話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

85.シュバルツ・フェー

 昨日の続き、左側の”魔女の工房”を予定道理のメンバーで探索していく。

 通路は狭く、なんとかすれ違える程度の幅しか無い。

 そんな通路を下へ、下へと進んでいく。

「そろそろだよ」

 先頭を行くシレイアさんの合図。

 ジメジメが強くなり、熱気が肌を濡らしていく。

『ガウガウガウガウ!!』

 気が立っていそうな、獣の吠え声。

「行くよ、マスター!」
「うん」

 下りが終わり、教室の横幅くらいある空間に出て、犬のようなモンスターに向かって駆けるシレイアさん。

 打ち合わせ通り、私はシレイアさんとは別の方向に駆け、赤黒い犬の首を落とす。

 メルシュさん達から聞いた話しだと、ここは魔法使いに不利なルートなのにも関わらず、魔法使い専用の高ランク装備が手に入るらしい。

 ……リアルハーレムのコセさんと一緒に行動させて貰えないの……不満。

 同じパーティーに隠れNPCは一人だけしか入れられない。

 隠れNPCが奴隷解除出来ない以上、同じく隠れNPCを所持するコセさんとパーティーを組めることは、今後も無い。

「マスター、どっか怪我した?」
「ううん、大丈夫」

 犬を四体斬った後……ボーッとしちゃってた。

「ユイ! シレイア!」

 ジュリーさんの声が届いたときには、魔法の炎が傍まで迫っていた。

「”魔斬り”」

 一閃。

 炎が幻影であったがごとく、消失した。

「さすが。初めてでタイミングばっちしか」

 大袈裟に驚くシレイアさん。

「いつ斬ればいいか、なんとなく分かったよ?」

 スキルの効果なんだろうけれど。

「それが分かっても、慣れるまでには時間が掛かりそうな物だけれどね。フン!」

 そう言いながら、シレイアさんも大刀で竜巻を切り裂いている。

『ヒヒヒヒヒ、サンダラススプランター』

 黄白の雷を、黒ローブを纏った老婆が放ってきた!

「”避雷針”!」

 雷が曲がり、ジュリーさんの剣に吸い込まれる!

「”雷光斬”!」

 ジュリーさんが放った緑雷の斬撃により、老婆の一人が斬られた。

「インフェルノバレット!」

 ユリカさんにより放たれた紫の散弾。それを二体の老婆が、半球状の白半透明なバリアを生み出して防ぐ。

 あれが”魔法障壁”。魔法を完全に防ぐ、魔法使い専用スキル。

「お願い、ユイ!」

 だから、”技能取得”を持っている私が、率先して倒す必要がある。

 愛刀の”ムラマサ”を収め、走りながら、昨日手に入れた”辻斬りの打刀”に手を置く。

 太刀であるムラマサよりも、打刀の方が短いから抜きやすい。

「”抜刀術”――紫電」

 一太刀で、二人のしわくちゃ老婆を切り裂いた。


●●●


「”氷炎魔法”、アイスフレイムバレット!」

 石のゴーレムを青い炎が覆い、凍って、ゴーレムごと砕けていく。

 右側の”ゴーレムの坑道”に進んだら、いきなり襲ってきたし!

 でも、密集している分倒しやすい!

「氷属性で攻撃すると、鉱物の塊であるゴーレムは特に動きが鈍るからね」

 メルシュの解説。

「サタンブレイク!」

 ノーザンが黄金の斧を叩き付けると同時に、衝撃波を生み出し、氷付けになっていたゴーレムを一気に砕き消した。

「運がよければオリハルコンのゴーレムとかがが出るんだけれど……出ないね」

 石のゴーレムを一掃後、奥へと進んでいると、広い空間に出た。

「お、ブラックオリハルコンゴーレムだ。やっぱり、マスターは持ってるね」
「持ってるってなんだよ……」

 トゲトゲしいパーツのある、黒光りしたゴーレム。

「マスター、アレを試してみてよ」
「そうだな」
「ご主人様、一人で宜しいのですか?」
「ああ、危なくなったら頼む」

 コセが、一人で黒ゴーレムに近付いていく!

「ねー、アレ強そうだけれど大丈夫?」
「コセ様なら、問題ありません」

 メルシュとトゥスカに聞いたのに、自信満々に返事をしたのはノーザン!

 本当、昨日一日でなにがあったんだか。

「武器交換、”シュバルツ・フェー”」

 コセの鎧と似た意匠の大剣が形を変え、銀細工が施された黒の大剣になる。


●●●


 メルシュからの贈り物、”シュバルツ・フェー”を手にし、黒金属のゴーレムに近付いていく。

「”黒精霊”」

 メルシュに教えて貰った、”シュバルツ・フェー”の能力を使用。

「”煉獄魔法”、インフェルノ」

 インフェルノを発動すると、”シュバルツ・フェー”に紫の炎が吸い込まれ、刀身に纏われる。

 自分かパーティーメンバーの魔法を剣に宿し、無属性の剣術系スキルを一度だけ強化する。
 それが、”シュバルツ・フェー”に宿った”黒精霊”の能力。

 ジュリーの剣は雷に特化している分、”シュバルツ・フェー”は敵の魔法や魔法以外の攻撃は吸収できないという違いがある。

「ハイパワーブレイク」

 ブラックオリハルコンゴーレムが一歩踏み出し拳を打ち込んできたが、下から煉獄の剣で切り上げ――腕を吹き飛ばした。

「……強い」

 中々の威力。
 ただし、纏っていたインフェルノが消えてしまった。

「ハイパワースラッシュ!」

 弾けた腕の方の脇を通り、すれ違いざまに胴をな――ごうとして弾かれた!!

 思っていた以上に、”黒精霊”で威力が上乗せされていたようだ。

「”古代竜魔法”、ドラゴノヴァ」

 一瞬の発動後、”黒精霊”発動状態である”シュバルツ・フェー”に竜の力が吸い込まれる。

 ドラゴノヴァは、インフェルノよりも強力な魔法だ。

「ハイパワーブレイク!」

 さあ、どんな結果になる!

 ――想像を遥かに越える衝撃波が発生し、俺の身体が吹き飛んだ。

「いっ……つー」

 ”滅剣ハルマゲドン”の、”終末の一撃”に匹敵する威力が出ていたぞ!

「大丈夫ですか、ご主人様?」
「ああ、大丈夫だ」

 ブラックオリハルコンゴーレムは、跡形も無く吹き飛んだようだ。

「MP全消費のドラゴノヴァと組み合わせたからか、とんでもない威力だったね」

「今の一撃はともかく、”煉獄魔法”との組み合わせは使い勝手が良さそうだ。ありがとう、メルシュ」
「そうでしょう、そうでしょう♪」

 大袈裟に喜んでいる姿が、照れ隠しに見える。

「…………怖い」
「さすがコセ様」

 先程の威力に驚いて固まっているナオと、にこやかなノーザンという対照的な様子が、とても印象に残った。

○”ブラックオリハルコン”×3を手に入れました。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く