話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

167.魔神・紫雲猿

「……やっちまった」
「う~ん♡」

 俺の胸の中で、寝返りを打つ……ザッカル。

 昨夜まで、そういう関係になる気はなかった。

 まさか、大笑いした代償がこれとは。

「コセ~♡」

 ……まあ、いっか。ベッドの上のザッカル、可愛かったし。

 結構甘えん坊だったな。

「朝日……眩しいなー」


●●●


「おはようございます、《龍意のケンシ》の皆さん」

 レギオン戦を始めたのと同じ時間帯に、冒険者ギルドを訪れた。

「レギオンメンバー全員を、ボスへの道に連れて行ってくれ」
「畏まりました」

 受付嬢が指を鳴らすと、身体が光りに包まれる。


            ★


「ここは……ギルドの裏手か」

 晴天下、広く真っ直ぐな通路がボス部屋へと通じる門まで伸びている。

「歩きながら話すよ。第九ステージのボスは、魔神・紫雲猿。雲で空を飛び、棒を使って攻撃してくるよ」

 メルシュが恒例の講義を始めてくれる。

 ……なんか、孫悟空みたいなボスだな。

「有効武器は弓矢で、弱点属性は光。危険攻撃は、伸縮自在の棒だね。突然伸ばしてくるうえに、ボス部屋の端から端まで届かせてくるから、油断しないように」

「じゃ、まずは俺達から行くか」

 紫の妖精に蜂蜜入りの小瓶をお供えしたあと、俺、トゥスカ、メルシュ、クマム、モモカのパーティーでボス部屋に入る。

 いつもの、静謐さと不気味さが同居したボス部屋の奥、紫の光が発光する!

 いつもより、天井が高い気がするな。

『キーーーーーーーヤオーーー!!』

 なに、その鳴き声。

「来るよ!」

 魔神・紫雲猿が跳び上がると、宙に紫色の雲が生まれ、それに跳び乗った!

「弓が使えれば、簡単にあの雲を壊せるんだけれど」
「確か、物理ダメージを受けると一発で壊れるんだっけか」

 魔法や“魔力砲”などではダメらしい。

『キェキェキェ!』

 紫雲猿が髪を抜いて、ソイツをばら撒く。

 その髪が地上に落ちた途端に、紫色の猿になった!

「ポイズンエイプ。噛まれると毒になるから、注意して」

 何気に、始まりの村の突発クエストを除けば、初の状態異常持ちモンスターか。

 まあ、突発クエストの時も、モンスターではなく装備していた武器による物だったけれど。

「じゃ、手筈通りに頼む! “夜鷹”!」

 夜空の鷹を呼び出し、肩を掴ませて飛翔!

「“飛行魔法”、フライ!」

 メルシュは魔法で追い掛けてきてくれる。

 今回は、俺とメルシュが紫雲猿を受け持ち、トゥスカ達三人がポイズンエイプの相手をする事になっていた。

「“神代の剣”」

 文字を三つ刻み、“サムシンググレートソード”に青い刃を生成! 

「ハッ!!」

 夜鷹のおかげで紫雲猿の棒突きを避け、すれ違い様に頬の部分を切り裂く!

「“煉獄魔法”、インフェルノブラスター!」

 紫の棒に防がれる!

「“光線魔法”、アトミックレイ!」

 不意を突き、メルシュが光属性の光線を右脚に浴びせ、壊した!

「“竜剣術”、ドラゴンスラッシュ!」

 紫雲猿の首を刎ねる。

 夜鷹に旋回して貰うと、紫の雲が消え、紫雲猿が地上に降りるのが見えた!


●●●


「“瞬突”!」

 “疾風のレイピア”を構え、高速でお猿さんの喉に突き刺す!

 素早く引いて、別のポイズンエイプの攻撃範囲から逃れる!

『キキ!』

 跳躍しながら、襲い掛かってきた!?

『クケッ!?』

 黄金の尻尾が、ポイズンエイプを叩き潰した?

「クマム、大丈夫?」
「ありがとう、モモカちゃん!」

 モモカちゃんの黄金竜が、私を助けてくれたみたい。

「負けてられないな。“刺突術”、フリックラッシュ!」

 二体のポイズンエイプを、連続突きで穴だらけに!

