話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

87.二つのSランク装備

「なんか、随分ファンシーな部屋ね」

 魔女の黒歴史の方に進んだ結果、私達はピンク一色の部屋に居る。

「小さい頃はこういう部屋に憧れたけれど、落ち着かないわ」

 ユリカは憧れたんだ。
 私は昔から、少女少女しているのが苦手だったから理解出来ない。

「まさか……魔女の黒歴史って、そういう意味なの?」
「多分、そのまさかよ」

 こういうのが好きなママが考えた部屋で、黒歴史の意味を知らないのを良いことに、パパが”魔女の黒歴史”と名付けてしまったのだ。

 第一次離婚危機の引き金である。

「タンスの中を探してみましょうか」

 幾つもあるタンスとクローゼットを荒らしていく。

 真似をしているのか、サタンドレイクの幼竜がクローゼットを開けて服を嚙み嚙みし始めた。

「色々ありますね。あ、触れたら勝手に光に」

 タマが驚いている。

「”煉獄の魔道服”! 格好いい!! これ、私が貰って良い!?」

「良いよ」

 性能的にも、炎と闇を扱うユリカにピッタリだし。

「よっし!」

 青い”深淵の魔道服”から、デザインがよく似た”煉獄の魔道服”に着替えるユリカ。

 傍にあった鏡で、格好を確認している。

 ……なんだかんだで、ユリカの胸の存在感が凄い!

 大きさでは大差無いはずなのに、形というか、張りというか……やっぱり凄いな。

「どうしたの、ジュリー?」
「な、なんでもない!」
「あ、ジュリー様、これ!」

 タマが持ってきてくれたのは、黄色と白を基調とした、ユリカが着ているのの色違い。

「”雷光の魔道服”」

 ユリカの”煉獄の魔道服”が火と闇を強化するなら、”雷光の魔道服”は雷と光を強化する。

「どうぞ」

 私が探しているのを知っていたタマが、手渡してくれる。

「ありがとう、タマ」

 早速、衣服装備を”魔術師の服”から”雷光の魔道服”に変更。
 装備セット1の設定も変更しておく。

 衣服を全て回収した事で、Cランクの魔道服シリーズを一着ずつコンプリート出来た。

「さてと、後は……」

 ご大層に高そうなカーテンで隠されている、二つのSランク装備を回収するだけ!

 奥のカーテンを、勢いよく開ける!

「こ、これは……」

 ユリカがドン引きしている。
 無理もない。私も同じ気持ちだ。

 濃いピンクのドレスと、大きなハートがあしらわれたピンクの杖を回収する。

「ジュリー……今のって」
「”魔法少女の究極ドレス”と、”ラブリーハートな脳筋ロッド”?」


「――うわああああああああああああああああああ!!!!」


 ヤメロー!! タマ、それ以上口にしないで!!

「だ、大丈夫、ジュリー?」
「ハアハア。叫ばなければ、私は死んでいたかもしれない」
「どういう事ですか、ジュリー様!?」

 リアルで同じ物を作ったママに、一生の頼みと言われて着させられ、ポーズまで取らされて……写真まで撮られた事があるんだ!

 ちなみに、ドレスはママがデザインし、杖はパパの仕事。

 杖の名前により、第二次離婚危機が起きたのは、言うまでもないだろう。

 
●●●


「相変わらず、おかしな薬品ばかりだね」
「シレイアさん、前に来たこと……あるの?」

 アタシの現マスターが聞いてきた。

「前のマスターの時にね」

 ……今も生きてんのかね、あの子は。

「……持ってくの、それ?」
「一応アイテムだからね。売れば金策にもなるし」

 棚にあった薬品を、チョイスプレートに入れていく。

 ”解毒薬”がほとんどか。”万能解毒薬”が一つ手に入っただけでも儲けもんか。

 置いてある種類は、ある程度ランダムだからね~。

「扉の奥には、”転落の魔女”が居るから。気を付けなよ、マスター」

 魔女が作ったという設定の薬品を回収し終え、マスターに目配せしてから扉を開けた。

 数歩進むと、ゲーム的な演出のために身体が硬直。

「なんじゃ、主らは?」

 部屋の真ん中で薬を作っていた老婆の手が止まり、杖を出現させる。

 手にしたのは、青い樹木で作られた”栄光の杖”。先端に拳大の紅い宝玉が埋め込まれている。

 戦士職だけのパーティーがこの部屋に入った場合に使用してくる、Aランクの魔法使い専用装備。

「くたばるが良い!」

 老婆が杖を掲げた瞬間、硬直が解けた!

