話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

172.魔神・爪虎

「魔神・爪虎は、俊敏な低身移動をしながらの爪の強襲が基本攻撃だよ。両腕を覆っている爪甲が厄介で、攻防に優れてる」
「十体目のボスっていう事もあって、ここまでの魔神の中でもかなり手強いよ」

 メルシュとジュリーからもたらされる情報が、気持ちを引き締めてくれる。

「有効武器は無し。弱点属性も無し。一瞬の挙動を見逃さないように。前線に出る者は、後衛に被害が出ないようボスを引き付けて! 控え目に言って、本当にヤバいから!」

 メルシュのアドバイスが、いつもより具体的な気が。

「危険攻撃は、一瞬のタメから繰り出される飛ぶ斬撃。両手両脚、左右のどの爪から繰り出してくるかは一瞬で見極めて!」

 この二人の警戒ぶりが、ヤバさを物語っている。

「じゃ、私達から行くわよ」

 ユリカ率いる、ヨシノ、タマ、スゥーシャ、クマム、モモカの六人が、最初にボスに挑む。


●●●


 ボス部屋が閉まると、奥で黄土色の光が灯るのが見えた。

 黒い石のボディーに、爪部分に特に集中している黄土色の光のライン。

『グアオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!』

 気のせいかな? 今までで一番、威圧感が凄い。

「来ますよ、皆さん!」

 ヨシノの合図に従い、私とヨシノとモモカ以外の全員が各々の飛行手段で空へ!

 モモカは、走金竜に乗って壁スレスレで待機している。

「“二重魔法“、スターダストシャワー!!」

 スターダストシュートにはある程度の追尾機能はあるけれど、素早い敵にはむしろ当たらないというジュリーのアドバイスを信じ、指定した一点を中心に、一定範囲内にランダムで白銀の星屑を落とす、スターダストシャワーを選択!

『グオオオオオオオオッ!!!』

「速い!?」

 ジグザグに動いてあっという間に距離を詰めてくるも、一部のスターダストシャワーが命中して動きが止まる!

「ヨシノ!」
「お任せを! “植物魔法“、バインバインド!!」

 魔法陣から現れた蔦が、魔神・爪虎を拘束!

「今よ!!」

「“二重魔法“、リバーバイパー!!」
「“咎槍“、パワージャベリン!!」
「“竜技“、ドラゴンブレス!」

 スゥーシャとタマ、モモカの攻撃が命中!

『グオオオオオオオオオオオ!!!』

 蔦を引き千切って――モモカを狙って跳躍した!?

「“疾風迅雷“! “尖衝武装“!!」

 “紫雲の靴“で、靴底から紫の雲を噴出して空中を駆けながら、クマムが超スピードで爪虎の脇にレイピアを突き入れた!?

「クマム!!?」

 飛び掛かろうとしていた爪虎の巨体が、衝突の衝撃で押され、モモカに向けられた爪は大きく外れる!

「私とコセのモモカに、なにしようとしてんのよ!」

 モモカの傍で浮いているローゼが鎖を振るうと、ドリルが爪虎の頭を削り穿つ!

「“雲魔法“、クラウドアーム!」
「“植物魔法“、バインバインド!」

 クマムとヨシノにより、再び拘束!

「全員、離れて! マスター!!」

「“煉獄鳥“!!」

 紫炎の鳥が、魔神・爪虎に激突!!

 凄まじい爆発を引き起こした。

『グオオオォォォォ……ォォ……』

 ようやく、ボスが光に変わりだす。

「疲れた」

 予想以上の速度に、想定以上の精神力を持っていかれた。

「メルシュが言っていた危険攻撃、なんとか出させずに済んだか」

「お疲れ様です、マイマスター」
「ヨシノも、ありがとう」

 私、自然に心からのお礼を言えてる。

「ありがとう、クマム! ローゼ!」
「モモカちゃんが無事で良かったです」
「この程度、全然大したことないわ♪」

 モモカとローゼが、両手を繋いでクルクル回りながら踊り出す。

「若い子は元気だなー……」

 ……私はおばさんか!


●●●


「“拒絶領域“!!」

 メグミちゃんが一人で突っ込んで、魔神・爪虎の動きを止める!

「“刃脚“!!」

 ホロケウカムイを発動した状態のリンピョンちゃんが、“跳弾の刃甲石脚“から発生させた青白い刃を纏わせた右脚で、魔神の右腕を二の腕部分から切り落とした!

 さすが、私の可愛いリンピョンちゃん!

「“抜刀術“――紫電」
「“大弓術“、ハイパワーアロー!!」
 
 ユイちゃんが文字を刻んだ剣で胴を薙ぎ、シレイアさんが弓で頭に風穴を開けた。

 あの二人は、さすがね~♪

「トドメ、行っくわよーー!! “魔法玉“」

「全員、離れろ!」

 メグミちゃんの合図で、四人がボスから距離を取ってくれるの♪

「“颶風魔法“、ストームダウンバースト!!」

 嵐の超圧が凝縮された玉が高速で、下半身とお別れした虎さんに直撃!!


『――グルォォォォォォォォォォォォォォッッッ!!!!』


 魔神・爪虎は跡形もなく消え、青の残滓となって一瞬だけ輝いた。

「思ってたより、楽に片付いたわね♪」

 メグミちゃんが作ってくれた隙を、皆が生かしてくれたおかげね♪


●●●


『グウオオオオオオオオッ!!』

 身を屈めながら、素早い、突撃するような跳躍を繰り返し、前に出た私に狙いを定めて爪を振り下ろす魔神。

「“闘気剣“!」

 “ヴリルの聖剣”に三文字刻み、更にオーラを纏わせる!

 聖剣と鋭い三つの爪がぶつかり合い――圧倒的な膂力の差で押される!?

「ならば! “瞬足“跳躍”!!」

 魔神・爪虎と同様、勢いよく真っ直ぐに跳び――動きを止めてやった!

「今だ!」

「“光線魔法“、アトミックレイ!」
「“氷炎魔法“、アイスフレイム!」

 アヤナの光線魔法が左腕を二の腕部分から破壊し、ナオの魔法が脚を凍らせる!

「”ニタイカムイ”! “古代属性付与“!」

 緑の神気を纏ったノーザンが、氷の刃を持つ斧と、古代属性を附与した黄金の斧を左へと振りかぶる!

「“二重武術“、ハイパワーブレイク!!」

 氷と黄金の斧が同時に炸裂し、魔神の左脚を破壊!

「逃がさない!」

 アオイが、“大鬼の手“に掴ませた“法喰いの金棒“を上から叩き付けさせ、魔神の動きを牽制!

「“白骨火葬“」

 剣盾を持っていた左手から白炎を放ち、持続的に魔神の顔を燃やし続ける!

「“精霊魔法“、サラマンダー!」

 フェルナンダの魔法によって現れた炎のトカゲが、赤い光線を吐いて爪虎の右脚を融解させた!

「”氷炎の共演”――おおおおおおおおおおお!!」

 ナオの甲手から、炎と氷が吹き荒れている?

「あれは!?」

 赤と青の美しい甲手に、神代文字が三文字刻まれていた!!


「“紅蓮拳“、クリムゾンナックル!!」


 甲手から噴出していた氷と火の粉が紅蓮の拳にべられ――増大した!!?

『グオオオオオッッッッッッ!!!?』

 腹に拳が命中した数秒後……魔神は砕け散って、光となった。

「後は、コセとジュリー達だけか」

 二人のパーティーは人数が少ないけれど、果たして大丈夫なのか?

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く