話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

131.黒昼の村

 視界が開けると、いつもの祭壇の上だった。

「黒昼の村って、こういう事か」

 空は黒く、夜空と違って星も月も見えない。

 暗雲に覆われているわけでもなく、ただ青味を帯びた黒がどこまでも広がっていた。

「メルシュ、ここはこういう空の村ということですか?」
「そうだよ、トゥスカ。一日中夜のように暗いのがこの黒昼の村の特徴だよ。ああ、でも夜になると月や星は見えるからね。むしろ、今より明るいくらいだよ」

 村のアチコチから、かがり火と思われる火が見えるな。

 ……右側の外れに、青い火も見えるけれど。

「先に降りて待ってようか」

 大人数の時に、変なのに絡まれても困るし。

「今まで二回に一回くらいの割合で、転移直後にトラブルに巻き込まれてますからね」

 英知の街と競馬村、そして石階段の町。

 トゥスカの言う通りの確立なら、ここでもあり得る。

「じゃ、お先に! ヒャッホーイ!!」

 ザッカルがなぜかはしゃぎながら、階段を警戒に跳ね降りていく。

「……トゥスカ、メルシュ、ザッカルを追ってくれ」

 一人で行動するなよ、アイツ!

 俺とモモカじゃ、あのザッカルの身軽な動きに着いていけない。

「ザッカル、子供みたい」

 ほら、モモカにまで言われちゃったよ!


●●●


 俺は、夜が好きだ。

 まだ昼頃のはずなのに、この村はこんなにも暗い! おもしれー!!

 最近まで、夜はネズミ退治しねーと生き残れなかったから、めっちゃテンション上がる!!

 日を跨いでから眠って、起きたら昼過ぎまでネズミを狩って、夕刻に備えて身体を休める。

 そんな日々を二ヶ月も繰り返した。

 挫けそうになって、ネズミ狩りをしなかった日もあったけどよ。

「お、もう終わりか」

 祭壇の下まで、あっという間だったな。

「さて、さすがに待つか」

 今まで一人だったから、つい勝手な事しちまった。
 もっと団体行動を心掛けないとな。

「た、助けて!!」

 質素な木造の家の角から、情けない男の声が聞こえてきた。

「って、ケンジ!?」

 ち、アイツ、まだ生きてたのか!

「ンげふッ!!」
「な!?」

 何者かがケンジの背に覆い被さり――二本の短剣を突き刺した!!?

「た、助け……ザッカ……ル……」

 地べたに這いつくばり、口からドバドバと血を吐きながら……絶命するケンジ。

「チ! 持っていたのは”風の宝珠”か」

 チョイスプレートを確認し、舌打ちする黒ローブの女。

 背は低く、フードが真ん中でへこみ、背中の辺りが異様に盛り上がっている。

「お前、獣人か?」
「そう言うお前は、さっきのクズの仲間か? 全員殺したと思っていたのに」
「違ーよ。ソイツの仲間になんて、死んでもなるかよ」

「そうなんだ、むしろ好都合。宝珠を出しなさい。そしたら見逃してあげる」

 コイツの狙いは宝珠。それも風以外の。

 俺達以外にも、宝珠を集めようとしている奴等が居るのは分からんでもない。高く売れるらしいからな。

 だが、なんでわざわざ特定の種類を欲しがる?

 まさか、俺達と同じ目的なのか?

「この二カ月、他のプレーヤーが現れないから諦めようと思ってたけれど……ようやく目的が達成出来そう!」
「悪いな、俺は宝珠を持ってねー」

 四つ全部、ルイーサが持ってるからな。

「武器を見るに、宝珠側を選んだはずだけれど……仲間が居るんだ」

 少ない情報から、どんどん読み取って行きやがる!

「ザッカル!」

 トゥスカとメルシュが追い付いてきた。

「三人か……まあ、問題無いかな」

 黒づくめの女、三対一でもやる気かよ。

「やめておけ、リリル」
「アシェリー?」

 同じく黒づくめの、私よりデカい女が現れた。

「あのイヌ科の獣人、Sランクの武器を持っている。我々と同じく突発クエストをクリアしたのだろう。それに……」

 あのデカ女、メルシュを見てる?

「ワイズマンを手に入れているとは」
「お前、第七ステージのタイタンか」

 メルシュが低い声で尋ねた。

 石階段の町で仲間に出来るはずだったっていう、隠れNPCか!!

「今はアシェリーだ。よろしくな」

 口元の布を取り、褐色肌の顔が顕わに。

「私は、今はメルシュよ……もしかして、ギルマンも居るの?」
「ん? いや、知らんな」

 なんの話しだ?

「”火の宝珠”、持っていたらくれないか? 他の宝珠を二つくれてやるから」
「……どういうつもり? 宝珠一つに二つ差し出すなんて、アンタが損するだけでしょ」

 普通はそうだ。コイツらが宝珠を欲しがっている理由が、俺達と同じで無いのならな!


「第八ステージの隠れNPC、マクスウェルが欲しいのです。ワイズマン、メルシュ」


 今度は、ぞろぞろ同じローブの奴等が出て来た!


●●●


 私を呼んだ女が、フードを外す。

「白人……」

 青い瞳、白い肌、金髪の髪。

「私は、元デルタのデボラ。そう言えば、おおよその察しはつきますね?」

 デルタの人間が、このゲームに直接乗り込んでいる!?

「貴方の契約者はどこです? 少しお話しをしませんか?」
「どうやら、来たようだ」

 デボラの横にいた男が声を発する。

「無事か!」

 コセとモモカが追い付いてきた。

「ワイズマンのマスター。大義です。今から隠れNPCの交換をしませんか? こちらはパワーと耐久力に優れたタイタンを差し出します」

 デボラ、私達隠れNPCを物として見ているか。

 協力は期待しない方が良さそうね。

「デボラ、俺は……」
「すみません。ですが、我々の悲願にはワイズマンが必要なのです」

 デボラ……デルタの人間が、男に気を遣っている?

「我々は、このゲームを終わらせるために動いている。ハッキリ言いましょう。普通のプレーヤーでは、第九十ステージより先に進むことは出来ない」
「この力を使えなければな」

 デボラの言葉の意味を補足するように、男は石の大剣を掲げて――神代文字を三つ刻んだ!!

「なっ!?」

 男だけじゃない! この十三人の集団のうち、六人が神代の輝きを武器に刻んで見せた!!

「この力なくば、我々には勝てない」
「それがどうした」

 コセとトゥスカが、同時に武器に神代文字を刻む!

 それも六文字!

「これは驚いた……だが、むしろ喜ぶべき事かな」

 黒ローブの男が、フードを外して前に出る。

「僕の名前は、日高 アテル。君、僕等の仲間にならないか?」

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く