話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

176.猫と人魚の殺意

「ネコ獣人ちゃん、きゃわゆ~い!! ねえ、私のペットになってよ!」

「嫌です!」

 転移前の集団の中にいた女性が、レイピアを振るって襲い掛かってくる!

 剣先が不自然に伸びてくるため、間合いで完全に負けていた。

「こんな暗い部屋で二人きりなんだもの……仲良くしましょ♡」

 ベッドと僅かな家具が置いてあるだけの無駄に広い部屋に、私達は転移させられていた。

「獣人の女の子ってキュートよね! 私、ネコカフェって好きなの! 知ってる、ネコカフェ? ネコちゃんがね~、もうニャンニャンニャンニャンしてくれるのよ~♡」

 ――よく分かりませんけれど、凄くバカにされている気がする。

「そうですか」

 なかなか間合いを詰めさせてくれない。

 かといって、攻撃の挙動が小さくて速いため、投擲しようとした隙を突かれてしまいそう。

「最近飼ってたネコちゃんが天国に行っちゃったから、お姉さん寂しいの。だから、私の新しいペットになってちょうだい!」

「へ?」

 飼っていたネコの代わりってこと?

「私はペットじゃありません! ……最近死んだペットって…………まさか!」
「貴女よりもちょっと無愛想で~、年も上っぽいかも~。でも、普段は無愛想だったけれど、鞭で打つとすっごく可愛くニャンニャン泣いてくれたの!!」

 狂ってる!!

「異世界に来て怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて仕方なかった私を、あの子だけが癒してくれた。なのに……私ったら、パーティーメンバーにイライラしてつい考え事しながら鞭を振るっちゃっててね。気付いたら動かなくなってたの~。マジメンゴって感じ~~」

 ――ビリビリと肌で感じる狂気に、頭が腐っていく感覚に陥る。

 最初の村で、みんなで力を合わせて戦ったあの赤い目の化け物に感じたような、取り返しのつかない歪さ!

「ね~、ネコちゃ~ん――――いつまで私に逆らう気よ!! “絡め取り”!」

 腰に吊していた鞭を使われ、“蒼穹を駆けろ”に絡み付かれた!

「ネコちゃんの物はね、全部お姉さんの物なの。だから――抵抗しちゃダメでしょうが!!」

 伸びるレイピアを横に回転しながら躱し、奪われそうになる槍を必死に掴み続ける!

「これは、絶対に渡さない!」

 この槍が無いと、文字の力を使えない! コセ様達の後を追えなくなっちゃう!!

 それだけは……絶対に嫌だ!!

 そのためなら――――闇の中だって!!

「あああああああああ!! “ホロケウカムイ”!!」

 青いオーラを纏って、正面から駆ける!

「脚に穴を開けて、大人しくさせてげる!」

 レイピアの方向を見定め、左肩を貫こうとした刃を掠る程度に留めた!

「チ! 勘の良い!! “瞬足”!」

 顔面を蹴ろうとしたら、躱される。

「生意気な子猫ちゃんねッ!!」

 この人に慈悲は向けない。必ず殺します。

「“噴射飛行”!!」
「ちょ、やめ――ぅげべふッッ!!!」

 槍の十字部分の先の球体から勢いよく噴射させ、女の人のお腹に深々と突き刺した。

「ずっと……疑問に思ってました。どうしてコセ様はあんなに優しいのに、時に容赦なく人の命を奪うんだろうって」

 きっと、その度に傷を負っているのだと……私はようやく理解できた。

 初めて、人を殺したことで。

「ネコの分際で……なに……してくれてんのよ……」
 
「私はネコ獣人のタマ。貴女のペットじゃない」

 優しさと、非情なまでの厳しさの二つが合わさることで生まれる、尊い強さ。

 これが、コセ様達が持っている強さの一端。

「楽にして差し上げます。“古代槍術”――オールドブレイク!!」

「やめて――助けッッッッ…………」

 女性の血肉が弾けて、すぐに光に変わっていく。

 青い死光が煌めく中で、“蒼穹を駆けろ”が一瞬輝いたように見えた。


●●●


「や、やめてください!」
「黙ってろ、泣き虫!」

 柄の長い斧で、同じ人魚族に襲われる!

「知ってんだよ。お前、王族のスゥーシャだろ? 姉と違って外に顔は出して無かったみたいだけれど、がお前を気にしてた事、同じ牢に居たから分かっちゃった♪」
 
 あの人が……私を気に掛けてくれていた?

 真実は分からない……だけど、やっぱり会いにいかなくちゃ!!

 “人魚のトライデント”を振るい、彼女を払う!

「お飾り王女が、生意気な!!」
「私は……無力で、無知な人魚です」

 デルタの支配の下、私達王族は無力で、姉さんだけが……。

 私は早々に諦めていた……ううん、そもそもそれ以前に、私は敵に向き合おうともしなかった。

 姉さんの強弁を野蛮と両断する両親の言葉を、鵜呑みにして受け入れていた自分。

 今でもまだ、姉さんが正しかったとは思えないけれど……少なくとも、今までの私は間違っていた!

「“氾濫魔法”、リバーバイパー!!」

 水の大蛇を出現させて、ぶつける!

「ここが湯場だからって! “渦の障壁”!」

 水を使って作り出す、渦状の守り!

「……貴女は、王族に対して刃を向けました」

「な、なによ……ここでは関係ないでしょ! どうせ、私達はこの迷宮から出られないんだから!!」

「貴女は、最奥に進むことを諦めてるんですね」

 でも、コセ様に似た雰囲気のあの人は、最奥に行くと行っていた。

 その言葉を、姉さんは信じたようだった。

「だったらなによ!」
「王族の権威を振りかざすつもりはありませんでしたが、刃を向けた以上、貴女は私に刃を向けられても文句は言えない」

 トライデントを向け、見据える。

 今から私が、殺す人魚を。

「たとえ貴女が勝ったとしても、私は貴女を恨まないと誓います」
「……良いところのお嬢ちゃんが、イキがってんじゃないわよ――“一角水魚”!!」

 水で出来たカジキを、腕輪を使って出現させた!?

「あの女をぶっ殺せ!!」

 猛り、急加速して突っ込んでくる水のカジキ!!

「逃げてばかりじゃ、前に進めない!」

 タマちゃんとの特訓を、思い出して!

「なんですって!!」

 ――空中を螺線状に泳ぎ、水カジキを回避!!

「“深淵槍術”、アビスストライク!!」

 躱したまま突っ込み、メルシュさんから戴いたサブ職業で攻撃!!

 斧の柄を砕いて、彼女のお腹を……貫いた。

「わ、私は……許さない」
「……」
「私は絶対にッッ! お前を許さないからなぁぁぁぁぁッッッッ!!!」

 怨嗟の声と、狂気に染まった目が、私の心を殺そうと蝕んでくる……。

「それで……構いません」

 この痛みは、無視して良いようなものじゃないから。

「……なんで……そんなにずっと……綺麗で居られるのよ……アンタらは…………」

 私が殺した人が、光となって消えていった。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く