話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

79.牛獣人のノーザン

 第五ステージのダンジョン入り口である洞窟に入ると、すぐに三つの別れ道が現れる。

○左:魔獣の野原
○真ん中:戦士の戦場
○右:血に飢えた迷路

「気を付けてな、トゥスカ」
「ご主人様も、お昼に会いましょう」

 トゥスカとキスを交わし、予定通り俺が真ん中の道へと進もうとした時だった。

「コセ」

 名前を呼ばれたので振り返ると――ジュリーに唇同士でキスされた!?

「なんで……」
「私のパパとママは、しょっちゅうしてたからさ♡」

 蠱惑的なジュリーの態度に、ドキッとさせられる!

「なら私も」

 呆けていたら、ユリカにも唇を奪われた!

「お、お前ら」

「「フフフフフ♡」」

 二人とも、この前の突発クエスト辺りから妙に積極的になった気が……。

「……リョウ達の方がマシだったかも。ハァー」

 呆れた様子で、ナオさんが右の洞窟へと進んでいった。


●●●


 フフフフ♡ コセとまた、キスしちゃった♡

「良いな~、ジュリー様」
「タマ、あんまり積極的になるとご主人様は引いてしまうから、程々にね」

 ぐ! 急に冷や水を浴びせられたような気分に!!

 多分、トゥスカがコセの一番の理解者だろうからな。

 き、気を付けないと。

「……出口が見えてきた」

 洞窟の中に、陽光が差し込む。

 暫く歩くと、洞窟の外へと出た。

「色んなモンスターが出て来ましたね」

 ここ、魔獣の平原では、様々な獣型モンスターが襲ってくる。

「それだけ色々な素材が手に入りそうだね。出来るだけたくさん狩っておこう」

 トゥスカと、打ち合わせ通りの会話をする。

 私達三人は、この平原で百種類以上のモンスターを討伐することで手に入るドロップアイテムのため、このルートを選んだ。

 隠れNPCを手に入れるために必要な、特別なアイテム。

 事情を知らないナオとノーザンを、私達のパーティーに入れなかった理由でもある。

「では、私は援護に回ります」

 トゥスカが一歩下がる。

 何故かというと、トゥスカが私とタマとは別パーティーだからだ。

 トゥスカはコセの奴隷であるため、私達とはパーティーを組めない。
 一度奴隷から解放すると二度と奴隷に出来ないため、トゥスカが拒んだのだ。

 一つのパーティーで百種類以上のモンスターを倒さないと意味が無いから、トゥスカに活躍されると困るのである。

 コセの奴隷でいたい……か。

 理解出来るような、出来ないような。

 まあ、今の私とタマなら、第五ステージのモンスターの大群くらい問題無い!

 低級だけだけれど、様々なスキルカードを大量に手に入れるチャンスでもあるし、三百くらい行ってみようか!

「”魔力砲”!」

 取り敢えず、MPを半分消費して数十体まとめて葬り去る。

「”避雷針”、”雷光”」

 ”雷光の甲手”から生まれた雷光を、”避雷針”を発動した状態の”避雷針の魔光剣”に吸わせた。

「”雷光斬”!」
 
 雷属性の斬撃により、十数体を切り裂く!

 吸わせた攻撃の威力により、“雷光斬”の威力も変動する。

「”ホロケウカムイ”!」

 青い陽気を纏ったタマが、別方向から押し寄せる魔物の群れへ!

「”逢魔槍術”、オミナスストライク!!」

 先頭のワイルドグリズリーごと、十体以上のモンスターを紅の槍で吹き飛ばす。

 そのまま、モンスターの群れの真上へと跳躍するタマ。

「”咎槍”、”投槍術”、セブンジャベリン!」

 ”咎槍”が輝き、七つに増えてモンスターの群れの中へ。

 分散させたとはいえ、ホロケウカムイ発動状態での”咎槍”を媒介にした発動。
 このステージのモンスター数十体の息の根を止めるには、充分な威力があった。

 Lvも装備もスキルも、本来第五ステージではあり得ないくらい充実している。

 相性や特別な条件下でならともかく、突発クエストでも起きない限り、暫くは私達が勝てない敵はいないだろう。


●●●


 緑の甲冑を着た騎士達が、襲ってくる。

「あらよっと!」

 アマゾネスのシレイアが”アマゾネスの金棒”で突き飛ばすと、すぐに光に変わっていく。

 弱い。

 ”下級騎士”というモンスターらしいのだが、さして強くない。

「代わろうか、シレイア?」
「良いから良いから、ココはアタシに任せな。面倒なのが出たら交代するからさ!」

 コイツ、ずるい!

