話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

105.レプティリアン抗争終息

 巨大なドラゴン同士の激しいぶつかり合いに混乱しながらも、私達はその戦いを目撃していた。

 エネルギーの余波が消えるとドラゴンが倒れ、その鼻先へと近付いていくコセの姿が。

「あれは……本当にコセなのか?」

 纏う空気が、人間のそれとはまるで別物に見える。

 遠い記憶の中の老婆。
 私のご先祖様らしい人の空気感に、どことなく似ている気がする。

 コセが剣を振り上げ、から発せられる青い燐光を超大な刃とし――振り下ろした。

 瀕死のドラゴンが真っ二つとなって、光に還っていく。

「生ハーレムの人、凄い」
「や、やるじゃない……」
「凄ーい」

 女剣豪とアヤナ、アオイが感嘆の声を漏らす。

「ねー、あれ私の彼氏! 私の彼氏なのよ! どう、凄くない!」

 ナオが、トゲ付きマント着た褐色美女に自慢している。

「分かった、分かった。それよりも、突発クエストはまだ終わっていないんだ。気を抜いてる場合じゃないよ!」

 私とした事が、失念していた。

「見て! 竜人が!」

 仲間割れしたと思われる竜の巨人が輝き――光が小さくなっていく?

 光は、ブラウンの髪をローツインテールにしている少女に!?

『ハーイ、突発クエストしゅうーりょうー! いやー、とっても良かった! 感動した! 皆お疲れ! 村の中央塔、レースの観客席がある階に今回の報酬を用意しておいたから、好きなの一つだけ持ってってねー。二つ欲しい人は~、報酬受け取った相手を殺せば横取り出来るよー。じゃあね~! ご苦労様~ー!』

 胸糞悪くなる女の声が消えると、チョイスプレートが開く。

○突発クエストクリア、おめでとうございます。

○報酬2000000Gと、クエスト報酬限定交換チケット一枚をプレゼント。

○倒したレプティリアン一体につき、ランダム報酬プレゼント。プレゼント内容は以下の通り。

★”竜技使い”のサブ職業
★”竜爪術のスキルカード”
★”竜腕のスキルカード”
★”竜脚のスキルカード”
★”竜翼のスキルカード”
★”竜気のスキルカード”
★”竜剣のスキルカード”
★”竜光砲のスキルカード”

「本当に……終わったのか」

 だがクエストのクリア条件は、ノルディックかレプティリアン、どちらか一方の全滅だったはず。

 でも、あの少女は生きている。

「どうなってる?」


●●●


 一瞬だけだったけれど、確かに見た。

『神代文字九つかー。面倒だから、報告はしないであげるよ、アルバート。なんちって』

 実際、報告面倒だし。

『それにしても、盲点だったわ。あの子がこの世界で産まれた事で、レプティリアンの枠から外れてたなんてさ』

 軟禁状態だったあの子の目の前に、わざと宝珠を沢山出現させたのに。

『でも、クエストクリア条件がどちらかしか生き残れないって内容なのに、まさか協力しちゃうなんてねー』

 予想外過ぎて、超面白かった!

