話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

152.アマゾネスの憂鬱と精霊の施し

「ちょ、怖いんだけれど……」

 右へと暫く進んでいると、白い半透明の小人が、木々の枝からアタシ達を見るようになる。

「あれは木霊こだま。襲ってきたりしないから、安心しな」

 不安そうにしているユリカを諭す。

「タマは平気かい?」
「へ? はい、大丈夫です」

 暗い場所が苦手みたいだったけれど、幽霊的な物が苦手ってわけではないのか。

 やっぱり、自分を見るのが苦手なのかね。

「見えてきたね……精霊の住まう場所」

 そして、以前のアタシが死んだ場所。

「シレイアさん、大丈夫?」
「うん? 問題ないさね」

 意外と鋭いね、現在のマスターであるユイは。

 もう、あれから一年も経つのか。
 
 当時のマスターだったレイナは、果たして今も生きているのか……既にのたれ死んでんのか。

「おお、凄いな!」
「ちっちゃーい!」

 開けた場所に出ると、小さな精霊達が暮らす村が広がる。

 身長二十センチあるかないかの精霊の村だ。小さなテーブルや、小さな窓が付いた木、ミニチュアの一軒家や店がそこら中に並んでいる。

「村に見えても、ここはダンジョンの中だってこと、忘れるんじゃないよ」

 以前の教訓を生かし、皆を窘める。

 あの時は五人パーティーで、油断していたところにプレーヤーによる奇襲を受けて、少なくとも一人は死んだ。

 アタシが必死に残りのメンバーを逃したけれど、果たしてどうなったのか……。

「人間さんだ~」
「人間さんだ!」
「なにか頂戴! 代わりに良い物を上げるよ!」
「チャンスは一人一回だよ~♪」

 イベントが始まったね。

「要らない物と交換しな。なにが手に入るかはランダムだ」

 とはいえ、最低でもBランク以上。稀にだけれど、最高だとAランクのアイテムも貰えるから、こっちのルートは当たりっちゃ当たりなんだけれどね。

 完全にランダムだから、自分に合わない武器が手に入ったりするかもしれないけれどね。


●●●


「じゃあ、全員予定通りの場所まで無事進めたんだね」

 夕方と言うにはまだ早い時間、俺達は食堂に集まって各々の戦利品を報告しあう。

「森の悪鬼では、ニタイカムイと三回戦って、“ニタイカムイ”のサブ職業二つと、”魔法獣のスキルカード”一枚を手に入れたよ」

 まずは俺からの報告。

「“ニタイカムイ”は獣人専用のサブ職業で、筋力と再生能力を向上させるから、取り敢えずザッカルとノーザンが使うのが良いかな」

「おっしゃ!」
「ありがとうございます!」

 身体能力を劇的に上げるホロケウカムイに対し、再生能力と筋力を上げるニタイカムイか。

 きっと、他にもカムイ系統のサブ職業があるんだろうな。

「次は迷路で手に入れた物だけれど、ほとんど低級のアイテムか素材、もしくはお金だったよ。それ以外で私が見付けたのは、オリハルコン一つに“風魔の弓”、“金星球の指輪”かな」
「金星球!?」

 突然大声を出したのは、ジュリー。

 最近、ジュリーが突然叫ぶことが増えてきた気がする。

「欲しいの?」
「はい、お願いします!」

 もの凄い勢いで頭を下げちゃったよ!