「サンダラスレイン!」

「「”魔斬り”!」」

 殺到する黄白の槍群を、マスターと一緒に斬り消す!

 ”辻斬り侍のスキルカード”を手に入れていないと、戦士がこのルートを通るのは厳しい!

 通路が狭い上に、”栄光の杖”により強化された広範囲系の魔法を使ってくるんだからね。

「「”刀剣術”、介錯!」」

 ――マスターと、左右から老婆を両断した。

「終わり?」

 強敵と言った老婆が目の前で消えていくのを見ながら、マスターが呟く。

「戦士にとっては天敵みたいな存在だからね、アイツ」

 まあ、このマスターは底が知れないからな。

「あの老婆程度じゃ、壁にすらなり得ないか」

 早くこのマスターに、神代文字に対応した武器を持たせて見たいね~。


●●●


「別れ道か」

 ゴーレムの坑道を進んでいると、別れ道が現れる。

○右:ゴーレムがいっぱい
 左:坑道の主

「じゃあ、私とトゥスカが左ね」
「なんで!?」

 ナオが抗議の声を上げる。

「皆で一緒に行動した方が安全じゃない!」

「「「「今更?」」」」

 昨日だって別行動してただろう。

「三人になっちゃうと思ったら、なんか急に心細くなったのよ!」
「ナオ、昨日はあんなに年長者ぶろうとしていたのに……」

 メルシュのさり気ない暴露。

「さっさと行きましょう、メルシュ」

 トゥスカが、メルシュの手を取って左へ。

「ちょっと待ってよー! 行かないでよ~」
「今日中にボス部屋前まで辿り着きたいので。さっさと行きますよ」

 ナオさんを置いて、ノーザンと二人で右に進む。

「だから、置いてかないでって言ってるでしょうが!!」
 
 慌てて追い掛けてくるナオ。

「というか、昨日ちゃんと説明していただろう」
「そ、そうだっけ?」

 すぐに広い空間に出たと思ったら、広大な湖が広がっていた。

「こういうの、地底湖って言うのかしら?」

 黒い岩肌に囲まれた、真っ青な湖。

 その中央には木製の橋があり、奥へと真っ直ぐ伸びている。

「かなり距離がありますね」
「気合い入れて行こうか」

 木の橋を渡り始める。

「け、結構揺れるわね」
「半分浮いているような状態だな」

 足を乗せると木の板が少し沈んで、足首まで水に浸かってしまう。

「うう、足がビショビショで気持ち悪い」
「ナオさん、文句が多いですよ。第四ステージではそんな事なかったのに」
「ご、ゴメン」

 もしかして、気持ちに余裕があるからこそ文句を言うタイプか? だとすると、あまり関わりたくない人種だな。

 暫く進むと、橋が揺れ初め、ザーーッという音が聞こえてきた!

「なに? なに? なに!?」

 十数メートル先で、十字を描くように石の橋が浮き出てきている。そのせいで、木製の橋の揺れが激しくなっていく!

「キャ!!」

 ナオが落ちた!

「た、助けて!!」

 まずい、パニックになってる!

 装備を急いで解除し、飛び込む!

「コセ様!?」

 泳ぎは、得意じゃないんだけれどな!

 ナオに近付くも、暴れているため助けられない。

「た、助けて! 誰か!」

 このまま時間が掛かると、引き上げられなくなる!

「がっ!!?」

 顔面を殴って、ナオが大人しくなった後、力尽くで木の橋に乗せた。

「大丈夫ですか、コセ様!?」
「問題無い。それよりも、早く移動しないと」

 このルート、人数が多ければ有利とは限らない。

 石の橋が出現し終えるのと同時に、木の橋が端っこから分解され始めるからだ。

「急いで石橋に行くぞ! 先に行け、ノーザン!」

 衣服が濡れて重くなったナオを抱え、水に足が取られそうになるのに注意し、必死に石橋を目指す!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く