話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

80.スキルキラー

 巨大な黒いヒルが、天井からボタボタと落ちてくる!

「”煉獄魔法”、インフェルノ!」
「”紅蓮魔法”、クリムゾンフレア!」

 頭上のヒルをユリカが焼き払い、地面に落ちたヒルはメルシュが焼却する。

 このヒルは、火属性が苦手らしい。

 だったら、なんで氷特化の私を入れた!

 ヒル気持ち悪いし、ジュリー達と一緒が良かったよ~。

「ナオ、ちゃんと付いてこないと危ないよ」
「う、うん……」

 メルシュの忠告に感謝。

「ユイはなんともないの?」
「……なにが?」

 あ、この子全然気にしてない。

「あ、出た。ユイ、ナオ、お願い!」

「うっ!!」

 派手なオレンジ色の体色を持つ、痩せ細った男のようなモンスター。

 頭は、たらこ唇の魚のよう。

「あれがチュパカブラか」

 確か、奴の攻撃方法は――。

『ギエーーー!!』

 舌を伸ばして、先端のぶっとい針を突き刺す!

「ハッ!」

 ビュルリと高速で迫ってきた舌を、ユイが抜刀と同時に切り裂いた!

 これが、日本の居合いってやつ?

「ナオさん」
「ああ、ごめん! アイスカノン!」

 舌を無くして苦しむチュパカブラに、氷の杭を叩き込んだ。

「あうぅ……ごめんね」

 生きてるわけじゃないって分かってても、生き物に怪我させるって抵抗あるなー。

 始まりの村に辿り着いたとき、モンスターを殺すのが嫌で……五日間なにもせずに奴隷堕ち。

 本当、私ってバッカみたい!

「また来ますよ!」

 メルシュの声に確認すると、最初のチュパカブラが倒されたのが合図だったみたいに、ぞろぞろと別のチュパカブラが!

「私に任せて!」

 無理言って同行させてもらってるんだから、活躍しなきゃ!

「”氷塊魔法”、アイシクルバレット!」

 チュパカブラ共を串刺しにしていく。

「フッフッフ、どうよ!」

 あっという間に全滅! 私が本気を出せば、こんなもんよ!
 年長者の威厳、見せられたかしら♪

「さっさと進まないと、またヒルに囲まれるよ」

「あ、ちょっと待って!」

 皆の反応、薄くない? リョウ達ならもっとなにか言ってくれるのに!
 
 メルシュ達が、私を置いてさっさと進もうとした時だった。

 ――ボトッて、なにかが私の背中に乗ったのは。


「イヤーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッッkjkjっsfg!!!?」



●●●


「お父さん、どこ行くの?」
「アクァッホの蛮行を止めるため、俺は戦わねばならない。じゃあな、ノーザン。叔父さんの言うことを、よく聞くんだぞ」

 そういって頭を撫で、父は僕の前から去って行った。

 僕のお母さんは、僕を産んでまもなく死んだ。

 だから、僕の親はお父さんだけという認識が強い。

 獣人ではなかったお父さん。別の世界から来た、日高見の方々の末裔。

 龍の意を持つ者に敬意を。

 それが、私達の祖先が日高見の方々に対して抱いた想いであり、これまで伝え続けてきた教え。

 神々に、愛される資質を持った方々。

 アクァッホの血を色濃く受け継ぐ者達によって、死の遊戯に参加させられた日高見の方々を守るため、お父さんはアクァッホに戦いを挑んだんだ。

 日高見の血を引く、お父さんは。

 ――頭が、ボーッとする。

「……お父さん?」

 僕は、縋るようになにかを掴んでいた。

 お父さんに、よく似た手を。

「おはよう、ノーザン」
「…………コセ!」

 自分が誰の手を握っているか理解した瞬間、慌てて立ち上がり、飛び退く!

