話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

129.黒く消え、儚く揺れ

「ふぃ~、生き返る~!!」

 ルイーサが服をはだけさせ、リビングのソファーにだらしなく腰掛ける。

 ファイヤーロード組は、シレイア以外皆あられもない格好で寛いでいた。

 ……シレイア、モモカの前ではさすがに全裸にはならないか……良かった。

「宝珠、揃ったね」

 土、風、水、火の四つの宝珠、第八ステージの隠れNPCを手に入れるためのアイテムが全て手に入った事を、メルシュが証言してくれた。

「それで、次の隠れNPCはどうするんだい?」
「どうするとは?」

 シレイアの疑問に、疑問で返す俺。

「誰に隠れNPCと組ませるかって話しさ」
「今度の隠れNPCは魔法使いだから、戦士の人間と組ませるべきだと思う」
「なら、俺はどうだ?」

 ジュリーの言葉に、名乗りを上げるザッカル。

「残念だけれど、隠れNPCと契約出来るのは異世界人だけなの」
「なんだ、残念」

 メルシュの説明に、すぐに引き下がるザッカル。

「となると、異世界人の戦士は……ルイーサとアオイか、メグミさんか」

 異世界人の戦士職、結構少ないな。五人しか居ない。

 ただ、獣人は皆戦士で固定されているから、パーティーのバランス的にはちょうど良いんだよな。

「悪いが、私は除外してくれないか。ガラじゃ無い」

 メグミさんが辞退してきた。

「今度の隠れNPCは万能型だし、攻守をこなすメグミさんかルイーサが適任だと思う」

 ジュリーの言葉に、話し合いに参加していた全員の視線がルイーサに向けられる。

「あへ?」

 はしたなく着崩したままソファーの背もたれに脚を掛けているため、色っぽい脚が丸見え!

 ――暑さで火照ったその表情に、ドキッとしてしまった!!

「コセ……今日は私とって約束でしょ」

 軽く耳を引っ張って来たのは、今夜を予約してきたナオ。

 氷と炎の属性に特化させることにしたナオは現在、“氷炎の魔道服”という赤い炎の紋様が入った淡い青の服を着ている。

 メルシュ以外の魔法使いは、皆ほとんど同じデザインの服を着ていた。

 同系統、同性能の衣服装備みたいなので、ほぼ色違いなのだろう。

「ちょっと、聞いてるの?」
「うん、聞いてる」

 石階段の町に着いてからはスタンピードラットの駆除を優先していたため、未だにジュリーとナオとはそういうことをしていない。

 俺は昼に、二人は夜の町に現れるネズミを退治していたため、時間が合わなかったのだ。

 モモカが一緒に寝たいと言えば、その日はお預けになってしまうし。

「もしかして、嫉妬?」
「当たり前でしょ。ライバル多すぎるんだから……不安になっちゃうよ♡」

 年上のナオにデレられると、変な気分になってくる!


             ★


「ん♡ ん♡♡」

 夜、ベッドに腰掛けながら、ナオとキスしている。

「ん♡ ……もっと、キスして♡」
「俺は、これからこの世界で生きていく。複数の女性と一緒に。それでも良いんだよな?」
「……正直、コセには私だけを見ていて欲しい。でも、それだとコセは私を選ばないでしょ?」

 誰か一人だけと言うのなら、俺はトゥスカを選ぶ。
 そこだけは、まったく揺るがない。

「ごめん」
「謝らないで……分かってるの。自分がそんなに良い女じゃないって」
「ナオは……充分綺麗だよ」

 本気でそう思ってる。

「分かってるでしょ、私の言いたいこと」
「…………多分」

 俺の中で、ナオとトゥスカでは大きな開きがある。

「トゥスカは、私よりずっと貴方を愛してる。あの子と比べたら、私の想いは薄っぺらいって……最近思うようになったの」

 ナオの目は、怖いほどに落ち着いていた。

「私はきっと、最後まで一緒には行けない。そんな気がするから……」

 アヤナと、似たような事を考えているのか?

「それでもね、貴方に愛されるような女だったって……そう思い続けたいの」

 ナオが身を寄せてくる。

「ナオ……」

 どこかで、俺とトゥスカが立っている場所と、ナオと他何人かが立っている場所が、根本的に違うと感じていた。

 初めて会った頃のユリカにも、血の繋がった家族に対しても、同様の感覚はあった。

 でも、最近のユリカに対しては感じなくなってきている。

「諦めるな、ナオ。まだそうなると決まったわけじゃない」
「……うん、そうだよね…………ねえ……シよ♡」
「うん」

 再び唇を重ね、彼女の寝間着を脱がせていく。
 
 どこかに消えてしまいそうなナオをこの世界に縫い止めようと、俺は執拗にナオのぬくもりを求め、ナオもまた、俺をたくさん求めてくれた。


●●●


 変な気分だ。

 シレイアさんに“波紋龍の太刀”を取り上げられた時に言われた事が、ここ数日頭から離れない。

「ん♡♡ あ♡♡ ん♡♡」

 ナオさんの喘ぎ声が、扉越しに僅かに聞こえて来るも……今までみたいに全然ワクワクしない。

 夜の雰囲気と私の内心、二人の営みの気配が交じり合い、私の意識をグニャグニャに歪めてくる。

 学校の同級生が和気あいあいと話している時によく感じた、歪な孤独感。

 私だけが、皆とは別の場所にいるような感覚。

 よく変な子扱いされる私の方が、きっと異質なのだろうと、あの頃は思ってた。

 ……最近、黒い感情が湧き上がってしまう…………気がする。

 今まではもっと静かで、青い世界に時折さざ波が起きる程度だったのに。

 その原因は多分…………。

 私は、そっと自室に戻った。


●●●


「……変な感じ」

 夜が明け、私はコセを起こさないように部屋を出た。

 バルコニーで風に当たりながら、下腹部を撫でる。

 夢のような一時だった。

 恋人ごっこが、家族に変わった。ううん。今まさに、私の中でコセが私の夫になろうとしている。

 遊びじゃなくて、私を本気で大事にしようって気持ちが伝わってきたから。

「どうしよう……幸せすぎる♡」

 幸せすぎて……この世界から私が、光になって消えてしまいそう。

 ……私はいつまで、皆と一緒に居られるのかな。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く