話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

110.それぞれの不安

「ハイパワーブーメラン!」

 リンピョンちゃんが放った丸鋸が、ギガス
ントの胴体を半分ほど切り裂く!

「“竜光砲”!」

 メグミちゃんが、左手に持つ盾の先、竜の顎から光線を放つ!

 総TPを半分消費して放つという、クエストの討伐報酬で手に入れたスキル。
 竜と光属性が含まれている、“魔力砲”のTP版らしい。スキルランクはS。

 メグミちゃんの盾から放たれたのは、竜属性の攻撃を強化する効果があるそうだから、そのせいかしら?

 一撃でギガントの胸から上が消滅し、膝を着かせた。

「サトミ!」

 ――いつの間にか、頭が吹き飛んだギガントの腕が私に向かって伸びてきている!?

 光になるまで油断するなって、こういう事ね!

「”暴虐の風”!!」

 メルシュちゃんが選んでくれた“ルドラの装身具”の効果を、左腕から発動する!

 一日三回だけ発動出来る強力な風で、ギガントの左腕を削り弾くように消し飛ばした!

 リンピョンちゃんがギガントの胴を円鋸で切り裂いて、ようやく光に代わっていく。

「……フー」
「大丈夫か、サトミ」
「無事ですか、サトミ様!?」
「うん……大丈夫」

 アヤちゃんが居ない事に、こんなにも動揺している自分が居る。

 どっかで私は、アヤちゃんの存在に甘えていたのかもしれないわね。


●●●


 ルイーサがおかしい。

「はあああああッ!!」

 手に入れた美しい大剣を右手だけで振るい、コセから借りた剣盾でギガントの攻撃を去なし、一人でギガントと激しい攻防を繰り返すルイーサ。

 私達が出会ったのは、第一ステージのボス部屋前。
 私とアオイは皆で苦しむ方を選び、ルイーサは一人を選んだらしい。
 だから、私達がボス部屋より前に出会うことはあり得なかった。

「“闘気剣”!」

 ルイーサが聖剣に青白い光を纏わせ、ギガントを斬り付ける。

 武術スキル程の威力は無いけれど、合わせて使えば威力が底上げされる便利なスキル。
 使用中はTPが減り続けるらしいから、長期戦には向かないそうだけど。

「ハイパワースラッシュ!!」

 飛び上がり、首を切り落とすルイーサ。

 あの時……ルイーサが魔神・四本腕を倒した時と同じ光景。

 最初のボス部屋前で、推奨Lvに達していても頭数が足りないことに悩んでいた私達姉妹は、たまたまそこで出会ったルイーサとパーティーを組み、そのまま今日までやって来た。

 いつもは泰然としていて、おかしな事を口にして私の緊張をほぐそうとするくせに……あんな風になったのは、あの子が死んだ時以来。

 第二ステージに挑むとき、色んなパーティーと一緒に進める方と自分達だけで進む二種類が選べた。
 その時、ルイーサは自分達だけを選択したのに、私はいざという時助け合えるかもしれないと言って、色んなパーティーと一緒に進める方を選ばせた。

 私の不安が、そうさせた。

 結果、他パーティーに襲われて……奴隷として買った少女、リスの獣人の子を死なせた。

「フー……先へ進もう。アオイ、アヤナ」

 でも、ルイーサは私を責めず、自分を責めた。

 時間と共に傷は癒えていったけれど、まだ……傷跡は残ってる。
 多分、一生消えない傷跡が。


●●●


 ギガントを倒し続けること十数回、ようやく洞窟エリアの終わりが見えてきた。

 洞窟の向こうには、紫、ピンク、青が混じった空と、常に右側から下へと水が僅かに流れ落ちていっている石の坂が。

 洞窟の前、坂の途中には幅の狭い平たい道が湾曲状態で続いており、ここを真っ直ぐ進まなければならない。

 安全エリアは、洞窟出口手前に用意されていた。

「予定どおり、今日はここまでにしよう」

 見送りの兼ね合いもあり、出発が昼過ぎになったから、もうすぐ夕方だ。

 この先は足を滑らせやすいから、集中力が途切れると危険。

 まあ、俺は“壁歩き”があるし、メルシュは魔法で飛べるから、この中で一番危ないのはトゥスカだな。

「皆はどこまで進みましたかね」
「無理をしていなければ良いんだけれど」
「館に戻って、皆から聞いてみよう」

 メルシュの提案どおり、俺達は神秘の館に戻った。


●●●


「いよいよ明日ね、ユリカ」
「お、おう……」

 明日、私のパーティーは隠れNPCの入手条件を満たさねばならない。
 そのために夕食後、ジュリーが隠れNPCの入手条件のおさらいをしてくれていた。

「川地帯を抜けると林道に入るから、わざと踏みならされた道から外れて、右に進んで。そこに現れるタイラントというモンスターを倒して、“超力の腕輪”を手に入れる。それで入手条件を満たせるわ」

 その条件を満たして、次のステージに進んだら隠れNPCを入手。そしたら私は、隠れNPCを持つ者とはパーティーを組めなくなるから、コセ、ジュリー、ユイとはパーティーを組めなくなるということ。
 実質、パーティーリーダーをやらないといけない。

 私がリーダーとか……不安だ。

「ルイーサは……ダメ?」

 パーティーリーダーを長くやってるみたいだし、私よりも隠れNPCを仲間にした方が良いと思うんだけれど……。

「第六ステージの隠れNPCはバリバリの戦士系だから、ルイーサには魔法使い系か万能タイプの隠れNPCを組ませたいんだ」

「そういう計算もしてるんだ」

 色々考えてんだね。

「まあ……単純にまだ信用しきれないって言うのがあるんだけれど」
「アオイはなに考えてるか分からないし、ルイーサはちょっと変な奴だけれど、三人ともいい人だと思うわよ?」

 この世界に来る前の私の友達に比べれば、かなりマシだ。

 ナオとアヤナは……まあ。

「二人共、ちょっと良いか?」
 
 そこに、コセが割り込んできた。


●●●


 ユリカとジュリーを、三階のエントランスに連れて来た。

「俺……二人との事、真剣に考えようと思ってる」

 ナオを受け入れると決めたとき、真っ先に思い浮かんだ二人。

 ノーザンやタマにも明確に好意を示されたけれど、二人に対して程……こう、家族云々のイメージが湧かない。

「このゲームを終わらせた後にって話しをしてたけれど……二人が本当に望むなら、今からでも……妻として接したい」

 レプティリアンの件とか、モモカの存在により忘れていたけれど、ナオを妻にするって決めた以上、疎かにしたままじゃいけないと思った。

 別れ際のカズマさんの言葉に、触発されたのもある。

「でも……ナオとはシてないよね?」

 ユリカの言葉が予想外だったため、動揺してしまう!

「ああ……うん。そういうのは、さすがにゲームを終わらせた後で良いんじゃないかな」

 どっちにしろ、今の状況下で子供を作るわけにはいかないし。

「でも、トゥスカとは毎晩のようにシてるよね」

 ジュリーの言葉が耳に痛い。

「別に毎日じゃ……その日の体調とか、最近はモモカが一緒に寝たがるからあんまりシないし」

 なんでこんな話しに。

「時々さ……怖くなるんだよね。あの槍男みたいな奴に……コセ以外の男に、無理矢理初めてを奪われたらって思うとさ……」

 ユリカの深刻そうな告白に驚く。


「だからさ……私の処女もらってよ」


「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く