「おい、急に動いて大丈夫か?」

 頭が、クラクラしてきた……。

「ヒール」

 温かい光が、僕を包み込む。

「……どうも」

 に、助けられるなんて!

「歩くのが問題無ければ、このまま進もうと思うんだけれどどうかな? この先暫くは、一対一の戦いしか無いし」

「大丈夫です」

 この人が分からない。

 変に優しくもないし、乱暴というわけでもない。個性とも言えるクセのような物を、この人からは感じられない。

 歪さがとても薄い。

 そのせいで、この人の人としての在り方がよく分からないんだ。

 理解出来ない者は理解出来ないと感じ取れるのに、この人の場合、なにが理解出来ないと思わせるのかが理解出来ない。

 こんなの……初めてだ。


●●●


「”法喰い”!」

 シレイアが”法喰いのメタルクラブ”を使い、銀甲冑の騎士、マジックナイトが放った魔法を消し去る。

「”狂血剣術”、ブラッドスラッシュ!!」

 突発クエストで手に入れたサブ職業を使い、赤黒い血を纏った”アマゾネスの大刀”が、マジックナイトを切り裂いた。

「ちょいと楽勝過ぎるね、コイツは」

 長い黒髪と大きなバストを振りながら、踵を返すシレイア。

 マジックナイトを倒したことで、奥の扉が開く。

「”エレメンタルソード”、B級だね。要るかい、現マイマスター?」
「いや、要らない」

 ドロップアイテムをくれようとするが、遠慮した。

 メルシュのおかげで、A級の武器が手に入ったばかりだし。

「まあ、魔法使い向けの武器だしね」
「じゃあ、次は俺だな」

 扉の向こうへと進み、マジックナイトやゴルドソルジャーと戦った場所とよく似た部屋に出る。

 次の一騎打ちの相手は……筋骨隆々でありながら細身を思わせる、黒褐色の肌に銀髪の戦士。

「凄いね。二番を引き当てたと思ったら、今度は一番の強敵を引き当てるなんてさ」

 シレイアの言葉に、敵の正体を察する。

「コイツが……スキルキラー」

 あらゆるスキル攻撃が効かない敵。

「気を付けなよ、マスター。スキルキラーはスキルを使って来ない分、身体能力がずば抜けてるからさ」

「ああ……うん」

 コイツ相手だと、メルシュのプレゼントは意味を成さないな。

 チョイスプレートでYESを選択し、部屋の中心部へ。

○スキルキラーが使用する、武器ランクを設定出来ます。

       A級  B級  C級 


 スキルを使ってこないなら、武器ランクでかなり難易度が変わりそうだ。

「ここで、Aを選ばないわけにはいかないよな」

 選択を終えると、赤紫の刀身に紫の刃と柄という色合いの両刃の大剣が、スキルキラーの右手に握られる。

「”ヴェノムキャリバー”、猛毒の剣だ! 触れるとヤバいよ!」

 猛毒!? 状態異常を防ぐ装備やスキルなんて無いのに!

 使う武器はランダムなため、対策のしようが無かった。

 スキルキラーが身を屈め、剣を振りかぶる!

 曲げられた左脚をバネに、一気に距離を詰めてくるスキルキラー!

「”瞬足”!」

 横に飛んで、スキルキラーのこうげきを回避――と思いきや、振り下ろさずに右脚で方向転換し、すぐに接近してきた!?

「ハッ!!」

 気合いの声を上げ、”強者のグレートソード”で”ヴェノムキャリバー”を受け止める!

「く……ぐッ!」

 膂力じゃ……勝てないぃぃッ。

「ハルマゲドンは使わないのかい?」
「アレに……頼りたくないッ!」

 この前の突発クエストの時、”滅剣ハルマゲドン”が使えていれば、安全にデスアーマーを倒せただろう。

 でも、普段から頼っていたら、いざという時に力を発揮出来なくなりそうで怖い!

 アレは、本当に危ないときのための切り札として使う!

 そう決めたんだ!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く