「“疾風迅雷”!」

 風と雷を脚から迸らせ、高速移動!

 ポイズンエイプの喉や目を狙って、仕留めていく!

「あ!」

 また髪が落ちてきて、猿が増えた!!

「はああああああッ!!」

 突然目の前に出現したポイズンエイプの頭を、思わず蹴り抜いてしまう!

 “疾風迅雷”を発動していたからか、簡単に首がもげちゃった!

「クマム、危ないよ!」
「へ?」

 モモカちゃんの声が聞こえると、突然の地響き!?

「首の無い……魔神?」

 紫の棒を振り回し、薙払いを!!

 ――足が竦んで。

「“神代の盾”!」

 大剣を使って、私に直撃するはずだった棒の一撃を、コセさんが受け止めていた!?

「――ハッ!!」

 コセさんの大剣の光が増し、大質量の棍棒を押し返す!?

「動け、クマム!」
「はい!」

 今の、格好良かったかも♡

「“尖衝武装”!」

 赤い鋭い光を、レイピアに纏わせる。

 英知の街で起きた突発クエストで手に入れた、手持ち武器による突きのみを強化してくれるスキル。

 レイピア主体である私の低い攻撃能力を、補ってくれるありがたいスキル。

 これが無かったら、魔神・跳弾兎を一人では倒せなかった。

 コセさんが、左から魔神に近付く!

 私が右から接近を始めると、棒が伸びてコセさんを狙う!

「ハイパワーブーメラン!!」

 コセさんに直撃するという直前で、横合いから飛んできた巨大ブーメランにより、棍棒が上へと弾かれ、軌道が変わった!

 トゥスカさん、凄い!

 それにコセさんも、まるで信じていたかのような、迷いの無い走りで紫雲猿に接近!

「“大剣術”、ハイパワーブレイク!!」
「“刺突術”、ハイパワーフリック!!」

 二人の攻撃が魔神の身体を砕き、完全に光へと変えた。

 なんか、凄く気持ちいい!

「こんなに戦いやすいの……初めてかも」

 アイドル仲間でのパーティーは、凄く気を遣わないと仲間の攻撃で死にかねなかったし。

○おめでとうございます。魔神・紫雲猿の討伐に成功しました。

「フー……」

 安心したら、気が抜けてしまった。

「大丈夫か?」

 コセさんが、声を掛けてくれる。

「ああ、はい。さっきはありがとうございました!」
「どう致しまして」

 ……この人も、私の……か、身体を要求したりするのかな?

 結構、そういう関係になっている人も居るみたいだし。

「じゃあ、さっさとボス討伐報酬を選んじゃいましょう。あまりジュリー達を待たせるのも良くないですし」
「そうですね」

 トゥスカさんの言葉に、変な事を考え始めていた頭を律する!

○ボス撃破特典。以下から一つをお選びください。

★紫雲猿の棍棒 ★雲魔法のスキルカード
★紫雲の指輪 ★紫雲猿の靴

「へと……好きなのを選んで良いんでしたっけ?」

 メルシュさんに尋ねる。

「正直、”雲魔法”はイマイチだね。紫雲の指輪はさっきボスが乗ってたので飛べるんだけれど、一発で壊れちゃう。棒をメインに戦うなら“紫雲猿の棍棒”でも良いんだけれど……」

 “雲魔法”は、攻撃より防御重視の魔法でしたっけ?

「一番利便性が高いのは、“紫雲猿の靴”かな。一応、空を歩けるよ。他の飛行手段に比べるとイマイチだけれど、その他欄に空きがあるなら装備してても良いかも。マスターなんかは、上空で“夜鷹”がやられたときの緊急回避手段になるだろうし」
「……なるほど。なら、俺は靴にするかな」
「モモカも!」
「私もですね」
「まあ、一番無難だね。私は“紫雲猿の棍棒”を選ぶけれど」

 こうして聞いていると、今まで適当に選んでた自分達が恥ずかしい。

 私は“雲魔法使いのサブ職業”を持っているため、一番気になった靴を選んだ。

○これより、第十ステージの遺跡村に転移します。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く