話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

144.颶風魔法とレーザーソードと泣き虫タマ

「“魔法玉”、ダウンバースト!!」

 黄金の箱のミミックに、凝縮された風の圧力をぶつける!!

「うそ……」

 まだ倒れない!?

「“竜光砲”!!」
「ハイパワーブーメラン!!」

 メグミちゃんとリンピョンちゃんの援護で、なんとか仕留めた!

「しぶとかったな、今の」
「どうやらゴルドモンスターだったようですね。サトミ様が攻撃したとき、魔法を軽減する”黄金障壁”が見えました」

 魔法使いにとって天敵みたいなモンスターだっけ。

 他の皆も、各々ミミックと戦っている。

 見た目ボロいのから、高級そうな赤や青など様々。

「ミミックは倒せばなにかしら手に入るらしいが、完全にランダムだから面白いな」
「稀にAランクアイテムも出るそうですからね」

 さすがにSランクは出ないみたいだけれど、なにが手に入るか分からないのは面白いわね♪

「サトミ、良いスキルカードが手に入ったから上げる」

 メルシュちゃんがカードを実体化して、私に差し出してきた!

「良いの?」

 メルシュちゃんは、所持スキルに関係なく幾らでも魔法スキルを取得できるから、わざわざ譲らなくても良いのに。

「サトミ向けかなって」
「ありがとう、メルシュちゃん!!」

 思いっ切り、ギューッてして上げちゃう!

「良いなー」

 リンピョンちゃんが焼きもち焼いてる。ウフ、カッワイイー♪

「リンピョンちゃんは、オッパイ揉んで上げちゃうー♪」

「あん♡! ダメですよ、サトミ様~♡!」

「……サトミって、いつもああなの?」
「まあ……そうだな」

「さあ、早速新しいスキルを試しちゃうわよ~!!」

○“颶風ぐふう魔法”を修得しました。


●●●


「へっへっへー♪」

 ミミック狩りの後、鍛冶屋でメルシュが注文してた武器を受け取った。

 新しい武器ってのは良いねー!

「これ、俺が貰って良いのか?」

 メルシュに尋ねる。

「ザッカルがメカさそりから手に入れた“ソルドライブ”っていう素材を使ってるし、ザッカルの攻撃能力が一番低いからね」

 俺が昨日手に入れたSランクスキルも、攻撃系じゃねぇしな。

「これって、どういうもんなんだ?」

 喜んでおいてなんだが、使い方が分からねー。

 短剣みたいな形状だが、刃が無いからよ。

「”レーザーソード”。MPを常に消費することで光剣を生み出せる、Aランク武器。軽いし、切断力も高いから使いやすいと思うけれど、刃と刃を打ち付けたり出来ないから、基本的に防御には使えないからね」

「ふーん」

 魔法を使う感覚で短剣に流し込むと、先端が左右に開いて、二メートルくらいの光の剣になった!

「スゲー、本当に軽いぜ!」

 剣とは思えねーくらい軽い!

「これ、気に入ったわ!」

「基本攻撃は光属性の魔法扱いだから。魔法や光属性が通用しない相手には意味ないからね」

 色々面倒な仕様があるみたいだが、気に入った以上は使いこなしてやるぜ!!

「メグミにはこれ、“エレメンタルタワーシールド”」
「“ドラゴンの顎”は攻撃に使う事が多かったから、新しい大盾は助かる!」

 四色の長方形型の盾を受け取るメグミ。

「ランクはCだけれど、属性攻撃を軽減してくれるから、暫くはメインで使えると思うよ」
「フム、どう使い分けるかな」

 今さらCランクとも思ったが、状況次第じゃ重宝するってわけだ。

「アオイにはこれ! “法喰いの金棒”」
「お、大っきい!」

 鈍色の極太金棒にアオイが困惑してるぞ、メルシュ。

 二メートル以上ありそうだし、重さも相当だろう。アオイに振り回せんのか?

「こんなに重いのは、好みじゃないな」
「“大鬼の手”で使うか、合わなければアヤナに渡しても良いよ」
「……なるほど」

 さっそく試すアオイ。

 空間から飛び出して、自在に金棒を振るう化け物の手。

 あれ怖ーな。

 取り敢えず、扱うのに問題は無いらしい。

 あれを作るために昨日、わざわざ“法喰いのメタルクラブ”を分解してたわけだな。

「あ、シレイアさん達です」

 リンピョンがシレイア達に気付き、俺もそっちを見ると…………タマが泣きながら、モモカに手を引かれて歩いてる!?

「ヒグ! ウグ! うえええぇぇぇぇッ!!」
「よしよし。子猫ちゃん、よしよし」

 前傾姿勢のタマの頭を、背伸びして頑張って撫で撫でしているモモカ。

 ああいう、獣人が下に見られるような光景は好きじゃねぇんだが……微笑ましいというか……憐れというか……。

 取り敢えず……獣人のくせに情けねーぞ、タマ。

「猫耳、プニプニ♡」

 モモカの奴、タマの猫耳触ってご満悦じゃねぇか!!

 ……俺も、たまにモモカに触らせてやってるけれどよ~お。

 ちょっと……気持ちいいけれどよ♡


●●●


 ……タマ。昨日より頑張っていた分、反動が凄い事になっちまったか。

「この訓練法、タマには向いていないのかもしれないね」

 とはいえ、他の方法なんて思いつかないんだけれどね~。

「シレイア、”Lvアップの実”を手に入れたから、よろしく」
「ああ、構わないよ」

 ようやく、レプティリアンのアジトで手に入れたアレの出番だね。

 メルシュから実を受け取り、家のドアを開けた時だった。

「あ……」
「お帰り……皆」

 寝間着姿のコセとアタシのマスターユイが……一緒に浴場の方から出て来たのは。

「へと……お帰り」

 ちょっと居たたまれないという顔のコセ。

「シレイアさん、皆……私、リアルハーレムの人のリアルハーレムに入ったから、これからよろしく♡」

 女になってる!? 多分色んな意味で!!

 マスターの切っ掛け作りになればと思って提案した訓練だったんだけれど……この数時間でいったいどれだけ進展してんの、アンタら!?

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く