話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

159.砦城

「おっきー!」

 モモカがヨシノとスゥーシャと手を繋ぎながら、ジュリーが購入した家を見てはしゃいでいる。

 いつの間にか仲良くなったようだ。

 ルイーサが家を購入するための参考と、レギオン戦に備えての下見もかねて全員で見学に来た。

 大砲まで備えられている外壁付きの城とは。

 外壁周りには水が流れる堀があり、正面の橋を通らないと敷地内に入れない。

「スタンピードラットの討伐クエストでとんでもない額が貯まってたから、一番高い城を買えたよ」

 石造りで、冷たい印象。

 煌びやかな王城というよりは、要塞だな。

「この城に敵を誘い込んで、数を減らしてから攻め込むって戦術もありか?」
「ルールで制限時間を無しにも出来るけれど、お互いに動かなかったら時間切れで引き分けになっちゃうかも」

 メルシュが答える。

 時間制限か。ゲームなら当たり前の要素だな。

 天井が高くて広い食堂や、質素だが沢山の部屋を見て回る。

「ジュリーは、今後はこの城で暮らすの?」

「「へ!?」」

 アヤナの言葉に、俺とジュリーが同時に驚く!

 自然と見つめ合ってしまう俺達。

「いや……コセさえ良かったら、これからもあの家で寝起きしたいのだが……」
「もちろん、構わないよ」

 ジュリーと会えなくなるのは……嫌だしな。

「私達四人は、ルイーサが家を買ったらそっちに住むつもりだから」
「そっか」

 ルイーサ、アヤナ、アオイ、フェルナンダは出て行くのか。

 まあ、人が増えてきたし、俺も人が少ない方が落ち着くから助かる。

 ただ、ルイーサも居なくなるのは……。

 そう考えていたら、自然と彼女と目が合った。

 あ、目を逸らされた!

「住み分けるのは構わないけれど、基本的に朝食と夕食は一緒に取るようにお願い」

 メルシュが皆に向かって話す。

「どこかで足並みを揃える必要があるから、当然だな」

 ルイーサが同意を示すだけでなく、必要性も説いてくれた。

 さすがだ。


●●●


 城の見学を終えた後、私はLvが低い者を連れて北西の狩り場にやって来た。

 メンバーは私とサキ、ユリカとヨシノ、サトミパーティーの三人とナオ。

 そして、新入りのスゥーシャとクマムと、二人の能力を見極めるためについてきたメルシュ。

「ここの狩り場は広いけど、獲物を取り合わないようパーティーごとに離れよう。ユリカ達も、プレーヤーに気を付けて」

 コセがアテルと接触した際、ボス戦に挑むと言っていたそうだから、サキ姉さん達は居ないとは思うけれど。

「分かった」

 私をパーティーリーダーに、サトミさん達三人とサキの五人メンバーで、半ば砂漠化した荒野の奥へと進む。


●●●


 ユリカをリーダーに、ヨシノとスゥーシャ、クマムとナオの五人でパーティーを組んで貰う。

 私はLvも高いし、今回は五人の見学とサポートに撤するつもりだ。

「じゃあ、二人の実力が見たいから、まずは二人だけで戦ってくれる?」

「「分かりました」」

 さっそく、全長二メートルはある大ムカデが十匹ほど這いずってきた。

「スゥーシャさん、お願いします」

 クマムの得物は、レイピア一本だけか。

「“氾濫魔法”、リバーバレット!!」

 スゥーシャのLvは20。

 この辺のモンスターを相手にするにはLvが低いのに、低威力になる分散系の魔法を選択しちゃったか。

 傷は負わせてるけれど、一匹も倒せていない。

「”水魔法”、ウォーターバレット!!」

 こういう場合は、一匹ずつ着実に倒す方に切り替えた方が良いのに。

 水魔法の上位互換である氾濫魔法で大したダメージを与えられてないなら、水魔法じゃ役不足。

「“瞬突”!」

 攻撃の隙を狙って、クマムがムカデの目に深々と剣を突き刺した。

 “疾風のレイピア”、Bランク。

 服はAランクだし、割とランクの高い装備、スキルが多い。

 それに……。

「”氾濫魔法”、リバーバイパー!」

 スゥーシャが放った水の大蛇が、ムカデ四匹に命中。

 でも、先頭に居た一匹を外して急接近された。

 けれど、スゥーシャに注意を払っていたクマムが急いでカバー。

 躊躇無くムカデの頭を蹴り、間接部を切り裂いて仕留める。

 ゲーム慣れしてる異世界人は効率的に動こうとするけれど、クマムは現実をよく考慮した上で動いてる。

 Lvは26と私達よりも低いけれど、視野の広さや判断能力、容赦なくムカデを仕留める度胸は大した物。

 思いがけない拾い物だ。

 隠れNPCとの相性次第では、あの子に優先して契約させても良いかもしれない。

「それにしても……問題はスゥーシャか」

「ありがとうございます、クマムさん!」
「怪我は無いですか、スゥーシャさん?」

 スゥーシャとクマム、暫くはセットでパーティーに組み込んだ方が良いか。


●●●


「コセさんて……結婚してるんですか?」
「ああ、うん」

 夕食の際に明日の結婚式の話しをしていたら、クマムが驚いたように尋ねてきた。

「婚姻の指輪の効果は地味に強力だから、基本的に皆一緒に結婚してもらいたいんだけれど、それで良い?」

 メルシュの発言に、心臓が止まりそうに!

「メルシュ……いくらなんでも……」

 俺は忘れてないぞ。善意で七重婚したら、メルシュに責任を取るべきと言われたあの時のことを!

「俺は良いぜ! むしろ望む所だ!」

 ザッカルが賛同してしまう。

「もちろん、メグミちゃんも良いわよね♪」

 サトミさんの、有無を言わせぬ圧が、メグミさんに向けられている。

「ああ……まあ、相手がコセなら」

 メグミさんのその発言が、嬉しいような怖いような……。

「コセと結婚した方が高位の指輪を貰えそうだし、むしろ最良の選択だろうな。というわけで、仕方ないから結婚してやる」

 基本偉そうなフェルナンダが、率先して了承してきた。

「私は遠慮しとくわ」
「私も……いい」

 アヤナとアオイは遠慮するらしい。

 ……少しだけ、気が楽になった。

「本当に良いの、アヤナちゃん? アイテムのためだって割り切っちゃっても良いのよ?」

「ゲーム上の結婚だって言うのは分かるけれど、私は……なんか嫌なの」
「私も」

 二人減ってくれただけでも、俺はありがたいです!

 それでも、明日には十九重婚者……嫌だな。

 ナオやユイとは、もちろん真剣に結婚するつもりだけれど。

 それに……ノーザンとも。

「スゥーシャとクマムは良いのか? 嫌なら断っても……」

「へ? 私も良いんですか!?」
「ぜ、是非お願いします!」

 二人共、それで良いのか!?

「じゃあ、今夜は早めに眠って、朝早く教会に行きましょう!」

「「おーーッ!!」」

 サトミさんが仕切ると、余計に怖い!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く