話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

89.ゴーレム行進

「はあッ!!」

 ”強者のグレートソード”で、ゴーレムを湖に叩き落とす!

 湖に落とすだけでも倒した事になると聞いていたけれど、本当に上がってこない。

「パワーアックス!」

 背後で、ノーザンが奮戦している気配が伝わってくる。

 止めどなく橋を渡ってくる、始まりの村の突発クエストでも戦った通常のゴーレム。

 俺が倒しただけでも、既に百体近い。

 単純計算だが、残り約三百体。

「シルバーゴーレム……かな?」

 ここに来て、通常のゴーレムではなく銀のゴーレムが出て来た。

 ”転剣狼の竜巻ブーメラン”を、”武器隠しのマント”から取り出す。

「”転剣の竜巻”!」

 Y字のブーメランから発生した竜巻により、ゴーレム達が湖に落ちていくなか、シルバーゴーレム共は踏み止まっていた。

 出現するゴーレムの中に、どんなゴーレムがどれだけ居るのかはランダムらしい。

 厄介なゴーレムほど、貴重な鉱石や金属が手に入るらしいけれど。

「装備セット1に変更」

 ”強者のグレートソード”と”シュバルツ・フェー”を手に、駆ける!

 ”転剣狼の竜巻ブーメラン”は、装備を変更した際に空中で消えていた。

 ……ブーメランと”魔力砲”が使えるトゥスカの方が、適任だった気がするな。

 左手の、洒落た黒銀の大剣を振り下ろしてガードさせ、右手の、ブラウンの柄と無骨な刀身の大剣を胴に叩き付ける。

『ギガガ!』

 シルバーゴーレムを湖に叩き落とす。

「叩き落とすだけで良い分、楽だな」

 問題は、数が良いからTP・MPを節約して対処しなければいけないこと。

 いや、それ以上に体力と精神の消耗の方がまずいか。

 湖に落ちれば危ないのは、俺達も同じ。

「ふっ!!」

 次々とシルバーゴーレムが出て来る。

 十数体のシルバーゴーレムを湖に落としたとき、そのすぐ後ろから一回り大きいゴーレムがショルダータックルをかましてきた!?

「ぐぅッ!!」

 剣を交差させ、”壁歩き”で脚を吸着、”超頑強”で身体を硬くさせて耐える!

 シルバーゴーレムよりも白く、赤紫色の菱形宝石がところどころ埋め込まれた、赤マントの騎士風ゴーレム!!

「確か、パラディンゴーレムだったっけ?」

 五百体を選択した場合、パラディンゴーレム、テクニカルゴーレム、セントールゴーレム、リジェクトゴーレムの強力なゴーレムのうち、ランダムに二体が出現するらしい。

 百体の場合はゼロ。二百体の場合は一体だけだそうだ。

 一番厄介なリジェクトゴーレムじゃないけれど、湖に落とすのが一番難しいのがコイツだったっけ?

 俺が反撃に転じる前にパラディンゴーレムが一歩下がり、左手の白石の盾から、白石の柄と白銀の刀身を持つ剣が抜かれる。

 剣と盾が一体化した、二つで一つの武具。

 装備欄を一つしか使わない事に加え、武器変更の際に盾と剣の両方に対応するとか。

 俺は大剣がメインだから、微妙に合わない。

 盾を前面に掲げ、パラディンゴーレムが突撃してきた!

 盾が輝き、同時に剣を掲げる!!

 時間差による同時攻撃狙い!

 なら、正面から潰す!

「”拒絶領域”!」

 パラディンゴーレムの動きが止まる。

 本当はもっと密着した状態で放って、湖に落とすつもりだったんだけれどな!


「”二刀流剣術” クロスブレイク!!」

 
 強力な交差衝撃を叩き込んだけれど、正面だったからか耐えられてしまった!!

 直刀タイプの剣が、白銀の光を纏う。

「”黒精霊”、インフェルノ――ハイパワーブレイク!」

 白銀の剣と紫炎の剣がぶつかる!!

 衝撃に耐えられず、”シュバルツ・フェー”がどこかへと飛んでいってしまう!!

 パラディンゴーレムは――剣ごと右腕が吹き飛んでいた。

『コオオオオオオオ!!』

 盾を叩き付けるつもりなのか、左腕を振りかぶる!

「大地の盾!」

 指輪から六角形の大盾を出現させて、ゴーレムの盾を受け止めた!

 行けるか?

 TPをグレートソードに吸わせる!

