話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

128.魔精霊と宝珠

「第七ステージは短いけれど、油断しないようにね」

 突発クエストをクリアしてから二日後の早朝、俺達は第七ステージ前でメルシュから最後の説明を受けていた。

「よし、行くぞ」

 俺はトゥスカ、メルシュ、ザッカル、モモカと一緒に洞窟の中に入り、四つの別れ道のうちの一番右、黄色い宝石が壁に無数に埋め込まれている道に進む。

「早速来ました」

 トゥスカとザッカルが武器を構えると、黄色いオーラを纏ったゴーレムや、黄色く発光する土のスライムみたいなのが近付いてくる。

「“氾濫魔法”、リバースプラッシュ!」

 メルシュの魔法によって生み出された水の噴射が、ゴーレム達を呑み込んで押し流していく。

「このステージは戦士に不利だから、ボス前までマスター達は休んでいて良いよ」

 メルシュの強気な発言。

「ああ、頼んだ」

 俺達が選んだのはアースロード。
 土や石を模した、無属性のモンスターが出る道。

 強力な魔法使いであるメルシュが居る俺のパーティーには、戦士が集中させられていた。


●●●


「”煉獄魔法”、インフェルノ!!」

 紫の炎により、緑光を発するゴーレムや小さな竜巻のモンスターを蹴散らす。

「風には炎が弱点か。炎特化のユリカの独壇場ね」

 ナオが褒めてくれる。

「ですね」

 メルシュに言われ、私をパーティーリーダーにナオとタマ、ノーザンの四人で、緑光を発する石が生えた洞窟、ストームロードを進んでいた。

「あ、別れ道です」

 タマが声を上げた時、チョイスプレートが出現。

○右:風の宝珠への道
 左:風の宝物庫

「左に行くと、敵が多い分色んなアイテムが手に入るんでしたよね?」
「メルシュは、強力な武器が手に入る場合があると言ってたな」

 タマとノーザンが、打ち合わせ通りの会話を始める。

「面倒くさいし、右に行きましょうよ」
「そうね。ネズミ退治で飽きたし」

 ナオの心底嫌そうな演技に、私の拙い演技が引っ張られ、それっぽくなってくれた。

「じゃ、右に行きましょう」

 ナオの先導により、私達は右へ。

 そうしないと、新しい隠れNPCを入手出来ないからだ。

 このステージは他のパーティーと一緒に進めないタイプなので、パーティーを途中で二つに分けることは出来ないため、どちらかしか選べないのだ。


●●●


「「“万雷魔法”、サンダラススプランター!!」」

 サトミさんと共に、ウォーターロードのウォーターゴーレムとウォーターエレメントを雷属性の魔法で消し飛ばす。

「大きい杖も、悪くないわね。ザッカルちゃんに感謝だわ♪」

 サトミさんが手にしているのは、ナオと同じ“栄光の杖”。

 ザッカルが、第五ステージで偶然手に入れていたAランクの大杖だ。

 杖には魔法の威力を上げる効果があるため、近接戦闘をしないサトミさんが使うことになった。

「ジュリー、あれ」

 兎獣人のリンピョンが指し示すその先には、青い玉が祀られた祭壇が。

「あれが水の宝珠? 綺麗ね~♡ ジュリーちゃんも、そう思わない?」
「そうですね……とっても綺麗です」

 サトミさんの言葉に、心から同意する。

 それにしても、この宝珠四つ全てをそれぞれの道で集めないと、第八ステージの隠れNPCが手に入らないとは。

 本来ここに配置されている宝珠は、全て“高値の宝珠”というアイテムで、1500000Gで買い取って貰えるだけのアイテムだったのに。

 まあ、この宝珠も同じ額で売れるらしいが。

 これだけ隠れNPCの入手条件が厳しければ、第八ステージの隠れNPCが取られている可能性は低いか。

 四種の宝珠を一人の人間が所有していなければ、隠れNPCに会うことすら出来ないのだから。

 石階段の町には、宝珠が1500000Gで売れるって教えるNPCも居るし。

「じゃあ、取ります。気を付けてください」

 私がサトミさんとメグミさん、リンピョンとサキ、サタちゃんに合図して“水の宝珠”をチョイスプレートにしまうと……激しい揺れが起こった。

 地響きと共に宙に青い水が出現し、脚のない人型に姿を変えていく!

『ウォーーーターーーーーーッ!!』

 ”水の魔精霊”。

 強くは無いが、雷属性の攻撃以外効かない厄介なモンスター。

 雷属性による攻撃手段が無ければ、ゲームオーバー確定の敵だ。

 ここ以外の道にも、それぞれ土、風、炎の魔精霊が配置されている。

「“万雷魔法”、サンダラススプランター!」

 サトミさんが放った魔法を、避けてしまう精霊!

「“避雷針”!」

 “避雷針の魔光剣”にサトミさんの魔法を吸わせ――跳躍!!

『ウォーーターーーーーッ!!』

 ――雷を纏った剣で、水の魔精霊を両断した。

「助かったわ、ジュリーちゃん!」
「いえ」

 対処法さえ分かっていれば、大した敵じゃ無い。

「さて」

 チョイスプレートを確認し、ウォーターエレメントのドロップアイテム、“水の精霊石”の入手数を確認。

 数は24。もう少し手に入れておきたい。

 このペースなら、ボス部屋前に目標の30に届くとは思うけれど。

 水の魔精霊が倒された事で、辺りが安全地帯に変化。

「悪いな、サトミ、ジュリー。疲れてないか?」

 心配して声を掛けてくれるメグミさん。
 雷属性の魔法に弱い敵ばかりだから、ここまでの数時間、私とサトミさんの二人でほとんどの敵に対処していた。

「少し休みましょうか、ジュリーちゃん」
「そうですね」

 一番しんどいであろうユイ達は、大丈夫かな?


●●●


 ファイヤーエレメントというモンスターから、巨大な火の玉が近付いてくる!

「“水属性付与”」

 水を刀剣に纏わせたユイが、瞬く間に火の玉や炎を纏ったゴーレムを斬り伏せていく!

「「“氾濫魔法”、リバーバイパー!!」」

 アオイとアヤナの二人が水属性の魔法を行使。水の大蛇によってあっという間にモンスター達が光に変わっていった。

「あづい~!」

 辺りが赤い石だらけのファイヤーロードは、気温が半端ない。

「軽く三十度は越えてそうだ」

 炎のモンスターのせいで、気温が高い中を何時間も進んでいた。

 小まめな水分補給を繰り返し、ようやく宝珠付近までやって来る。

「ルイーサ、どうする? 宝珠を取ってさっさと精霊を倒してしまえば、ここに安全地帯が出来るぞ」

 そう尋ねてきたのはシレイアさん。

「ここで休んでも暑さで体力を持っていかれる。さっさと魔精霊を倒して、一旦屋敷に避難しよう」
「オッケー」
「うん、同意」

 アヤナとアオイは、辛そうだが返事をしてくれた。

 ユイは涼しそうだな。顔に出てないだけだろうけれど。

「シレイアさんは、まったく問題無さそうですね」
「隠れNPCだからね。基本的に、疲れという概念が無いのさ。暑いことは暑いけれど」

 シレイアさん、私には人間となんら変わらないように見えるのだが。

 疲れ知らずというのなら、むしろ頼りになる。

「よし、火の宝珠を取るぞ!」

 宝珠を回収すると、炎の魔精霊が姿を現した。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く