話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

84.心地の良い音

「これが、”辻斬り侍のスキルカード”だよ」

 夜、メルシュによって、笠を被った侍の絵のカードがリビングのテーブルの上に広げられた。

「手に入るスキルは”魔斬り”。コツが要るけれど、斬撃武器を装備している人は取得しておいた方が良いかな」

「へと、槍だと適用されないんですよね?」

 槍メインで戦うタマの確認。

「槍や棍棒の場合は、”魔突き”の方になるからね」

「私の杖なら使えるんだったわね」
「一枚貰うよ」

 ユリカ、ジュリー、ユイ、シレイア、ノーザン、メルシュ、トゥスカ、俺がスキルカードを受け取り、チョイスプレートにしまってから使用を選択した。

「こっちは”凝血のマント”になります」

 血のように赤い、軽いマント。

「近接戦が不得意な人にお勧めです」
「じゃあ、私が貰っても良い?」
「良いよ」

 ナオとメルシュだけが使用するようだ。

 まあ、ここに居る者は大抵近接戦をこなすしな。
 
「これ、今日手に入れたスキルカード。少ないし大したスキルじゃないけれど」

 ジュリーが、様々なスキルカードをテーブルに並べた。

「じゃあ、気になったカードがあったら遠慮なく聞いてね」
「アタシも答えられるよ」

 メルシュとシレイアが解説し出した。

「コセは良いのか?」

 尋ねてきたのはジュリー。

「ああ、それなりにスキル数は多いから。それより聞きたいことが」
「なに?」

 チョイスプレートを開いて、ある箇所を見て貰う。

「”ヴェノムキャリバー”が自己修復中になってるんだけれど?」

 ”鉄の短剣”の時は、損壊状態と表示されていたのに。

「ああ、”自己修復”効果がある武具は、鍛冶屋に持っていかなくても修復されるんだよ。S級武器なら大抵が備えている効果だ。B級でも稀にあるけど」

「修復ってどれくらいで終わるかな?」
「損傷率次第だと思うけれど、一日から二日で大抵は直るはず」

 さすが、ゲーム開発者の娘。

「コセ……キスしていい?」
「……なぜ?」
「ユイが見てるから」

 耳元で囁くジュリーの声に、トクンと胸が高鳴る!

 唇をゆっくりと近付けることで、返事とした。

「ん♡」

 ジュリーとのキスに、あまり抵抗を感じなくなっている。

 良いのかな、これで……。

「コセ」

 ――気付いたら、唇をユリカに奪われていた!
 今朝と同じパターン。

「ユリカ?」
「会えないのが寂しかったから♡」

 粗野だったユリカが、どんどん女っぽく!

「お、俺、風呂に入ってくる!」

 このままだと、いつか理性が保たなくなるかもしれない!


             ★


「ハー……気持ちいい」

 檜風呂……至福だ。

「失礼します、コセ様!」

 ノーザンが、タオル一枚巻いた状態で入ってきた!?

「勝手にお目を汚す無礼、お許しください」
「なんでそんなに慇懃無礼な態度?」
「お許しを。どうしても伝えたい事があり」

 俺の話を聞いてない!
 湯に入り、近寄ってくるノーザン。

「コセ様、もしまた意識が持っていかれそうになった場合は、性を強く感じてください」

「……ん?」

 ノーザンと……キスしたときの話しをしているんだよな?

「どういう事なんだ?」
「俗的な感覚を持てば、あの感覚に襲われづらくなります。ですが、コセ様の崇高な在り方は、それを許さないでしょう」

 この子は、俺のなにを知っていると言うんだ?

