話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

173.偉大なる英雄の光剣

 エレメンタルガーディアンの黒ピカが、盾で魔神の攻撃を受け止め、サタンドラゴンのサタちゃんが背後に回り込んで押さえ込む!

 サタちゃん、大きくなったな~。

 高さ四メートル。魔神・爪虎は十メートルくらいだけれど、前傾姿勢になっている今なら同じくらいの高さ。

 だからこそ、押さえ込めている。

『ガアアアアアアアアアアアアッッ!!!』

『暴れるでない!』

 黒ピカが、その曲刀を魔神の頭に振り下ろす。

「“鞭打ち強化“!」

 サキが黒ピカに鞭を叩き付け、能力を強化していく!

『姫に我が武勇を誇るため、貴様には礎となって貰うぞ!』

 アイツ、モンスターのくせに我が強すぎる!!

「貴方があんまりモモカちゃんに構うと、テイマーである私まで嫌われかねないんだけれど」

『ん? 意味が判らぬのだが?』

 ダメだ、アイツ。嫌われている自覚がない。

「集中しなさい!」

 私達は二人しか居ないんだから!

「“避雷針“、“天雷魔法“、サンダラスヘブン!」

 “避雷針の魔光剣“に、天の雷を宿す!!

「“雷光斬“!!」

 天雷の斬撃を飛ばし、横から両断!

『グアアアアアアアアッッッ!!!』

 サタちゃんに当たらないように気を遣ったからか、思ったより浅い!

『ぬお!!?』
『ガウ!!?』

 黒ピカとサタちゃんが、力尽くで弾かれる!

『ガアアアアアアアアアッッ!!』

 爪虎が跳び上がり――両手両脚から同時に斬撃を飛ばしてきた!?

 そんな攻撃パターン、私は知らない!

 メルシュが言及しなかった辺り、ボス戦開始後に書き換えられた?

「“明星の翼“!」

 “明星の遣いの嘆き“を背から出現させ、飛び上がりながら回避!

「“魔力砲“!」
『ガアアア!!』

 魔神が降り立った直後、私の光線とサタちゃんのドラゴンブレスが直撃!!

『グガアアアアアアアアアアアアアッッッ!!!』

 “雷光斬“を決めた腹部部分から、徐々に崩壊していく!

「バインドウィップ!!」

 サキの鞭が、逃げようとした爪虎の左脚に絡み付き、動きを封じる!

「フレー! フレー! サーターちゃん!! 押せ押せ押せ押せサーターちゃん!!」

 サキの“応援“のスキルにより、サタちゃんの能力が強化された!

