話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

174.古城遺跡

「……ここは」

 いつもの祭壇と違う。

 暗い煉瓦造りの箱の中のような場所。天井はない……というより、崩れて無くなったって感じだな。

 中心は日に照らされ、天井の隅はまだ残っているため、壁側部分は日陰になっていて暗い。

 足元の煉瓦は一部が黄土色になっており、円を形作っていた。

「ここも、ところどころ蔦が生えてますね」

 トゥスカの言うとおり、第十ステージほどじゃないけれど、そこかしこに蔦が壁や床に絡み付いている。

「古城って言うのは、アレのことか?」

 ザッカルは、崩れた天井越しに、蔦にまみれた古城を見ていた。

 どうやら、この場所の壁と同じ色の煉瓦で出来ているらしい。

「あの城の内部はちょっとしたダンジョンになっていて、配置されている宝箱から稀にAランク武具が見付かる事があるよ。確立は本当に低いけれど、毎日新しい物が補充されるみたい」

「なら、ここでアイテム収集に費やすのもありか」

 レギオンメンバーに、まとまった休みを設けたかったところだし。

「ご主人様、皆が居ません」
「へ?」

 トゥスカの言葉に辺りを見渡すと……確かに誰も居ない。

「メルシュ」
「居るとしたら外だね。案内するからついてき――」

 メルシュの言葉を遮るように、剣戟の音が響いた!?

「こっちです!」

 トゥスカとザッカルがいち早く動き、俺とメルシュが急いで追う。

 薄暗い通路を出ると、古城へと続く長い橋が見えた!?

 橋と言うよりは、外壁のような物の上部分か。

 橋周りは高い木々が生い茂っており、第十ステージと同じ雰囲気。

 ステージを跨いで、地続きになっていると言うのは本当らしい。俺達が通ってきたと思われる道が見える。

「みんな!!」

 その橋の手前辺りで、俺のレギオンメンバーを発見!

「誰かと戦ってる! それも集団で!!」

 橋は広いが、十人並べるか程度の幅しかない!

「俺達は回り込むぞ! トゥスカ!」
「ザッカル、私に掴まって!」

 夜鷹を呼びだした俺と、飛行魔法を使ったメルシュで二人を運び、襲ってきた集団の背後を押さえた!

「コイツら、結構強ーぞ!」
「コトミとタカユキが殺された!」
「おい、後ろだ!」

 どうやら、ジュリー達の方が優勢だったらしい。

 ただし、襲ってきている集団の方が数が多い。

 少なくとも三十人以上は居るようだ。

「全員、異世界人か」

 獣人も人魚も居ない。

「マスター。あの藍色の鎧の男、《攻略中毒》のレギオンリーダー、ケンタだよ!」

 なんか、こっちの世界に来た人間にしては髪が整っている男だな。

 俺の髪、大分伸びてきてるけれどどうしよう?

「オイオイオイオイオイオイオイオイ! 緑髪美少女キャラ、来たぁぁぁーーーーーー!!」

「「「来たぁぁぁぁーーーーーーーー!!!」」」

 ……メルシュの事か?

 まるで合唱するように……なんなんだコイツら?

「ケンタ氏、彼女達はいったい何者なのでしょう! 綺麗な方々ばかりな上、3Dキャラが飛び出してきたかのような美しい緑髪少女まで!」
「天使でござる! 天使でござる!」
「色んなお洋服、着せ替えたいわ~」
「むほー! むほー!」
「あそこの双子には、是非ユニットを組んで欲しい!」

 コイツら……メディアが作り上げた気持ち悪いオタク像を、地で行ってやがる!!

 男も女も居るようだけれど、なんでジュリー達と戦っていたんだ?

「ケンタ氏! あそこに男が、一人だけ居ますぞ!」

「ゲームキャラにしては、顔が普通ね。どちらかと言えばイケメンと言えなくもないけれど」
「そーお? どこか女っぽくて、美男子と言えなくもないと思うわ?」
「なかなか中性的な雰囲気の方でござるな」
「あれか! ハーレム物の主人公の声優が女性だと、男主人公への嫌悪感が薄れるっていう!」
 
「ご主人様……彼等はなにを言っているんですか?」
「まるで意味が分からねーな」

 こっちの世界の住人であるトゥスカとザッカルには、想像も出来ない世界だろうな。

「コセ、気をつけろ! コイツらは――」

 ジュリーが慌てている?


「では皆の衆! この男を始末して、乙女達の目を醒まさせてやろう!」


 ――コイツらの目に、狂気が宿った!?

「待って! 彼は私のコレクションにするわ! 私の十三番目の男にしちゃう!」
「ズルい! 私も欲しい!」
「アンタ、さっき普通がどうのとか言ってたじゃない!」
「アンタは十二人も居るんだから、譲ってくれたって良いでしょう!」

 ――まるで女子高生が気軽に世間話している雰囲気で、俺を軟禁する話しをしている?

 リアルな狂気が――心を捻じ切るように浸食してくる!!

「あそこの犬耳獣人は、我が輩が貰う!」
「相変わらず、獣耳大好きでござるか。では、拙者はあちらの金髪碧眼美人を」
「そちらこそ、相変わらずの白人好きのようで」
。拙者のコレクションは二人だけなので、彼女という天使は是非譲って欲しいでござる!」

「まさか……俺達をゲームキャラだとでも思っているのか!!」

 隠れNPCであるメルシュを指して、ゲームキャラ呼ばわりしていたわけではないのか!

「コセ、コイツらはイカれてる!!」

 ジュリー達が、問答無用で殺していた理由が分かった!

「では、全員殺さぬように捕らえて、後でキャラを分配するという事で!」
「ケンタ殿の言うとおりですな!」
「今日は当たりも当たりー!!」
「ゲームオーバーになったコトミ殿とタカユキ殿の分まで、我々が彼女達を愛でて差し上げましょう!!」

 コイツら……ゲームと現実の区別がついていない。

「ふざけるな! 俺達は人間だ!! ゲームキャラなんかじゃない!」

 たとえそれが、隠れNPCであるメルシュ達にだけ向けられた言葉だとしても――絶対に許さない!!


『レディース、アーンド、ジェントルマン!! これより、突発クエストを発令させて戴く!』


 突然男の声が響くと、この場に居る全員が光に包まれていく!!?

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く