話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

179.氷と炎と雷の邂逅

「ぐはッ!!」

 やたらデカい異世界人を、“レーザーソード”で注意を引きつつぶん殴った。

「や、やるな! “瞬足”」

 距離を取ったか。

「仕掛けてきたって事は、殺す気だって事で良いんだよな?」

 戦闘音を聞きつけてやってきたら、いきなり黒鎧を着た男に襲われた。

「その強さに装備、レギオンの幹部と見た!」

 いや、下っ端だけど?

「俺にコイツを使わせたこと、誇るがいい! 獣人の女!!」

 なんか、勝手に盛り上がってんな。

「武器変更、”アルテミスの魔弓”!」

 木製の弓をバカデカい黒と銀の弓に変え、金属部を引いた?


「“聖水弓術”、ホーリーウォーターアロー!!」


 図体に似合わず色々女っぽいなと思っていたら――私の知る武術スキルとは比べ物にならない程の攻撃が飛んできた!!?

「“四連瞬足”!!」

 瞬足一回じゃ躱しきれない程の光矢を、なんとか躱しきる!!

「……危な」

 このふざけた威力……もしかしてSランク武器って奴か!?

 それでも、直撃したはずの壁は傷一つないんだから、変な世界だぜ。

「武器変更、“滅剣ハルマゲドン”」

 “レーザーソード”を、刃の無い黒の大剣に持ち替える。

 コイツを握ると、心強いっつうか……コセを近くに感じるっつうか。

 さっきの光矢への恐怖心が鎮まっていく。

「随分大仰な大剣に持ち替えたな。貴様を殺して、このダイスケ様が使ってやる!」

「喋れば喋るほど小者クセーな、お前」
「はぁ?」

 コセは理知的だし、こっちが分からない事に気付くと、すぐに言葉を変えて説明し直してくれるんだよな。

「むしろ、私らがその弓を貰ってやるよ。“宵闇瞬足”!」

 薄暗いこの部屋なら、見失いやすいだろう!!

「せ、“聖水弓術”」


「――“終末の一撃”!!」


 矢が放たれるよりも早く、異世界人の男を黒の暴威の中に消し去った。

○“アルテミスの魔弓”を手に入れました。
○“アールヴの風弓”を手に入れました。
○“ストームブリンガー”を手に入れました。
○“ブラックオリハルコンの大剣”を手に入れました。
            :
            :


「色々手に入ったな。弓はともかく、レギオンに貢献できそうな物が結構あるぜ」

 ……いつの間にか、誰かの事を考えて生きるのが当たり前になっている。

「アイツらに出会ってそんなに経っていないのに……変わったな、俺も」

○“巨悪を穿て”を手に入れました。
○“天の白河は流れる”を手に入れました。

「んん?」


●●●


「“煉獄爪術”、インフェルノクロー!!」
「おわぁぁぁぁぁッ!!」

 神代文字を刻んだ“煉獄は罪過を払いけり”で、襲ってきた男達の剣を切り折る。

「クソ! 化け物女が!」
「ちょっと胸がデカいからって、調子に乗りやがって!」

 関係ないでしょうが!!

「命まではって思ってたけれど、ぶっ殺してやろうかしら」

「「「ヒ!!」」」

 みっともなく尻餅を付いて、後ずさりする三人組。

 ……よくここまで生きて辿り着けたな、コイツら。

『『『ギシャアアアアアああああ!!』』』

 赤いレギオンナイトが、男達の背後から殺到してくる!!?

「あんたら、早く逃げなさい!」

「「「へ?」」」

 ダメだ、間に合わない!

