話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

107.ヴリルの聖剣

 左腕に装備した”轟雷龍の剣甲手”、肘部分の球体を思念で動かし、球体部分から生えた片刃の刀身を様々な方向へ向ける。

「確かに、扱いが難しい」

 でも、使いこなせれば近接戦闘に有利になる。

「アヤは競馬村に残る事になったから、この屋敷に来るのは私とリンピョン、サトミの三人だけになる」
「そっか」

 食堂の隅で練習していたら、コセとメグミさんのそんな会話が聞こえてきた。

 食堂の巨大テーブルの上には、レプティリアンを倒して手に入れた装備やスキルカード、消耗アイテムがドッサリ置かれている。

「サトミ達三人と、ルイーサ達三人は仲間に加わる事になったから、これからはここに居るメンバーで、手に入れたアイテムを適した者に融通する」
「外部に漏らされると困る情報もあるから、もし抜ける場合はそれ相応のペナルティーを覚悟しておいてね」

 コセに続き、メルシュが釘を刺す。

 漏らされると困るのは、主にデルタに関する情報と、隠れNPCの入手条件。

 それと、私がダンジョン・ザ・チョイスのゲーム制作者の娘だということも。

「ナオやノーザンにも話してなかった事を、今から話すね」


●●●


「メルシュの奴、人使いが荒いね」

 レプティリアンのアジトに、アタシとサキの二人で探索に来ていた。

「う~、もっとモモカちゃんと一緒に居たかったのに~」

 サキは、動物と小さい子が好きって設定があるからね。

 アタシは戦闘センスのある情婦、メルシュは賢く腹黒。

 思考が設定に引っ張られている部分は、少なからずある。

「特には……なにも無いね」

 コセ達に見られるとマズい物、世界の理に関する物があるかもと危惧して来たが、それらしい物どころか使えそうなアイテムも無い。

「サタちゃん、そこになにかあるの?」

 ドラゴンの幼体が瓦礫をどけると、そこには床下収納が。

 開けてみると、中には色んな道具が無造作に置かれていた。

「低位の武器や防具、それに……これって」
「多分だけれど、金策用に置いといたんじゃないかね。殺されて持っている物全部丸ごと奪われるよりは、要らない物を集めて置いておけばいざという時に役に立つし」

 突発クエストによっては、失敗すると有り金全部持ってかれたりするしね。

「シレイアさん、これ。今の段階じゃ手に入らないはずなのに」
「へー。アイツら、これの価値に気付いてなかったのかね」

 おそらく、突発クエストで手に入れたんだろうさ。

 まあ、この”万能プランター”の使い道が分からないと、ちょっと高く売れる物くらいにしか思わないか。


●●●


 メルシュの長い話しが終わった後、ルイーサと俺は新しい装備を試していた。

「ハアッ!!」
「フッ!!」

 互いに、新装備のみでの単純な斬り合い。

 正面から全力で斬り合っているのに、押し切れない!

 Lvは俺の方が上のはずなのに。

 鍔迫り合いになる。

「くっ!」

 やはり、膂力は俺の方が上のようだ。

「この辺にしておこうか、ルイーサ……ルイーサ?」

 目が虚ろで、聞こえていないかのよう?

「か、かjbf3hwt3hc3!!」

 ルイーサがなにか呟いた瞬間、”ヴリルの聖剣”に神代文字が刻まれた!?

「嘘だろ!」

 動きが、急に早く!

「コセ!」

 見学していたメグミさんが、”ドラゴンの顎”でルイーサの剣を受け止めてくれた。

「メグミさん、助かりました!」
「構わないさ! それより!」

 ルイーサの今の状態は、俺が暴走したときと同じはず!

「武器交換、”強者のグレートソード”!」

 すぐにTPを吸わせ、神代文字を三文字刻む!

「がぁぁ3いvr3kh」

 メグミさんを無視して、俺に斬り掛かってくるルイーサ。

 ガッガガガガガガガッガガガガ!! という激しい剣戟が、止めどなく響き渡る!!

 強い! 殺す気でやらないと、俺が殺される!

「うぉぉぉぉぉぉぉ333いvr33333!!」

 グレートソードに思いっ切り剣を打ち付けられた瞬間、”ヴリルの聖剣”に――六文字刻まれるのが見えた!!

「があああ3うっsfあお3あ!!」
「ハイパワーブレイク!!」

 スキルを発動して、なんとか弾き返す!

「俺も……ダメか!」

 神代文字を、六文字刻めない!

 それに、トゥスカが居ないと俺まで暴走しかねないか!

「ああぅ3jg3けstv!!?」

 隙を突いて、メグミさんがルイーサを羽交い締めにした!!

「なんて力だ……ぐぅ! コセ、早くルイーサを止めてくれ!!」

 武器を手放させようとするも、一体化しているように手が柄から離れない!

「ダメだ……クソ!」

 こんなの、どうやって止め…………あ。

「コセ、早く!!」

 ――俗的な刺激を、瞬間的に想起させる!

「ごめん、ルイーサ!」

 鎧を着ているから、身体に触ることも出来なくて、他の方法が無いんだ!!


 俺はルイーサの唇を――奪った。


「…………ん?」

 ノーザンが、俺を正気に戻してくれた方法。

 ルイーサの暴れる気配が無くなった事で、俺は唇を離した。

 涙で濡れた瞳が、俺を見詰めている。

「へ? な、なんでコセが、私と…………イヤアアアアアアアアアアアアアッッッ!!!」

「おわっ!!」

 正気に戻ったルイーサに突き飛ばされ、派手に地面を転がることに!

「こ、コセのアホうううううウウウウウウウ!!!」

 館の中に急いで入っていくルイーサ。

「コセ……なにしてるんだよ」

 メグミさんの、ちょっと冷たい声が耳に届いた。

 ……理不尽だ。

 
             ★


「大丈夫か?」

 俺とルイーサが試合をしていた頃、ナオが熱を出してしまったらしく、ベッドで横になっていた。

「ちょっと色々あったから……一日寝てれば大丈夫よ」

 人を手に掛けたこと、俺達が抱えていた秘密の打ち明け。ナオを精神的に追い詰めてしまったのかもしれない。

「無理はするなよ」

 オデコを撫でる。

「うん♡」

 ナオの部屋を出ると、メルシュが立っていた。

「ナオの様子は?」
「大したことは無さそうだ」
「そっか、良かった」
「メルシュ、何日かこの村でゆっくりしないか?」

 今まで、大して休みらしい休みを設けていなかったし。

「この村のペナルティーは三日に一回競馬に参加すれば良いわけだから、別に構わないけれど……私としては、あんまり競馬に参加して欲しくないんだよね」
「なんでだ?」

「賭け事は……素質を腐らせるから」

「素質?」
「マスターはさ、賭け事嫌いでしょ?」
「そうだな」

 確かに、忌避感はある。

「マスターが嫌だと思う物のほとんどは、きっと素質を腐らせる物だから、よく覚えておいて」

 そういって、去って行くメルシュ。

「素質か……」

 神に愛される素質って奴のことか。

「俺は、神なんて嫌いだけれどな」

 人間が、人をコントロールするために生み出した神は。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く