話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

121.神代の剣豪

「ベクトルコントロール」

 飛んでいるメルシュに掴まりながら、“古代王の転剣”と、“荒野の黄昏の目覚め”の二つを操り、生き残って壁に張り付いているネズミを処断していくトゥスカ。

 その上から、大半が足場を探して降りていく。

 トゥスカは、降っている間まともに戦えない者達のために、一匹残らずネズミを狩っているのだ。

 ザッカルは軽快な足取りであっという間に降っていくが、同じ獣人でもノーザンには出来ないらしい。牛の獣人だからだろうか?

 俺とルイーサは“壁歩き”のスキルを持っているため、壁に足を貼り付けて進んでいる。

 ユイとシレイアは……ザッカル程じゃないが、足場を見極めてどんどん降りていく。

 ……シレイアはともかく、ユイは本当に同じ人間なのか疑いたくなるな。

「ノーザン、遅れてるぞ」
「申し訳ありません……僕が足手纏いになってしまうなんて……」
 
 ノーザンは真面目な上に、意識高い系だから大変だ。

「掴まれ、ノーザン」

 この子とも、キスしてしまったんだよな。

 俺の子供を産みたいとまで言われているし……ノーザンとの将来もちゃんと考えないと。

 ユリカと一線を越えてから、あまり抵抗が無くなってしまった自分が居た。

「コセ様?」

 ノーザンをお姫様抱っこして、壁を垂直に走る!

「キャーーーー!!!?」

 皆に追い付けたが、ノーザンの絶叫にネズミが引き付けられたのは言うまでも無い。


●●●


「ハアハア。大丈夫、モモカ?」

 コセ達が突入してから、二時間が経とうとしていた。

「まだまだ平気だよ、ジュリー!」

 私のお母さんの趣味である可愛いピンクドレス姿で、お父さんのおふざけ武器、“ラブリーハートな脳筋ロッド”を振り回してネズミをブッ飛ばすモモカ。

 あの二つの装備、魔法使い専用に見えて職業を問わない。

 ちなみに、あの大きなハートが付いたロッドは、オリジナルではS級装備の中でもトップクラスの攻撃力を持つ。

 モモカの魔法少女っぽくない堂の入った一撃からは、オリジナル通りの威力が発揮されているように見えた。

 それにしても……モモカ、可愛い!

 適当に杖を振り回してても、揺らめくローツインテールとフリフリのピンクスカート!

 更に杖の仕様で、振るう度にキラキラ煌めいて、夜を彩っている!!

「マスター。モモカちゃんが可愛いのは分かりますけれど、マスターも戦ってくださいよ! 倒しても倒しても全然減らない!」

 サキが指輪で柱を生み出し、スキル“絡め取り”を鞭で使って、柱をネズミの群れに軽々と投下しながらそう口にした。

「私も、二人に負けていられないね!」

 サキは、柱を掴んでいた“怪物強化の鞭”とは別の、蛇の頭が付いた緑の鞭、“鞭蛇の蛇鞭”を振るって、休むことなくネズミを減らし続けてくれている。

 隠れNPCだからか、体力が無尽蔵なのだろうか?

 サタちゃんも、休むことなくネズミを撃退していた。

 私もだが、皆戦いっぱなしで攻撃の手が緩んでいる。

 MP・TPの配分もあるだろうけれど、精神的にキツいのだろう。

 この状況でも、手を休めずに戦い続けるNPC。

 一人一人違う特異な能力を持つ、隠れNPCの有用性の一端が垣間見えた。

 この先、隠れNPCと敵対するのは避けたいと、強く思わずにはいられなかった。


●●●


 次々現れるネズミを始末しながら、縦長の空洞の底にようやく辿り着く。

「どっちだ、メルシュ!」

 空洞の底には三つの横穴があり、それぞれからネズミが絶えず飛び出してくる!

「あっち!」 

 メルシュが指し示した方向は、もっともネズミが飛び出して居る穴。

 種を守るためには、唯一の雄を守らなければならない。

 一番厄介なルートに居るのは道理か。

「コセさん、先に行ってください。私が殿しんがりになります」

 ユイが、ネズミを一太刀で葬りながら提案してきた。

「マスターが残るなら、アタシもだね」

 褐色美人の隠れNPC、アマゾネスのシレイアまで残ると言いだした。

「無理するなよ!」

 この二人程、頼りになるコンビも居ないか。

 確かな実力を持つ二人に任せて、先頭で戦うトゥスカとザッカルに駆け寄る。


●●●


「ハイパワーウィップ!!」

 迫るネズミ共を、鞭のようにしなる大刀でまとめて切り裂く。

 コセ達を先に行かせて数分。

 皆が入っていった穴の前で、アタシとマスターは奮戦していた。

「――ハッ!!」

 気合いの発露か、マスターが発した気が異質な空気を生み出すと同時に、二振りの太刀でネズミ共を綺麗に両断していく。

 一刀で確実に一匹は仕留め、止まることなく穴に侵入しようとするネズミ共を両断し続ける。

 その舞うように繰り出されていく剣閃に見蕩れながら、マスターの背後、コセ達が向かった方から現れるネズミをアタシが始末していく。

 流石だよ、このマスターは。

 初めて会ったときから、マスターの神との親和性の高さは分かっていた。

 現に今も、神代文字に対応した“波紋龍の太刀”から、青い燐光が迸り始めている。

 ――ネズミの波が収まってくると、地鳴りが迫ってきているのに気付く!!

「……マスター! ネズミが一気に押し寄せてくる!!」

「そう――」

 左手の“妖刀ムラマサ”を地面に突き刺し、”波紋龍の太刀”を鞘に納めた!?

 そこに、二つの穴からネズミが奔流となって――雪崩れ込んできた!!


「“抜刀術”――――――波断」


 青白い斬撃が部屋全体に広がり――二つの穴ごと、全てのネズミを斬った!!!?

「……疲れた」

 およそ数千万、もしかしたらか億かそれ以上のネズミを切り裂いたマスターは、、こちらへと歩いてくる。

「リアルハーレムの人と……合流しよう」
「凄いね……アタシのマスターは」

 想像以上の逸材だった。

 場合によっては、コセよりもアタシのマスターがあの場所へ辿り着くべきじゃないかね、メルシュ。

「シレイアさん? ……案内して」
「へ? 無理よ」
「……なんで?」
「アタシには、メルシュみたいに地形を把握する能力なんて無いからね」
「へ?」

 このマスター……隠れNPCなら誰でも案内出来るとでも思ってたわけ?

「……どうしよう?」
「ハー……コセ達が別れ道に出る前に追い付ければ、もしかしたら合流出来るかもね」

「よし、急ごう! リアルハーレムライフを見逃さないために!!」

 このマスター……やっぱりダメかもしれない。

 駆け出したマスターの背を見ながら、思い出す。

 私達が必要としている人間が、ただ純粋なだけではダメだと言うことを。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く