話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

180.白面の巨剣使い

「く!!」

 黒の槍の一振りにより、ソファーごと吹き飛ばされる!

「ハハハ! なんか動きが変だな。やっぱ、本当に具合が悪いのかよ?」
「さあな」

 身体の重み、ますます酷くなってる。

 メルシュの言うとおり、文字を無理に引き出すべきじゃなかったかもな。

「そろそろ終わらせて貰うぞ!!」
『相変わらず下卑た声だな、タケシ』

 扉が開いて……紫のローブにフードを被った白仮面が現れた!?

「お前……キクル!!」

 キクル……あの人が、モモカにローゼをくれたっていう……。

『レギオンメンバーを見掛けたから、必ず会えると思ってたぞ。レギオンリーダー』
「キクル……テメー!! 俺の恋人を殺しておいて、どの面下げて現れやがった!!」
『被害者面しないで貰おうか。俺が抜けると言った途端、後ろから刺し殺されそうになったから返り討ちにしたまでだ。文句があるなら、簡単に人を殺そうとするアバズレに言うんだな』

「お前ぇぇぇぇッッッ!!」

 キクルって言う人の方が、共感が持てるな。

『さっさと来い。それとも、勝てぬと分かっているから無駄に吠えているのか?』
「黙れ!! “二連瞬足”!!」

 ボス戦で手に入れられるスキルか。

「“紅蓮槍術”!!」
『バカが』
「ぐおッ!!?」

 背後に蹴りを放ち、男を吹き飛ばすキクル。

『奇襲のチャンスだったにも関わらず、動きを止めてスキルを使うために声を出す。貴様は、リアリティーのある想像力が欠如しているのか?』

「う、上から目線で語るな! この人殺しが!!」

『お前が言うのか。会話するだけ無駄だな』

 キクルが、背負っていた大剣に手を掛ける。

「なんだ、あの剣?」

 妙に刀身部分が機械仕掛けで、刃も先端が二股になっており、横には付いていない幅広な巨剣!

「チックショー……チクショーぉぉぉぉぉぉ!!!」

『見苦しい』

 あの重量級の巨剣を凄まじい速度で振り抜き、先端にしかない刃の部分で横から男を両断した!!

「クソ……野郎……ッ……」

 光となって消える男。

『さて……お前はどうするか』

 キクルが、こちらの様子を窺っている。

「二つだけ言わせてくれ」
『なんだ?』

「うちの子に貴重なアイテムを二つもくれて、感謝する。とても喜んでたよ」

『あの子の保護者というわけか。父親には見えんが……どうでも良いか』

 気遣ってくれたのだろうか?

『それで、二つ目はなんだ?』
「その時、誰も礼を言わなかったそうだから、四人に代わって謝礼を述べさせて貰う。ありがとう」

『……ハハハハハハハハハハハハ!! こんな怪しい巨漢が急に現れたんだ、無理もないさ。気にせずとも結構だ』

 話の分かる人のようだ。

「コセ!!」
「コセさん!!」

 メグミさんとクマムが、部屋に飛び込んできた。

「お前、コセになにをした!」
「よせ! その人は敵じゃない」
『敵じゃないか……フフ、お前達のレギオンリーダーは誰だ?』
「俺だ」

 どういうつもりでの質問かは分からないけれど、正直に答えておく。

『そうか……白い角の生えた女と、翠の人魚は見逃してくれ。俺のパーティーメンバーだ。多分な』

 仲間は居ないと聞いていたけれど、あの後に組んだ者が?

 それ以前に、角の生えた女って……まさか。

「こっちからは襲わないと誓おう」
『助かる』

 背を向け、立ち去ろうとするキクル。

『久し振りに、高潔な人間と話せて嬉しかったよ。仲間に美人が多いのが、少しばかり妬ましいが』

 そう言い残し、キクルは部屋を出て行った。


●●●


「“白骨火葬”!!」

 白い煙のような炎をぶつけるも、妙に上半身が盛り上がっている、爪の生えた赤のアーマーには効かない!

「いい加減くたばれよ! 外国人!」
「一応、国籍は日本なんだが」
「嘘をつくな!」

 私がハーフかもしれないって発想はないのか。

 遺伝的には日本人じゃないけれど。

「ハアッ!!」

 “ヴリルの聖剣”で、肩部分と連結している紅の爪を弾き返す!

「お前ら西洋人は、私達日本人をどいつもこいつも中国人や韓国人だと思いやがって!」

 私は今、日本人なのに西洋人扱いされて殺されそうになっているんだが?

「そんな理由で殺されてたまるか!」

「私の両親を、中国人だと思い込んで殺しやがって!!」
「それは……」

 そういう話しは、何度か耳にしたことがあったな。

 アジア人を一括りに考えている西洋人は多いため、韓国人や中国人に悪い感情を抱くと、日本人もそうだと決めつけられて、最初は不当な扱いを受けたという例はよくあるらしい。
 
「筋が通らないな。お前こそ、私を西洋人で一括りにして、悪い物と決めつけている!」

 日本の教育や社会に溢れている物が、国ごとの違いを生み出している面はあるだろう。

 だが、日本人が凶悪犯罪を犯す事だってあるのも事実。

 それに私は、遺伝子でその人間の善性の全てが決まるとは思えない!

 人間は、一人一人違う魂を持つのだから!!

「だったら……私はどうすれば良いのよ!! 犯人は何年経っても捕まらないし! もう向こうの世界にも帰れない! ふざけんなぁぁぁッ!!」

 攻撃が、どんどん苛烈になっていく!

「それでも! お前が私を否定するなら――私も、お前を否定しなきゃいけなくなる」

 自分が支配されているなどと露にも思わぬ人間は、あまりにも多い。

 そういう人間がこの世界に来ると、今度はこの世界の不条理に当てられ、残虐性に支配される。

「目を覚ませ!! そんな事に、人は囚われちゃいけないんだ!」


「良いから死ね――――西洋人」


 自分の心が……冷え切ったのが分かった。

「残念だ」

「“逢魔爪術”、オミナススラッシュ!!」
「“光波衣”」

 光波によりぶれて見えるスキルを発動し、攻撃を逸らすことに成功する。

「さらばだ、愚か者」

 青の奔流に、以前よりも自然と身を任せられる。

「――嘘……だ、世界を植民地化しようとした……野蛮な……西洋人なんかに」

 神代文字を九つ刻み、分厚い鎧ごと両断した。

「野蛮なのは、人類そのものだ――クッ!!」

 また……意識を持っていかれそうにbhd3th3!

「ハアハア、ハアハア」

 なんとか……踏みとどまれた。

 ……前に、コセとキスした記憶を思い出してだけれど。

 …………ちょっと恥ずい。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く