「私が使おうと思ってたけれど、ま、いっか」

 メルシュがジュリーに指輪を渡すと、ジュリーはガッツポーズを取っていた。

 最近、ガッツポーズをするジュリーの姿を見ることも増えた気がする。

 “風魔の弓”は、弓を使う人間が居ないからどうしようもないな。

「ゴホン! 私が精霊との交換で手に入れたのは、“インフェルノバードのスキルカード”だ」
「”煉獄鳥”のスキルが手に入るアイテムだね」

 落ち着きを取り戻したジュリーが話した内容を、メルシュが補足。

「というわけで、煉獄と言えばユリカだから、このカードはユリカに渡す。構わないかな?」
「意義は無いよ」
「妥当だな」

 俺とルイーサが同意を示す。

「あ、ありがとう……」

 煉獄と言えばユリカと言われた部分を、少し気にしてそうだな。

「じゃあ、私が手に入れたのだけれど、”龍の戦士鎧”ってのなんだけれども……」

 ユリカが手に入れたのは、赤い爪と緑の鱗が付いた鎧だった。

「三人が今使っている鎧より性能は高いし、竜属性を強化する効果もあるから、メグミかマスターが使うと良いよ」

 鎧だと、俺を含めた三人しか使う人間が居ないからな。

「俺は遠慮する」

 俺の偉大と名の付く武器は、複数装備することで恩恵があるみたいだし。

 そもそも、凄い気に入っちゃってるんだよな、”偉大なる英雄の鎧”。

「なら、私が使わせて貰おう」

 鎧はメグミの手に渡った。

「タマが手に入れたのは“天雷魔法のスキルカード”なので、ジュリー様に差し上げます」
「ありがとう、タマ」

 前々から、ジュリーが狙っていた魔法か。

「私は、”ドリルアタッチメント”というのを……」

 ユイが実体化したのは、本当にドリルだった。

「これ、持ち手らしい部分が無いな?」
「これ単体では意味が無い奴だね。でも、専用の装備を揃えられれば、面白い戦術が出来るようになる」

 ジュリーは使い道を知っているらしい。

「じゃあ、取り敢えず私預かりで」

 ユイのはメルシュが回収した。

「私はこれよ! “冥雷の指輪”」
「サトミのは、冥雷系専用強化だね。なら、アヤナ達が使うのが良いかな」
「そうなの? ならアヤナちゃん、はい」
「あ、ありがとうございます……サトミさん」

 アヤナ……サトミさんは苦手なのか?

「これ、”ソーマの蛇口”って言うそうなんですけれど……」

「「へ!?」」

 ジュリーとメルシュが、リンピョンが実体化させた物の名前を聞いて驚く。

 高さ三十センチ程の、白い蛇の彫像。

「あの……使い道は?」
「私が教えるよ」

 ジュリーが彫像の傍に行き、革製の水筒を蛇の口へ。

 額の青いスイッチを押すと、なにかが流れ出る音が。

 ……ソーマの蛇口って、そのまんまの意味?

 いつの間にかサキが用意したグラスに、水筒の中身を注いでいくジュリー。

 その水は、異様に青かった

「このアイテムは、ソーマを無限に供給出来るアイテムなんだ」
「サトミの草餅と合わせたら、レギオン戦でかなり有利になるかもね」

 TPとMPの回復効果が、同時に適用されるのか。

「お手柄みたいよ、リンピョンちゃん」
「嬉しいです、サトミ様♡」

 頭を撫でられて、幸せそうなリンピョン。

 以前までは主とペットみたいな関係だったけれど、今は……百合?

「私はこれだ。”走金竜の指輪”」

 メグミがテーブルに置いたのは、黄金の指輪。

「走竜系を召喚する、Aランクの指輪だね」
「私は鎧を貰ったし、誰に渡すのが良いだろうか?」

「欲しい!」

 精いっぱい手を上げて、アピールしているモモカ。

 動物好きだからかな?

「フム、良いか?」

 メルシュと俺の顔を見て、判断を問うメグミ。

 信用されているという事だろうか。

「俺にはどういうのか分からないし、メルシュが決めてくれ」
「モモカは幼いし、走竜は契約モンスターみたいな物で賢い。モモカの護衛にピッタリかもね!」

「ありがとう、メルシュ! コセ! メグミ!」
「どう致しまして」

 屈んだメグミから指輪を受け取ると、さっそく金の竜を呼びだすモモカ。

 高さ二点五メートルくらいの……恐竜っぽいな。

 皮膚は黄色で、腹面は白。金と黒の鎧を纏っていた。

「ちょっと遊んでくる! ハイよー!」

 難なく跨がって、外に出て行くモモカ達。

 そのうち、魔法少女の格好は嫌だとか言い出しそうだな。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く