話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

143.マクスウェルのフェルナンダ

 家にコセとユイだけを残し、私達は四源の洞窟に向かっていた。

 途中でタマとシレイア、モモカは別行動。

「ここだね」

 村の外れ、暗がりに洞窟への入口があるようだ。

 入口の周りを、皺が走るように四色の光が明滅しているため、かろうじてそこになにかがあると理解出来る。

「“閃光魔法”、フラッシュ」

 ジュリーが光球を作り出し、先頭へ。

 すぐに道が二つに別れる。

「私は左に行くわ」
「じゃあ、私達は右で」

 右の光りの皺がある方にメルシュ、トゥスカ、ノーザン、ナオ、ザッカル、サトミ、リンピョン、メグミ、ユリカがついていく。

 彼女達は、向こうで出て来るミミック狩りが今日の目的だ。

「ルイーサ、パーティーを組もう」
「ああ」

 ジュリーに促され、私とアヤナ、アオイ、ジュリー、サキの五人でパーティーを組む。

 そして私達は、光源が無ければ何も見えない、真っ暗闇の通路へと踏み出す。

 ジュリーの魔法と、最後尾のサキの松明を頼りに進む。

「不気味ね」
 
 アヤナが、耐えられないとばかりに口を開く。

「階段だよ、気を付けて」

 道幅は少しずつ狭くなり、圧迫感が強くなってくる。

 階段を降りた先には、この場に似つかわしくない豪奢な扉。

「ここも違う」

 一昨日の件で、私達はジュリーが、このゲームのオリジナルを作った男女の娘であることを知った。

 アヤナはなにか言いたそうだったが、空気を読んで自重してくれたようだ。

 実際、私達がこの世界に送り込まれたことに対し、ジュリーに責任はないからな。

 ジュリーが触れると、扉が開いていく。

 部屋に全員が踏み入れると、扉が閉まり、暗闇に火が灯される!

 明るくなった部屋の床は、綺麗な石畳。

 ただし、壁や天井からは岩が突き出ている。

「来るよ!」

 ジュリーの警戒の声ののち、奥の祭壇のような物の前に光が立ち上り、黒メタリックカラーの騎士が現れた!!

 黒光りした曲刀と、赤、黄色、青、緑の四色の盾を持っている。

「エレメンタルガーディアン。アイツには魔法が効かない。だから、アヤナは回復に専念!」

 指示を出していくジュリー。

「サキ!!」
「はい、マスター!! サタちゃん!!」

 赤い魔方陣が地面に広がり、そこから黒いドラゴンが現れる!

 これが隠れNPC、テイマー独自の能力!

「サンダラススプランター!!」
「“鞭打ち強化”!」

 ジュリーが魔法を放つと、盾を構えて受けきるエレメンタルガーディアン。

 その隙を突き、サキによって強化されたサタちゃんが突っ込んで、エレメンタルガーディアンに体当たり!

 祭壇に向かってダイブさせてしまう。

「“大鬼の手”」

 アオイが昨日手に入れたスキルを使用し、”メイルブレーカー”を持たせ、エレメンタルガーディアンの右腕を突き刺して押さえ付ける!

 鎧の防御能力を無視する凶悪な効果があると、この前メルシュに教えて貰った武器。

 エレメンタルガーディアンに再び突っ込むサタちゃんだが、盾で叩き伏せられてしまう!

「“魔力砲”!」
「“白骨火葬”!」

 ジュリーによる攻撃を、盾で受ける黒騎士!

 だが、その威力により腕はもげ、一瞬遅れて私の白い炎が到達! 奴の黒鎧を溶かしていく!

『ギ……ガ……』

 騎士の動きが止まり、やがて青白い光が立ち上り始めた。

「チャンス!! “魔物契約”!!」
「へ?」

 サキが鞭を振るうと黒騎士の首に巻き付き、黄金の光が立ち昇った!!?

 光が収まると、そこには傷一つ無い黒騎士が。

「成功です、マスター!」
「本当に……エレメンタルガーディアンをテイムしちゃった」

 どうやら、サキの能力でエレメンタルガーディアンを手に入れるつもりだったらしい。

「聞いていないぞ、ジュリー」
「ゴメン。チャンスが無ければテイムしないつもりだったから。テイムしようとして皆を危険に晒すのは避けたかったんだ」

 光に変わり始めても、襲ってくるモンスターは何度か居た。

 その辺の危険を考慮し、私達に気を遣わせないようにしたわけか。

 どっちの方が良かったとは、なかなか言えない所だな。

「貴方の名前は、エレちゃんにしよう!」

 サタンドレイクのサタちゃんと同じく、最初の二文字で名前を付けようとするサキ。

「ええー、もうちょっと格好いい名前を付けましょうよ!」

 アヤナの抗議。

「ええ、エレちゃんって可愛いじゃないですか!」

 サキ、本気なのか?

「カズトにしましょう! どうよ?」
「姉ちゃん……却下」
「私も、それならエレちゃんの方が良い」
「私も同意見だな」

 アヤナの意見を否定する、アオイとジュリーと私。

「じゃあ、もっと良い意見出しなさいよ!」

「ハナちゃんで」
「アオイ! エレちゃんとなにも違わないじゃない! ていうか、ハナってどっから出て来た!?」
「シンプルに黒騎士で良いだろう」
「そんな堅いのはダメよ!」

 アオイと私の意見を、バッサリ不採用にするアヤナ。

「ジュリー、なにかあるか?」
「黒光り……というのは?」

「「「「却下で」」」」

 全員の気持ちが一つになった。

『我はアーサーだ!! 勝手に変な名前を付けるな!!』

「「「「「へ?」」」」」

 黒騎士が……喋った?

『テイマーよ。仕方ないから仕えてやるが、我に変な名前を付けようとしたら許さんからな!! 分かったか、小娘共!!』

 そう言いきり、青い魔方陣の中に消えていくエレメンタルガーディアン。

「「「「「アイツ、喋るんだ」」」」」


            ★


 黒騎士が消えると祭壇が修復され、四つの台座があるのに気付く。

「あの台座、玉を置くのにちょうど良さそうですね!」

 サキの、半ば投げやりな振り。

「……ルイーサ」
「ああ」

 祭壇に近付くと勝手にチョイスプレートが出て来て、四つの宝珠が飛び出す!

 宝珠が台座に置かれると、祭壇の真ん中に少女の像が現れた!?

 宝珠……自分で置かなくても良いのか。

 なら、さっきの振り要らなくね?

○以下から一つを選択出来ます。

★マクスウェルをパーティーに加える。
★精霊使いのサブ職業を手に入れる
★四源強化のスキルカードを手に入れる。

 予定通り、マクスウェルをパーティーに加えるを選択。

○隠れNPCを入手したため、ジュリーとサキをパーティーから強制排除しました。

「すご!」

 珍しいアオイの驚き声。

 少女の像に、赤と黄色、青と緑の光が吸い込まれていく!

「……フン! 小娘、お前が私のマスターか」

 背の低いトゲトゲとした長い金髪の少女が、鋭い翠の瞳で私を睨む。

 祭壇から飛び降り、金糸で刺繍された黒マントを靡かせ、指の空いた手袋を直しながら近付いてくる。

「貴様に特別に、この我に名を贈る栄誉を与えよう」
「不遜な物言いだな、お前」

○名前を入力してください。

「……じゃあ、フェルナンダで」
「ほう、ドイツ語で危険を恐れぬ者か。良いじゃないか! 気に入ってやったぞ!」

 気に入ってやったぞ?

「まあ……よろしく」

 こうして、隠れNPCの魔法使い、マクスウェルが私達の仲間となった。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く