話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

108.パーティーでの思わぬ再会

 ナオが倒れた二日後、俺達はカズマさん達の家に招待された。

「ささやかだが、たくさん食ってってくれ!」

 庭には椅子や大きなテーブルが並べられ、その上には色んな料理が。

「これ、全部カズマさんと奥さんが?」
「まさか。半分以上ルイーサとサトミだ。そこの刺身は俺が捌いたがな!」
「煮物もカズマさんでしょう」

 俺とカズマさんが会話していると、ルイーサが入ってきた。

 目があった瞬間、ルイーサが瞳を逸らす。

「お前ら……なんかあったな~」

 年上のこういう絡み、本当に嫌だ。

「えせ外国人みたいだったアイツが、一昨日くらいから妙に乙女チックなんだよ。お前、もらってやれや」

 この人、言動が実家の近所のおじさんと同じだ! まだ二十六なのに。

「いや、俺は……」

 カズマさんの左手薬指についている物と、同じ指輪を見せようとした時だった。

「お姉ちゃん!?」

 トゥスカの驚く声が!

「もしかして……トゥスカ?」

 ドアから出て来た身重の獣人女性、ラテゥラさんが、トゥスカに驚いた顔を向けていた。


●●●


「そうなんだ~。トゥスカも良い人に巡り会えたのね」

 家の中、マイという名前の赤ん坊を抱っこしながら、幸せそうな顔をしているお姉ちゃん。

 家族の中で、一番暖かい感情を抱いていた相手。

 お姉ちゃんが居なくなったときの両親の「仕方がない」って言葉が、何年も酷く耳にこびり付いていた。
 
「お姉ちゃん、無事だったんだね」

 デルタによって、連れ去られたラテゥラお姉ちゃん。

 やっぱり、私と同じようにゲームに参加させられてたんだ。

「旦那様に買われてね。最初はどんな酷い目に会うんだろうって身構えてたんだけれど、必死に守ってくれて……二人での冒険に限界を感じてきた時に妊娠が発覚して、この村に定住することにしたの」

 避妊しないのかよ!

「お姉ちゃん、ずっとここで暮らすの?」
「そうね。色々問題はあるけれど、私達家族には他の選択肢は無いかな」

 達観しているように見えた。

 きっと、悩んで決めたことなんだ。

「トゥスカは、彼と一緒に行くんでしょ?」
「うん」

 ご主人様無しの人生なんて、もう考えられない。

「抱いてみる?」
「良いの?」
「うん、優しくね」

 お姉ちゃんからマイちゃんを受け取る。

「マイちゃん。お母さんの妹、トゥスカですよ~」
「……可愛い」

 あったかくて、愛おしくなる。

「あ、今笑ってくれた」

 私に、微笑んでくれた!

「無理しないでね」

 ラテゥラお姉ちゃんの、寂しげな視線。

 この村を出たら、きっとラテゥラお姉ちゃんとは二度と会えなくなる。

 私の甥と姪の四人……今、お姉ちゃんのお腹の中にいる子にも。

「うん……私も、彼との子供が欲しいもん」

 このゲームをメルシュ達のやり方で終わらせれば、またお姉ちゃん達に会えるかもしれない。

 私の中から、途中で諦めるという選択肢が無くなった。


●●●


「お前……俺の義弟だったのか」
「ええ……まあ」

 庭の片隅、お茶入りのコップ片手に、二人で椅子に座っていた。

 自分に義兄が出来るなんて、考えた事も無かった。

「お前の仲間、みんな女だよな? それに、半数が左手薬指に……お前、女にだらしないのか?」
「違う……とは言い切れないです」

 指輪の効果で生存率を上げるために結婚した相手が、何人も居るし。

 ナオ、ジュリー、ユリカ、ノーザンとは今後について真剣に考えていくつもりだし。

「まあ……なんだ……泣かせないようにな」
「はい、勿論です」

 同性とこんなにしんみり話すの、初めてだな。

「モモカちゃん! 将来、僕と結婚してください!!」

 突然聞こえてきた言葉に驚く!

「アイツ、あの年で告白かい!」

 モモカに告白したのは、獣人の長男である……誰だっけ?

「ご、ごめんなさい」

 モモカが頭を下げて、こっちに走ってきた。

「コセ!」

 モモカが膝の上に飛び乗って来る。

 長男の方を見ると、呆然とした顔をしていた。
 やがて、落ち込んだ様子で家の中へ。

「あちゃー、苦い初恋になっちまったな」

 モモカのこと……頼みづらくなってしまった。

 ダンジョンは危険なため、モモカをカズマさんの所に預けるつもりだったのに。

「へと……カズマさん、この子を……預かって貰えません?」
「お前、アレの後に頼むのかよ」

 そんなこと言われても、他に選択肢が……。

「コセ、私を置いていくの? いや!!」

 モモカ……本気で怒ってる?

「モモカ。これから俺達は、とっても危険な所に行くんだ……戦えない者は連れて行けない」
「もう置いてかれるの嫌だ! それに、お母さんとお父さんに会いたい!」

 まだ七歳の子供。

 危険だけれど、親に会わせるのが一番安全だろうか?

「……分かった。一緒にモモカのお母さんとお父さんを探そう」
「ありがとう、コセ!」

 どこに居るのか分からないし、大変な事になっちゃったな。

 まあ、こうなることも一応覚悟はしてたし。

「……コセ……お前、女に振り回されやすいたちなのかもな」
「ははは……はは……」

 ナオの事とか、最近だけでも心当たりがあり過ぎる!


●●●


「よし! またサタちゃんが勝ったわ!!」

 競馬場で、私のお姉ちゃん、アヤナがはしゃいでいる。

 コセの所の幼竜はレースに参加させることが出来るらしく、幼竜を出すと必ず一位を取っていた。

 四頭の馬と一緒にレースをし、五頭の順位全てを当てると、馬券購入に払ったお金が十倍になって返ってくる。

 お姉ちゃんの場合、一位だけを当てることでお金を確実に二倍にし続けていた。

 一位が確実だからって、有り金を全部掛けて……堅実なのか軽率なのか分からんちーなアヤナ。

 やれやれ、まったく困った姉だよ。

「アヤナさん、そろそろ帰りたいんですけれど……」
「サキが居ないと、サタちゃんを参加させられないでしょう! もう一回! もう一回だけだから!」

 そのもう一回だけだからが既に三度目なんだよ、お姉ちゃん。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く