ。

「この“輪廻の業剣”は、取り敢えずシレイアが使って」
「ま、アタシがMPを使うことはまず無いからね。妥当だろ」

 メルシュから青黒い剣を受け取るシレイア。

「“黒魔法使いの短剣”、Aランク。魔法使い専用ですし、フェルナンダ向けですね」

 サキがフェルナンダのところまで持っていく。

「ヨシノ、この脚甲はなんですか?」

 トゥスカが尋ねたのは、以前履いていた“ブラックブーツ”に酷似した金属製の黒靴。

 コッチの方が機械的というか、ちょっとゴツイ意匠だな。

「“爆走のロイヤルグリーブ”、Aランク。派手な加速力と蹴りの威力を高めてくれますので、トゥスカさん向きかと」

「そう……気に入ったわ」

 太股の半ばまで覆うそれは、トゥスカの綺麗な脚に良く映える。

「このナイフ……いかす!」
「それはやめておいた方が良い、ユリカ」

 黒い反りのあるナイフを、ユリカから取り上げてしまうジュリー。

「これは“陰惨なナイフ”、Aランク。生物系モンスターに対して即死効果を発揮する場合がある。ただ、装備者のHPを徐々に削っていくんだ」
「HPって事は……」
「このリアルな世界では、命を蝕むだろうな」
「そんな物まであるの!?」
 
 ……ジュリーやメルシュが居てくれて良かった。

 あんなのを知らずに装備していたら、どうなっていたことか。

「これはバトルパペット向けの装備だね。ローゼも居るし、モモカに渡しても大丈夫かな?」

 そんな危険な物をと考えると、ちょっと心配になってしまうな。

「それにしても……俺だけ新装備を勧められない」

 その後、武具の次はスキルカード、サブ職業の順で分配を行ったのだが、あまりの多さに結局午前を丸々使ってしまった。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く