 というか、同い年なのに見た目のせいで、つい年下扱いしてしまう。

 多分胸は……ユリカに匹敵するけれど。

「なので、突発的に強い俗的な感覚、性欲を刺激させるのです」

 ……聞くのが嫌になってきた。

「もしあの感覚に襲われたら、手近に居る女とキスしたり、胸を揉んでください。良いですね!」

 実際、ノーザンとのキスで意識が持っていかれる感覚が霧散した。

 説得力はあるんだよな……説得力は。

「僕なら……その……なにしても大丈夫なので♡」

 モジモジしながら、頬を染めるノーザン。

「なんでそこまで……」
「それが、僕の使命ですから…………あの、コセ様が使っている鎧と大剣……どうやって手に入れました?」

 剣呑というか、殺気一歩手前の圧を、ノーザンから一瞬感じた。
 
「剣はグレートオーガを倒して手に入れた。鎧は……骸骨が身に付けていて、俺にくれると言ってくれたんだ。俺は礼を知っているからと言って」

 あの時の骸骨の言葉、何気に嬉しかったな。

「……そうでしたか。正式に受け継いだということなのですね…………コセ様!」

 ノーザンがザパリと湯から上がり、熱い視線を送ってくる?

「いつか僕に、コセ様の子供を仕込んでください!」
「……き、気が向いたらな」

 それだけ言って、逃げるように浴室から出て、自室に駆け込んだ!


●●●


「ナオ。貴方は将来、政治家かその妻になりなさい。無理そうなら、メディアの仕事に就くのよ!」

「どうして?」

 幼い私は、母にそう尋ねた。

「祖国のために、卑怯者の民族が住むこの国を内側から滅ぼすのよ! 貴方は、そのための手助けをするの! 私達最優秀民族の国をいつまでも後進国扱いする、嘘吐き政府を打倒し、同胞の息の掛かった政党を、この国の与党に据えるのよ!」

「でも……お父さんは? お父さんは優しいよ?」
「騙されちゃダメよ、ナオ。あの男は嘘つきなんだから!」

「ならなんで……」

 ならなんで、お父さんと結婚して、私を産んだのか。そう聞こうと思ったとき、お父さんが仕事から帰ってきた。

「ただいま。外、もう暗いよ。灯り点けないの?」
「あら~、お帰りなさい、アナタ♪」

 お父さんを嘘吐きと罵ったその口で、私の母親は、お父さんに甘え声を出す。

 どちらの方が嘘吐きなのか。

 それから暫くして、私の両親は別れた。

 私の弟が、お父さんの子じゃないと分かった事が切っ掛けで。

 それでもお父さんは、私達を引き取って、育ててくれた。

 そのお父さんの優しさは、弟には伝わらなかったみたいだけれど。

「ふあ~あ……朝か」

 嫌な夢見ちゃった。

「……起きるか」

 水でも飲も。

 着替えて、台所に向かう。

「……コセ? ……なにしてるの?」
「おはよう、ナオさん……ちょっと、早く目が覚めちゃって」

 大きな鍋で、なにかを煮込んでいるらしい。

「コセって、優しいよね」
「朝ご飯作ってるだけで?」
「そういうわけじゃないけれど……でもさ、コセって損する性格でしょ? 色々押し付けられたりとかさ」

 戦力外のはずの私やノーザンを、受け入れてくれたみたいに。

「まあ……この世界に来る前は、そうだったかな」

 ちょっとだけ、お父さんに似ている。

「ナオさんは、やっぱり帰りたいんですか? 元の世界に」
「……嫌かな」

 お父さんは過労で死んだ。私と弟のために、精神的にボロボロな状態で、朝から晩まで働いて。

 高校生になって、ようやくバイトを始められるという矢先にお父さんが死んで……あの母親は、弟だけを引き取っていった。

 本当は私の事、思い通りにならないから嫌いだったって言い残して。

 私は、自称最優秀民族のアイツらが嫌いだ。

 自分に半分、その血が流れているのがお父さんに申し訳ない。

 あんな奴等が生きている世界に、戻りたくなんてないよ。

「コセ……無理しちゃダメよ」
「へ? ああ、はい」

 コイツ、悪い意味でお父さんに似てるわ。

 静かな空間にグツグツという煮える音が響いて、なんか心地良くて……皆が起きてくるまで、私はコセの近くでその音を聞いていた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く