話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

100.テイマーのサキ

『なんで勝手に、頭が竜に? だが、力が漲るぞ!』

 Lvが3も上がればな!

「ジュリー達は行ってくれ! ここは引き受ける!」
「お願い!」

 この場に残ったのは八人。

「コセ達も行け! さっきの情報を、サトミ達にも知らせた方が良い!」

 ルイーサの提案はありがたいものだった。

「気を付けろよ!」

『逃がすかよ、ノルディック!』
「ノルディック、ノルディックと、バカの一つ覚えみたいに!」

 ルイーサと、竜化したレプティリアンの男が激突した。


●●●


 競馬村を囲むレースの外側に、一件の家がある。

 一応警戒しながら、家の裏にある牧場へ。

「ジュリー様、あそこに女の方が!」

 ターバンのような物を頭に巻いた、黒髪短髪の女の子。
 服はブラウン系で統一され、黒光りする鞭を手にしている。

 ……結構エッチな格好だな。太股と胸元が強調されている気が。

『クアー!!』

 幼竜が駆け出し、女の子の元へ。

「あら、貴方は!」

 幼竜がじゃれつくと、少女が嬉しそうに抱き止める。

「貴女方が、この子を連れて来てくださったのですか?」
「ええ……まあ」

 どうしよう、茶番感が拭えない。

「ありがとうございます! この子、いつの間にか居なくなってて、ずっと心配してたんです!」

 私がディケイドウルフを連れて来ても、同じセリフを言ったんだろうなー。

「なにかお礼をさせてください! 是非!」

○以下から一つを選択出来ます。

★テイマーをパーティーに加える。
★調教師のサブ職業を手に入れる
★調教の心得のスキルカードを手に入れる。

 私は、★テイマーをパーティーに加えるを選択した。

○幼竜がパーティーから外れました。

○隠れNPCを入手したため、ユイとシレイアをパーティーから強制排除しました。


「冒険のお役に立てるかどうか分かりませんが、よろしくお願いします!」

「よろしく。へと……」
「お名前はお好きなようにお呼びください、マスター」

 ニッコリ、優しく微笑む隠れNPC。

 こうして見ると……本当に人間のよう。

○名前を入力してください。

 キーボードが表示される。

 そう言えば……考えてなかったな。

「じゃあ……サキで」

 昔、仲の良かったお姉さんの名前を付けてしまった。

「ジュリー!」
「ジュリー様!」

 ユリカとタマの切羽詰まった声!

『見付けたぞ、ノルディック!』

 翼を生やしたドラゴンが、飛んできた!?

 さっき会ったレプティリアンよりも身体が遥かに大きく、よりドラゴンっぽい!

「な、なんなんですか、アレ!? マスター、怖いです!!」

 隠れNPCが一瞬で泣き虫になって、私の背後に隠れやがった!?

『よくも我等の同胞を! 六人まとめて殺してやる!!』

「うそ」

 ドラゴンの口から、巨大な砲撃が放たれる!

「魔動壁!」

 TPの十分の一を消費して展開する、半球状の結界を展開!

 ぐううぅぅ……キツい……このままじゃ!

「”大弓術”、ハイパワーアロー!!」
「”煉獄魔法”、インフェルノカノン!!」

 ドラゴンの攻撃が止む!

 結界を解くと、ドラゴンの脚に穴が開いているのが見えた。
 翼の一部も焼け焦げている。

『ちぃ! ノルディック風情が!!』
「タマとアタシ、それにサキも違うんだけれどね」

 ドラゴンが高度を上げる!

『覚えていろ! あの赤い玉をもっと食らって、圧倒的な力で捻じ伏せてやる!』

 ドラゴンが去って行く。

「フー……ねぇ、サキ」
 
 ちょっとくらい文句を言いたい。

「ちょっと、サタちゃん。そんな物食べちゃダメだよ!」

 サタンドレイクの尻尾を引っ張り、赤い玉を食べないよう邪魔しているサキ。

 でも、抵抗虚しく食べられる。

「あれ? 幼竜の身体……大きくなってない?」


●●●


「お、おい、本当に大丈夫なのか?」
『ああ! 最高の気分だ! この力で、なにもかもぶっ壊してやる!』

 ワイルドな見た目の蜥蜴男が、両刃の斧を振り回す!

『おら、くたばれ! ハイパワーアックス!』
「シールドバッシュ!」

 蜥蜴男の攻撃を弾く!

「アヤナ!」

「くたばりなさい! ”光線魔法”、アトミックレイ!」
『死んでたまるか!』

 仲間の男を、盾にした!?

「なにしやが――――」

 アヤナが放った青白い光線にその身を滅ぼされる、盾にされたレプティリアン。

『足りねぇ! こんなんじゃ全然足りねぇ!!』
「パワーフリング!」
『ぐぁぁぁああああああああああッッ!!!?』

 逃げだそうとした蜥蜴男の左眼に、アオイが放った杭が突き刺さった!

『いだい! いだい! いだいぃぃぃ!!』

「今楽にしてやる」

 コイツはクズだが、苦しめるのは本意じゃない。

『あったぁぁぁぁッッッ!!』

 ――赤い玉が新たに出現し、蜥蜴男が飛び付いた!

『来た来た来た来た来た来た来た来た来た来た来た来た来た来たーーーー!!』

 男の身体が前傾姿勢となり、一回りデカくなる!

「傷まで再生するのか!」

『もしかしてー、吸収した分だけ強くなれんのか? こうしちゃ居られねー!!』

 赤い玉が持続的にポップするのなら、レプティリアンだけが無限に強くなれると言うこと!

「逃がしてたまるか!」
「アイスロックバレット!!」

 ナオの放った魔法が、上手く足止めになる!

「今度こそ! アトミックシャワー!」

 アヤナの魔法が、幾重ものレーザーとなって蜥蜴男に降り注いだ!

『ぐああああああああッッ!! 嫌だぁぁぁあああああああああああ!!!』

 身体の大半が蒸発したにも関わらず、まだ生きているとは!

 しかも、蜥蜴男が這いずる先には赤い玉!

「させるか! ”瞬足”跳躍”!」

 スキルの連続使用により、飛び上がりながら距離を詰め、剣を逆手に持つ!


「ハイパワーフリック!!」


 蜥蜴男が赤い玉に触れるよりも早く、その頭蓋を大剣術で貫き砕いた!


◇◇◇


『良いじゃん! 良いじゃん! ゲームバランスばっちしだね!』

 ”竜化の宝珠”二つでも、連携取ったパーティーには勝てないみたいだけれど。

『”竜化の宝珠”によるパワーアップは、一応無制限』

 時間が経てば経つほど、ノルディック側が不利になる。

『さて、他はどうなってるか…………うわー、さすが出来損ない共』

 私が仕掛けた突発クエストが、こんな結果を招くとは。

『ほんっとう! バカな奴等ー』

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く