話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

136.蠍と魚と猿

「クソ!」

 試練とやらが始まったと思ったら、五分間逃げ切れだ~!?

 どこかの寂れた暗い町の中を、障害物を跳び越えたり屋根に駆け上がったりしながら、俺は多種多様なモンスターから逃げ続けていた。

「いったい何百体居るんだよ!」

 獣型のモンスターが大半で、人型は武器の類いを所持していない。

 倒す旨味が無いね。

「お、なんだありゃ?」

 デッカいさそりみたいな……鉄屑?

「おわ!?」

 蠍の尾や鋏の部分から、光りを撃ってきた!?

「攻撃力……半端ねぇな」

 一撃で、木造のボロ小屋が吹き飛びやがった。

「なにか面白いもんがドロップしそうだな。装備セット2」

 刃の無い、黒の大剣を装備する。

 俺の装備が一番貧弱っていう理由で、コセから借りたままになっていたヤベー剣。

「おら! これでも食らえ!」

 スタンピードラット避けに作って置いたあまりの液体を、モンスターの群れに投下して動きを止めてやる!

 そのまま光りを掻い潜って、俺よりデカい蠍のパチモンに接近! 


「――“終末の一撃”!!」


 頬に掠りながらも、胴部分にバッチリブチ込んでやったぜ!

 蠍が光に変わり、倒したのを確認。

「……逃げんの、性に合わんは。装備セット1」

 装備を両手鉤爪状態に戻し、追い掛けてきたモンスター共に向き直る。

「時間いっぱいまで殺し合おうぜ!!」

 だけど、百も仕留めないうちに試練は終わっちまった。

○クリア報酬を一つ選択してください。

★”四連瞬足のスキルカード”
★“超域探知のスキルカード”
★“宵闇瞬足のスキルカード”


●●●


「面倒い」

 魔法を駆使して、河から飛び上がった魚モンスターを倒していく。

「全部魚なのに、モンスターによって弱点属性が違うのかしら?」

 “万雷魔法”じゃ一撃で倒せないのに、“氷塊魔法”では倒せる個体も居る。

「ていうか、河なのにカジキみたいな奴も居るし」

 川魚とか海魚とか関係無いんだ。

「あと四分ちょっとで六十二体……六分で三十八体しか倒せてない」

 十分以内に魚モンスター百体を倒さないといけないのに!

「こうなったら!」

 河の真ん中から顔を出している、平たい石の上に乗る。

 魔法でチマチマ狙い撃とうとしたのが間違いだった!

「装備セット2」

 近接戦闘特化装備に変更。

 バチャン! と飛び跳ねてきた二メートルくらいの魚モンスターの突撃を紙一重で回避し、右手の“大猩々の石籠手”で裏拳を見舞う!

「ハイパワーブレイク!」

 裏拳から発生した衝撃波に魚肉を撒き散らせて吹き飛び、光に還る魚。

「次!」

 私の声に応えたわけじゃないでしょうけれど、さっきのより一回り小さい魚モンスターが群れで迫ってきた!

「“竜拳”、ドラゴラッシュ!!」

 昨日のボス戦でLv37になったとき、思い切って魔法系じゃないサブ職業、”竜拳使い”を選んだ!

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!」

 左手に装備したメリケン、“ドラゴンナックルバスター”で打つべし! 打つべし! 打つべし! 打つべし!!

 十匹中、八匹は仕留められた!

「ハアハア、ハアハア」

 メルシュ……これ結構キツいんだけど。

「サンダラススプランター!!」

 遠くで跳ねた魚モンスターも仕留める!

「また来たわね」

 河の中に魚影。

 河に入った途端、よく跳ねて来るようになったじゃな――――


「ううッ!!!?」


 カジキみたいな奴に――肩を貫かれた!!!

「負けるかぁぁぁッッ!! “超竜拳”!!」

 せっかくコセと繋がれたのに、こんなところで死ねるかぁぁぁぁッッッ!!

 河に落ちないように、身体を捻って突撃の威力を去なし、”ドラゴンナックルバスター”の効果で密着状態からブッ飛ばす!!

「いッッッッッたーいッッ!! ハイヒール!」

 カジキが飛散して消えたあと、すぐに肩の穴を塞ぐ!

 全快させてる余裕は無い!

「……来なさいよ!」

 騙し騙し、やってやる!


             ★


○クリア報酬を一つを選択してください。

★”水歩法のスキルカード”
★“青光ふんのスキルカード”
★“魚群のスキルカード”

「あと四秒……あっぶな。いった! ハイヒール」

 肩が熱くて痛い!

「でも、なんとかクリア出来た」


●●●


「もうちょっと」

 まさか、山頂を目指せという内容とわね。

「傾斜が厳しめだけれど、兎の獣人である私にはなんの問題もない!」

 ただ……ちょっと暗すぎ。

 ホロケウカムイを発動したままじゃないと、暗すぎて進めない。

「キキ!」

「なにか居る」

 さっきまで、生き物の気配なんて全然無かったのに。

 ソイツはこちらへと急接近してきて――腕を振るってきた!

「く!」

 近付かれたときに毛むくじゃらの腕は見えたけれど、よく分からない。

「あんまり大きくはないし、多分人型のモンスター」

「キキ!」

 ――気配がした方へ、左腕の“殺人鬼の円鋸”を回転させて翳す!

「ぎぇぇあぁぁぁッッッ!!!」

 派手に血を撒き散らし、ソイツは絶命したようだ。

 やがて光が立ち昇った先に居たのは……猿のモンスター?

「もしかして、ナイトモンキー?」

 コイツは夜行性で……集団で行動するはず。

「まずい!」

 気配がアチコチから!!

 急いで山頂を目指すも、気配は増えながらずっと追ってくる!

 傾斜を走りづらい“瞬馬の蹄甲脚”は外してるから、スキルと効果による連続の“瞬足”は出来ないし!

『ギギ!』

 突出して速い気配が、私の横に!

「くのッ!!」

 横合いから、私より大きな猿がいきなり蹴りを入れてきた!

 しかもコイツの脚、なんか氷に覆われてる!

 そういうスキルか、装備って事ね。

「せっかく“無名のスキルカード”を使ってるんだし、アイツは仕留めてやる!」

『ギギギ!』

 また走り出した私に並走してきて、氷の脚で攻撃してくるモンキー。

「“回転”」

 “殺人鬼の円鋸”を回転させ、その蹴り付けてきた氷の脚を削っていく!

『ギギィィィイィッッ!!』

 氷を削って脚を負傷させたら、動きが止まった!

 手早く仕留めないと、他のに追い付かれる!

「“大転剣術”、ハイパワーブーメラン!!」

 猿の首を刎ね、投げた円鋸を回収したのち、私はひたすら山頂を目指す!

「また!」

 段差を跳び越えて硬直した瞬間、木の上からなにかが落下してくる!

 間一髪で跳んで躱すと、さっきまで居た場所に細い剣を突き立てている猿モンスターが居た。

 さっきのと同じだけれど、脚は氷で覆われていない。

「あの武器、リスの子が使っていた奴だ」

 昨日襲ってきた、いけ好かない奴等の仲間。

 目の前の猿は、一本しか持っていないようだけれど。

『ギギ!』

 後からも!

 同じ武器を持った二体の猿に挟まれた!

『『ギギ!』』

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く