話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

86.金色のお餅と幼竜

「凄いモンスターの数」

 タマが、周りに置かれた檻の中を見ながら呟いた。

「これ、襲っては来ないんのよね?」
「ええ、大丈夫。メルシュがそう言ってたから」

 観測者に見られているのを意識し、メルシュ情報だという事をユリカに対して強調する。

 さて、ここで隠れNPCを手に入れるためのフラグを立てないといけないのだけれど……どうしよう、考えてなかった。

 どうにかして自然な流れでフラグを……思わず、足を止める。

「ジュリー様?」
「なに……このモンスター」

 私が知らないモンスターだ。

 檻の中のモンスターは獣型ばかりで、魔獣の野原に出現する個体だけと決まっている。

 決まっているはずなのに……。

「ドラゴン?」

 大型犬くらいの大きさの、黒い陸竜。

「へー、サタンドレイクの幼竜かい。腹を空かせてるんじゃないかい?」

 シレイアさんのアシスト。
 ちょっと無理があるような気もするけれど。

「そ、そう言えば、この前面白い物を手に入れましたよね!」

 ぎこちないけれど、良くやった、タマ!

 チョイスプレートを操作し、魔獣の野原で手に入れておいた”万能エサ”を実体化。

 手の上に、黄金の餅のような物が生まれる。
 
 後はこの餅を食べさせれば良いだけなんだけれど、この竜に食べさせて良い物だろうか?

 本当は、奥に居るディケイドウルフに食べさせるつもりだったのに。
 メルシュとも、そう打ち合わせしていた。

「ほら、近付いてきた。早く食べさせておやりよ」

 シレイアさんが退路を塞ぐ!

 コイツに食わせろって事か。

 この流れでディケイドウルフに食べさせるのは……さすがに無理だね。

「はい、どうぞ」

 檻の中に餅を置く。

『カウ?』

 お餅をクンクンし、ペロペロし出す。

 その後、噛み千切ろうとして上手くいかず、丸ごと呑み込んだ。

『カウ!!? カーウカウカウカウカウカウカウカウカウカウカウカウーーー!!』

 喉に詰まらせたのか、苦しんでいる様子の幼竜。

「ジュリー……これ大丈夫なの?」

 心配そうに尋ねてくるユリカ。

「さ、さあ?」

 大丈夫なはずだけれど、実際に目の前で苦しんでいるのを見ると……可哀想だな。

『ゲフッ!!』

 黄金の餅が吐き出され、ネトネトの粘液と金属の棒が付いた状態で目の前に落ちる。

 ……汚い。

 でも、これも隠れNPCを手に入れるため!

「うう!」

 金色のお餅から、金属を抜こうと引っ張る!

 お、思ったよりも……キツいぃぃ!

 お餅を押さえている左手の平に纏わり付く粘液、気持ち悪いよーー!!

「くぬぬぬぬ!!」

 スポン! と、抜けた!!

「鍵みたいだね」
「檻の雰囲気と……似てる」

 シレイアとユイが流れを作ってくれる!

「き、きっとこの檻の鍵なんだよー! は、早く出してあげたら!」
 
 ユリカの棒読み演技! 棒読みなのにテンション高いから、余計に変!

「はいはい」

 もう、色々面倒くさくなってきた。

 手が粘液まみれのまま、鍵穴に差し込み、左に捻る。

 ガチャリと音が鳴り、ドアを開けると……幼竜がノソノソ出て来た。

『クアーーーー!!』

 私に向かって幼竜が鳴くと、チョイスプレートが現れる。

○特殊イベント発生。NPCの幼竜が、パーティーに強制加入しました。

 ふう、上手くいった。
 現在の私の最大パーティー人数は五人だけれど、幼竜は含まれないようだ。

○幼竜を第六ステージまで連れて行くと、良い事があるかもしれません。

 オルフェから聞いていた通りの流れ。

「この子を、第六ステージまで連れてけば良いみたい」
「なら、ちゃっちゃと進もうかい」
 
 牢屋が並ぶ部屋を幼竜と共に進んでいき、ディケイドウルフが居る横を通って、再び狭い通路へ。

「別れ道ですね」

○右:魔女の黒歴史
 左:魔女の作業部屋

「……黒歴史って」

 ユリカが静かに驚いている。

 まあ、ユリカがどういう想像をしているか知らないけれど、実際は予想の斜め上を行くだろうな。
 ……ハー、憂鬱だ。

「作業部屋の方が、有用なアイテムが多いんじゃないかい?」
「私は黒歴史の方が気になります」

 シレイアとのこの会話も、事前の打ち合わせ通り。

「パーティーを分けましょう。私は右に行くわ」
「なら……私とシレイアは左」

 ユイとシレイアが私のパーティーから外れ、魔女の宝物庫へ。

 私とタマ、ユリカと幼竜で魔女の黒歴史へと進む。


●●●


「金色のゴーレム! ゴルドゴーレムです!」

 ブラックオリハルコンゴーレムを倒して先に進んでいると、メルシュが敵を視認するなり叫んだ。

 ゴルドって名前についているって事は、魔法ダメージを半減させる”黄金障壁”持ちのはず。

「なら、私が行きます」

 トゥスカが前へ出ると同時に、魔法陣から黄金の散弾が飛んでくる!

「”魔斬り”」

 幾つかは躱すと同時に、”古生代の戦斧”で斬り消していくトゥスカ。

 アクロバティックな動き……綺麗だな、俺の妻。

「”咎の転剣”」

 左手の平の上に、禍々しいX字の巨大黒ブーメランが生まれる!

「”逢魔転剣術”、オミナススラッシャー!!」

 更に禍々しさが増した状態で、回転しながらゴルドゴーレムに接近。

 ――容易く黄金の巨兵を両断した。

 だが、まだ動いている!

「オミナスコントロール!」

 X字ブーメランが戻ってきて、躱そうとしたゴーレムに合わせて軌道を変更!

 今度は頭と胸を真二つにし……光に還した。

「宝箱?」

 ゴーレムが消えたのち、黄金の宝箱が出現。

「頼む、メルシュ」

 現在”盗賊”は、サブ職業に余裕のあるメルシュが装着していた。

 ちなみに、俺は”盗術”を予備スキルの方に移動させているため、今は罠を探知出来ない。

「大丈夫、罠は無いみたい。開けるよ」

 メルシュが宝箱を開けると――その中には黄金の指輪。

「”黄金障壁の指輪”だね。Sランクの指輪……よくドロップしたな。確立千分の一くらいのはずなのに」

 メルシュが不思議そうに呟く。

「名前からして、魔法ダメージを半分にしてくれるのか?」
「うん。取り敢えず、誰が装備する?」

 俺は、一応指輪装備欄が埋まっているからな。魔法に対抗する手段も幾つかあるし。

「ナオさんで良いんじゃないか?」

 本当はトゥスカと言いたいところだが、トゥスカは”古代の力”で魔法問わずダメージを五分の一にするし、ノーザンは”ゴルドサタン”に”黄金障壁”の効果が付与されている。

 ナオは装備もスキルもメルシュに劣っているから、この中で一番弱いし。

「い、良いの?」
「良いけれど、貴重なアイテムなので、サトミのところに行くときには返してね」

「……返すのか~」

 メルシュから受け取った指輪を、ウットリとした目で見ているナオ。

 ……果たして、返してくれるのだろうか?

「さあ、早く行きましょう!」

 だらけた笑顔のまま一人で進んでしまう年長者を、俺達は慌てて追い掛けた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く