「とか言っているうちに、見えてきたよ」

 洞窟の空間が広くなると、そこには二メートルを越える黄金の騎士が佇んでいた。

「”ゴルドソルジャー”。魔法ダメージを半減させる、”黄金障壁”を使うモンスターだね。いきなり厄介なのが出るとは。誰が行く?」

 戦士の戦場は、魔法があまり効かない戦士系モンスターと、何度か一騎打ちをしなければならない。
 ちなみに、出て来るモンスターはランダムで、全部で十三種類居るとか。
 その中でも、メルシュがニ番目に厄介だと言っていたのがゴルドソルジャーだ。

「新しい武器を試したいし、俺が行くかな」
「すみません、僕に行かせてください」

 申し出てきたのは、ノーザン。

「良いのか?」
「僕の武器……強力なのが必要なので」
「だからゴルドソルジャーと? 分かってんのかい、アンタ? ゴルドソルジャーの武器は、強力な”黄金の太陽系”シリーズだよ?
「大丈夫です」

 小さな女の子が前に進み出て、チョイスプレートを操作し始める。


●●●


「ノーザン。お前はもうすぐ、デルタに連れて行かれる事になるだろう。その先で、アクァッホから龍意を持つ者を守れ。それが、お前の使命だ」

「分かりました、叔父さん。必ずや、父を見付け、龍の民を守ってみせます!」

 それから一ヶ月後、僕は一昨日、

 コセ。龍の民の男。

 この男から父の事を聞き出すまでは、死なせるわけにはいかない!

 だが、もし父を手に掛けたのがこの男であれば……殺す。


○ゴルドソルジャーと戦いますか?

 部屋の入り口付近に近付くと、チョイスプレートが出現。YESを選択すると黄金の首輪が嵌められた。

 僕が部屋に入ると、ゴルドソルジャーの手に光が集まり、黄金の斧を形成する。

 A級中位の武器、ゴルドサタン。

 ゴルドソルジャーは一騎打ちの際、相手と同じ得物を使用する特徴を持つ。

 僕は、トゥスカさんから借りた”古生代の戦斧”を構える。

 ”古代の力”という、防御に優れた力があるらしいS級武器をあっさり貸してくれるなんて、トゥスカさん達は何を考えているのか。

 いずれ返さねばならない物だから、早く代わりになる武器を手に入れておきたいと思っていた矢先に、コイツが現れた。

『オオオオオオオォォォォォォォォ!!』

 仮面を付けたマントの男が、前に出る。

 姿勢を低くして横薙ぎを回避し、”古生代の斧”を金色のお腹に打ち付けた。

「……硬い」

 ろくに傷付きもしない。

「”深淵斧術”、アビスブレイク!」

 すぐに背後に回り込み、一撃を入れる!

 赤いマントが裂けるも、黄金の鎧は多少凹んだだけ。

『サタンブレイク!!』
「ぐあああああッ!!」

 斧そのものは避けたけれど、茶色いマーブル状の衝撃波に吹き飛ばされる!

「く!」

 思ったよりもダメージが少ない。”古代の力”のおかげか。

「フー」

 もっと強く、より苛烈に!

「”悽愴苛烈”」

 ”無名のスキルカード”を使い、伝統の山村付近で出たレアモンスター、ボルテージバッファローから手に入れたスキル。

「はあああああッ!!」

 ”瞬足”で踏み込み、”振り抜き”が発動するように全力で振るう!

「”深淵斧術”、アビススラッシュ!」

 左脇下から、右腰に掛けて切り裂いた。

 ゴパッ!! と、黄金の血が飛び散る。

 ”悽愴苛烈”の反動で、痛みが身体を苛む!

「ノーザン!!」

 男の緊迫した声!!

『オオオオオッ!! サタンブレイク!!』

 ゴルドソルジャーの横薙ぎを、”古生代の戦斧”で受ける!!

「ぐううッ!!」

 痛んだ身体に、衝撃が駆け抜けた!

 手脚の先端が、バラバラになりそう!!

 耐えているうちに、ゴルドソルジャーは光へと変わっていく。

「プハッ!! ハアハア、ハアハア」

 あ、危なかった!

「ノーザン! ハイヒール!」
「思ったよりもやるね、アンタ」

 コセとシレイアが近付いて来てなにかを口にしたところで、僕の意識は…………。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く