「あああああああああああ!!」

 神代文字を三つ刻んだ状態で振るうも、盾で止められた!

 だが、半ばまで斬り込んでいる!


 ――もっと、世界の深淵へ!!


 更にTPが吸われ、神代文字が六文字に!

「いっけええええええええぇぇぇぇぇぇぇッッッ!!!」

 白石の盾を――真っ二つにした。

 世界が止まっているように感じるのに、俺の身体は止まらない!

 下からの切り上げ! 続いて数多の剣閃をパラディンゴーレムに繰り出し――バラバラにした。

 
 ――深淵へと踏み出した感覚に、歯止めがきかなくなっていく!!


 そのまま俺は、次々と現れる多様なゴーレムに斬り掛かる。


○○○


 背後から、凄まじい力の衝突を感じる。

 コセ様は大丈夫なのでしょうか?

 心配だけれど、確認している余裕は無い!

「”大地槌術”、グランドクラッシャー!!」

 ジュリーさんから借りた”パチモンのトールハンマー”で、先頭のロックゴーレムを砕き飛ばし、後方のロックゴーレム十数体を湖に落とした。

「ジュリーさんから借りてて良かった。後でお礼を言おう」

 借りたりするの凄く嫌なのに、ゴーレム相手には鎚が効果的と言われて、半ば無理矢理渡されていた。

 ――そうだ。

 僕のくだらないプライドのために、コセ様に迷惑を掛けるなんて事、絶対にあってはならないんだ!

「へ?」

 橋の向こうから赤いゴーレムが現れ、ロックゴーレムとは比べ物にならないスピードで迫ってくる!!

「テクニカルゴーレム!」

 両肩の裏側から伸びた、稼動する半分ずつの赤い盾。

「メルシュが、一番特殊なゴーレムって言っていた奴!」

 テクニカルゴーレムの盾が一体状態になり、前へと突き出しながら突進してきた!

「”大地槌術” グランドクラッシャー!!」

 橋はゴーレムが通れる程の横幅しかなく、真っ正面から最大限の力をぶつけるしか、対抗手段がない。

「くっう!!」

 なんとか……止められた!

 ナオさんが倒れている状態で……無理はしたくなかったけれど、仕方ない!

「”悽愴苛烈”!!」

 肉体に負荷を掛けて、無理矢理パワーを引き上げる!

「うおおおおおおおおおおおッ!!」

 押し始めてるけれど……押し切れない!

 このままじゃ!!


 いきなりゴーレムの頭が震えたかと思ったら――コセ様の黒銀の剣が、首に突き刺さっている!?


 コセ様。僕が劣勢なのを察して、背後から援護してくれたんだ!!

 あの方と巡り会えたのは、僕には身に余る光栄なのではないだろうか!!

「”一蹴”!」

 ジュリーさんからのお下がりで貰った、”一蹴の銀甲手”の能力を、ゴーレムの攻撃が止んだ隙に発動!

「”大地槌術”、グランドクラッシュ!!」

 バランスを崩した隙に、盾に阻まれない脚に直撃させて破壊! 残った上半身が湖に落ちる前に、コセ様の黒大剣を回収した。

「なんとか……ハアハア、勝てた」

 ”悽愴苛烈”の反動で、身体中に急激な痛みが走る!!

「なに!?」

 テクニカルゴーレムの盾の片割れが湖から飛び出してきて、僕を薙ぎ払おうとしてきた!!

 ゴーレムの姿は見えないけれど、石橋のどこかにしがみついているんだ!

「”紅蓮拳”、クリムゾンナックル!!」

 紅蓮の一撃により、盾を動かしていた脚が折れ、今度こそテクニカルゴーレムは湖底へと旅だった。

「ありがとうございます、ナオさん」
「もっとフレンドリーでも良いのよ。ハイヒール」

 傷が癒えていく。

「”蜘蛛くも網”!」

 ナオさんのスキルにより、接近していた黄白色のゴーレム群が動きを止めた!

「迷惑掛けちゃった分、挽回してやるわ! ”氷塊魔法”、アイシクルカノン!!」

 巨大な氷柱を発射し、動きが止まったライトゴーレム達を湖に落としていく!

「どんなもんよ!」

 固まった鼻血を拭い、声を張り上げるナオさん。

「コセ様?」

 余裕が出来たためコセ様の様子を伺うと……ゆったりとこちらに歩いて戻ってくるところだった。


「誰……か3はtz3いjdr3rwc」


「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く