 ただ……何度も左腕を突き上げるサキの姿に、緊張感が削がれる。

「ぶっ飛ばせー、サーターちゃん! 殺れ殺れ殺れ殺れサーターちゃん!!」

 本当に緊張感が削がれる……悪い意味で。

『ガアアアァァァァ……ァァ…………』

「フー」

 サキの”応援”で強化されたサタちゃんのブレスにより、魔神・爪虎は消滅した。


○おめでとうございます。魔神・爪虎の討伐に成功しました。

「ようやく終わった」

○ボス撃破特典。以下から一つをお選びください。

★大爪術のスキルカード ★斬爪拳使いのサブ職業
★二連瞬足のスキルカード ★爪虎の爪甲 
★裂光爪のスキルカード

 爪に類する武器を使っていなければ、無難なのは“二連瞬足“だけれど……瞬足系スキルは色々あるから、他の瞬足系と組み合わせた方が良い。

 “二連瞬足“だと、必ず二回”瞬足”を発動しなければならないし。

「鉤爪を使うユリカやザッカル、モモカのために別のを選ぶか」

 それにしても……“裂光爪“なんてスキル、私は知らないぞ。

○これより、第十一ステージの古城遺跡に転移します。


●●●


「ご主人様、本当にお一人で?」
「ああ」

 “サムシンググレートソード“と“偉大なる英雄の短剣“を抜き、魔神・爪虎へと近付いていく。

「修行の成果を見るには、ちょうど良い相手だからね」
「俺の夫なら、それくらいはやって見せてくれねーとな!」

 この前から、ザッカルの豪快さが可愛く見えるから不思議だ。

「危なくなったら頼む……さてと」

 “サムシンググレートソード“と“偉大なる英雄の短剣“に、神代文字を三文字ずつ刻む。

「うん、安定してるね」

 俺がメルシュ達、隠れNPC監修の元で行っていた特訓。

 それは、神代文字を複数の武具に同時に刻むこと。

「やっぱり、一つの武具に六文字刻むより、二つの武具に三つずつ刻む方が難しいな」

 最近になって、ようやく戦いながらでも維持できるようになった。

 と言っても、まだ訓練でしか試していない。

『グオオオオオオオオッ!!』

 両手の爪甲で前をガードしながら、左右に低く跳躍して距離を詰めてくる魔神・爪虎。

「“竜剣“」

 金の刃と青緑の刀身を持つ大剣を出現させ、飛ばす!

 “竜剣“を避けようと狙い通りの方へ飛んだため、腕を交差させる!

「“二刀流剣術“、クロススラッシャー!!」

 X字の斬撃を爪甲で防がれるも、一部削った上に動きを止められた。

『ガアアアアッ!!』

 もう斬撃を飛ばしてきた!?

 HP半分以下でじゃないのか?

「”神代の盾”! “瞬足“!」

 “サムシンググレートソード“に青の盾を形成し、両腕から発せられた斬撃に、“瞬足“の勢いのままぶつかる!

「“竜剣術“、ドラゴンストライク!!」

 跳躍しながら、短剣を額に突き刺す!

「ドラゴンブレイク!!」

 魔神の頭が吹き飛ぶ。

 二つの武器に文字を三文字ずつ維持するのは難しいけれど、一つの武器に六文字宿すよりも、あの奔流による負荷が少ない。

『ガアアアアアアアッ!!』

 頭が無いのに、どうやって咆哮を上げているんだか。

 ――大剣と短剣にそれぞれ六文字刻み、魔神の両爪と幾重にも交差させる!

『ガアッ!!?』

 打ち合うたびに爪が削れ、ボロボロに。

「短剣だと、打ち合い辛いな」

 “偉大なる英雄の短剣“を、大剣みたいに振るえれば――

「へ?」

 神代文字が強く輝き――――短剣の形状が変わった!?

 刃のない、まるでザッカルの“レーザーソード“のような……。

 この形状、お爺ちゃんの家で見たウメガイに似ている?

『ガアアアアアアアアッッッ!!!』

 魔神の両爪に、橙色の光の爪が灯った!?

「――“神代の光刃“」

 “偉大なる英雄の“を変形させ、青いガラスのような、両刃の刀身を形成。”サムシンググレートソード”に近い形状になる。

 ――再び、爪と剣の応酬。

 これなら……もう少し行けそうだな。

 両方の剣に――――九文字刻む!

「ちょ、マスター!!?」

 青の光刃を伸ばし――振り下ろす!!

『がオオオオオオオオオッッッ!!!?』

 光の爪に止められるも、拮抗は一瞬。


「ハアアアアアアアアアアアアッッッ!!」


 ――両腕をぶった切り、すかさず切り刻む!

『ガ……ァァ……』

 バラバラになった魔神・爪虎が、光になって消えていく。

「く!」

 ヤバい! ――

「ご主人様!」

 ――トゥスカにキスされた!

「じゃ、俺も」

 今度は強引に、ザッカルに唇を奪われる!

「随分無茶しましたね、マスター。訓練では、同時に九文字どころか六文字すら出来なかったのに……実戦でいきなり九文字刻むなんて」

「メルシュ……怒ってる?」

 こんなに素の感情を剥き出しにしているの、ベッドの中以外では初めてかも。

「ボケーッとして、どうやらまだ正気に戻っていないようですね」
「いや、そんなこッ!!?」

 押し倒されて、舌が口の中に!!

 ……暫く、このままされるがままでいよう。

 文字を引き出した影響か、身体も重いし。

 メルシュの舌……気持ち良い。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く