「た、助け!!」
「ゴブッ!!」

 ――二人を盾にした男が、一人で私の横を駆け抜けていった。

「クズめ! “煉獄魔法”、インフェルノブラスター!!」

 通路を塞ぐように紫の炎線を吹き荒らし、赤いレギオンナイトを一掃。

「ユリカ!」
「メルシュ? シレイア達も」

 隠れNPC四人組が、階段側から現れた。

「ハイレギオンナイトの数が急速に増えてる! 急いで地下から脱出しないと!」

 窓が無くて暗いと思ってたら、ここ地下だったんだ。

「ここはまだ地下六階だから、最上階の十階までまだまだあるよ!」

「そんなに!!」

 十六階分登るとか、気が滅入るんですけど。


●●●


「みんな……どこ行ったのよ~」

 すっっごい寂しいんですけどぉ……。

 転移してからずっと、誰にも会っていない。

「最近、やけに音とかに敏感になってきたのよね……ぅう」

 そのせいか、小さい音にビックリしたり、不快感を覚えることが増えてきた。

 でも、逆に相手がなにを考えているのか瞬時に分かる事も増えてきたのよね。

 だからこそ、私のこれまでの発言が、結構無責任というか……相手を傷付けてたかもって思うようにもなってきてる。

「……そろそろ出て来たら? いつまでも上に居られると気になって仕方ないんですけどー」

「チ!」

 天上のシャンデリアに隠れるように移動していた女性の人魚が、トライデントを持って縦横無尽に泳ぎ出す!

「異世界人が、調子に乗るな!」
「なんの話しよ!」

 トライデントを突き立てて来たから、”氷炎の競演を見よ”で掴み止め、思いっ切り通路の窓に叩きつけた!

「ああああッッ!!」

「争う気はないわ。お互いに仲間と合流するのを優先しない?」

「仲間? 私に仲間などいないわ!!」

 凄い剣幕で怒鳴られる!

「私を買って……弄ぼうと!! 異世界人共は、絶対に許さないッッッ!!!」

 人の怒気に当てられるのが、以前よりも格段に恐くなったな。

「色々あったんでしょうけれど……私や私の仲間を狙うつもりなら、容赦しないわよ」

「異世界人風情が、生意気なのよ!! “帯電”!」

 翠の人魚が、トライデントの穂先に緑色の雷を迸らせ始めた!

「いっツ!」

 思わず手を離し、飛び退く!

「異世界人は――みんな死ね!!」

 穂先を杖で払うたび、雷が迸って、手を中心に身体がだんだんと痺れていく!

 痛みと痺れで、意識が遠退く感覚が……。

「“魚群”!!」

 水で出来た魚達を出現させ、翠の人魚に向かわせる!

「鬱陶しい!! “雷撃”!!」

 トライデントから緑雷が放たれ、“魚群”が全て弾き飛ばされた!

「くたばれ、異世界人!! “緑雷槍術”――グリーンサンダーストライク!!」

 こんなところじゃ、まだ死ねない!!

「――“氷炎乱舞”!!」

 氷と炎を纏うのではなく、掌から噴出するように飛び出た!!?

「おのれ! ……まさか、神代文字?」
「へ?」

 左腕の“氷炎の競演を見よ”を覗くと、文字が三つ刻まれている。

 ボス戦の時もだったけれど、また無意識に発動させていたみたい。

 それに――噂に聞いてた、引っ張られるような感覚が!

「神代文字を刻める者……チ!! 貴様は見逃してやる」
「へ? なに急に!?」

 どういうこと?

 とか思ってたら、向こう側からなにかが近付いてくる!

 白い荒々しい髪に、一本の角と赤い瞳が印象的な、露出の多いアグレッシブな格好の少女?

「翠の人魚。お前、グダラだな?」
「そういうお前はなんだ? 獣人か?」

 あの子、まさか!

「私はバロンのミレオ。隠れNPCって奴さ。で、私のマスターの使いでお前を捜してたわけ」
「私を? 誰の命令でだ!」

 グダラが殺気立つ。

「キクルって言えば分かる?」
「……彼か。用件は?」

 あれ? 殺気が綺麗に消えた?

 隠れNPCと契約してるって事は、異世界人のはずじゃ?

「良ければ、パーティーを組まないかってさ。今のレギオンは抜けて」

 バロンの隠れNPCを入手したキクルって奴が、グダラを仲間に誘ってるってこと?

「……面子は他にも居るのか?」
「今のところは、私とキクルだけ」
「良いだろう。さっそく彼と合流するとしよう」

「ちょっと待ってよ!」

 思わず声を掛けてしまった!

「聞いていただろうが、私の名ははグダラ。さっきのことなら、謝罪するつもりはない」
「わ、私はナオよ! なんで文字を使えたってだけで見逃すのよ!」

「真に神と敬うべき方に、力を振るう許可を与えられし者。私はそう聞いて育った。だから見逃す。それだけだ」

「こっちだよ、グダラ」
「ああ、すぐに行く」
 
 二人の姿が、あっという間に消えた。

「真に神と敬うべき方……か」

 少しだけ感じた、誰かの意志に引っ張られるような感覚。

「あれが……神ってこと?」

 ――やばい。凄い調子に乗っちゃいそう。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く