『これからの君達に、マジで期待!』

 だから、報酬に良い物紛れさせたからね~。


●●●


『クワー』
「元の姿に戻っちゃいましたね~」

 サキが、サタの頭を撫でながら呟く。

「憐れだな」
「へ?」
「サキ達に言ったわけじゃない。戦ったドラゴンの事さ」

 サタちゃんが元の姿に戻ったということは、奴が仲間を殺してまで独占しようとした力は、突発クエスト限定のパワーアップだったのだろう。

 知らなかったとはいえ、一時の力のために仲間を手に掛ける。

 レプティリアン。人間と交配した宇宙人だと言うが……人は、時にああまで残虐になれるという事か。

 コセに対して私がしたことも、充分残虐か。


●●●


「お、お帰り」
「ただいま、アヤちゃん」

 カズマさんの家に、私のパーティーとルイーサのパーティーメンバー六人で戻ってきた。

 宛がわれていた部屋に戻ると、アヤちゃんが申し訳無さそうに出迎える。

「勝ったの?」
「うん、勝ったわよ!」

 凄く大変な戦いだったけれど、凄く得るものが大きい戦いでもあったと思う。

「これからも……三人はダンジョン攻略を進めるの?」
「アヤちゃん?」


「だったらさ、私……もうやめるは」



●●●


「挨拶して」
「は、初めまして……モモカです」

 竜巨人の正体である少女モモカが、神秘の館のリビングで、俺の仲間達に挨拶する。

「「可愛い!」」

 黄色い声を上げたのは、新しく仲間になった隠れNPCであるテイマーのサキ。
 そして、イギリス人と日本人のハーフであるジュリー。

「なんだろう……今ならママの気持ちが分かるかも!」
「可愛い! 可愛いよー♡」

 なんなんだ、この二人。

「コセ」

 モモカが俺の左手に手を伸ばし、指をそっと絡めてきた。

「「キャー!!」」

 二人の歓声に、身体をビクリと震わせるモモカ。

「二人共、静かにしろ」

 この二人は子供好きなのかもしれないが、子供の側に立つという事がまるで出来てない。

 モモカはまだ七歳なんだぞ!

「モモカちゃんの服、あまりランクが高くないんじゃないですか?」

 サキが鋭い視線を向ける。

「なら、ぴったりの服があるわ!」

 テンション高いジュリー、なんか怖い。


            ★


○戦士.Lv29になりました。スキルセット機能がプラス1されます。
○戦士.Lv30になりました。スキル、”激情の一撃”を修得しました。スキル欄が埋まっているため、予備スキル欄に配置します。
○戦士.Lv31になりました。パーティー最大数プラス1(リーダーの時のみ適用)
○戦士.Lv32になりました。サブ職業プラス1
○戦士.Lv33になりました。スキル”武術強化”を修得しました。スキル欄が埋まっているため、予備スキル欄に配置します。
○戦士.Lv34になりました。サブ装備数4へ。
○戦士.Lv35になりました。最大スキル数プラス10になります。
○戦士.Lv36になりました。ランクアップジュエル選択。

★武器ランクアップジュエル
★防具ランクアップジュエル
★指輪ランクアップジュエル
★その他ランクアップジュエル

「……黒鬼以来だな、こんなにLvが上がったの」
「どうかした、マスター?」

 メルシュが声を掛けてくれる。

「丁度良かった。ランクアップジュエルってなんだ?」
「以前武器にランクがあるのは教えたよね。その本来のランクを一段階上げるんだよ。最大がSだから、A以下にしか使えないよ」

 そういうのもあるんだ。

「ランクの中でも、高位の装備に使った方が得だね。私としては、神代文字を刻める武器のランクを上げてほしいんだけれど」
「そうだな」

 グレートソードが使ってて一番しっくり来るし、落ち着く。

 俺は、武器ランクアップジュエルを選択した。

○戦士.Lv37になりました。サブ職業を一つ選択出来ます。

★竜剣使い ★暗黒剣使い ★光輝剣使い
★古代剣使い

 まだ上がるのかよ! いや、その方が良いんだけれどさ!

 レプティリアンの元々のLvが俺と同程度だったとすると、宝珠十個で30差。

「分かっていたことだけれど、どれだけ理不尽な条件だったのかがよく分かる……」

 どれを選ぶべきか分からないため、取り敢えず保留。

○戦士.Lv38になりました。属性強化スキルを一つ選択出来ます。

★竜属性強化 ★古代属性強化 

「順当に考えれば、竜属性強化だね」
「……そうだな」

 竜に関する物が沢山手に入っているし。

 ”竜属性強化”を選択すると同時に、さっき保留にしたサブ職業に”竜剣使い”を選択。
 更に、以前保留にしていた属性付与スキルに”竜属性付与”を選択した。

 ランクアップジュエルも、さっさと”強者のグレートソード”に使用。

「コセー!」

 ジュリーとサキと一緒に居なくなっていたモモカが、リビングの扉を開け、俺に向かって走ってくる。

「見てみて、コセ! これ、凄く可愛いよ♪」

 上機嫌な様子のモモカが、濃いピンクのドレス姿で抱き付いてきた!

「よく似合ってるな」
「えへへ~♪」

 これで杖を持ってたら、まるで魔法少女だ。

「ママ……私も、ママと同罪だったよ♡」
「とってもキュートですね~♡」

 ジュリーとサキが、ウットリとした目でモモカを見詰めていた。

 やっぱり、あの二人ちょっと怖い。

 あまりモモカに近付けないようにしよう。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く