話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

77.風邪で大人しく

「美味かったー!!」
「久し振りに食べると美味しいね」
「疲れてたから余計に美味しい!」

 俺とジュリー、ユリカの順にうな重の感想を述べた。

「ありがとうな、トゥスカ」
「喜んで貰えて嬉しいです♡」

 また、トゥスカと結婚してよかったって思えたよ。

「武器選びで結構時間が掛かっちまったね。もう寝てしまうか」
「その前に、突発クエストの報酬を決めちゃいましょう」

 シレイアの提案を一蹴するメルシュ。

「そうだな。決められるときに決めておこう」

 できる限り万全な状態を心掛けないとな。

 改めて、チョイスプレートから報酬の一覧を表示。

○突発クエストの報酬です。どれか一つを選択してください。

★”逢魔槍使い”のサブ職業 
★”不意打ち無効のスキルカード”
★“逢魔の波動のスキルカード“
★“魔爪使い“のサブ職業
★“逢魔剣の指輪“
★“咎槍のスキルカード“
★“逢魔転剣使い“のサブ職業
★“狂血剣使い“のサブ職業
★“超再生“のスキルカード
★“咎の転剣“のスキルカード
★”A級武具ランダム袋”

「マスターは“不意打ち無効のスキルカード“で」
「なんで?」

 気になるスキルやサブ職業が、いっぱいあるんだけれど。

「レギオンのリーダーになる以上、人一倍生き残るためのスキルを優先するべきだよ」

 メルシュだけでなく、ジュリーにまで指摘された。

 グレートソードの能力なのか、あの硬かったデスアーマーの鎧を切り裂けるようになったから、今攻撃能力を無理して上げる必要は無いけれど。

「分かったよ。俺は“不意打ち無効のスキルカード“を選ぶ」

「私は“逢魔転剣使い“ですね。爆裂拳が通じないと、戦う手段が限られるので」
「私は“狂血剣使い“にしよう」
「タマは“逢魔槍使い“を選びます」

 トゥスカ、ジュリー、タマは自分の得物に合ったサブ職業を選択か。

「私は特に無いから、“咎の転剣“のスキルカードを選んで、トゥスカに上げるよ」
「良いの、メルシュ?」
「トゥスカとマスターの武器が、一番ランクが低くなっちゃったからね」

 そうなんだ。

「“咎の転剣“は、S級の武器なみの攻撃力があるよ。今回のデスアーマーのような規格外が現れなければ、今のままでも十分通じるけれどね」

 突発クエストや黒鬼との戦いで、最高クラスのスキルを手に入れたりしているしな。

「アタシは“狂血剣使い“にしようかね。マスターは?」
「“逢魔の波動“が良い」

 特に問題もなく決まったな。

 “逢魔剣の指輪“はデスアーマーのドロップで一つ手に入れているし、別に良いか。

「そう言えば、“超再生“のスキルカードって……」

 急に、目眩が……――ちょっとヤバいかも。

「ご、ご主人……様」

 トゥスカも……フラついている?

 ヤバイ、フラフラが……強くなって……きた。


           ★


○戦士.Lv26になりました。その他の装備欄が1増えます。

○戦士.Lv27になりました。
○武器への属性付与スキルを一つ修得出来ます。

★光属性付与 ★闇属性付与 ★竜属性付与 
★古代属性付与

「前の属性付与選択と違うな……メルシュに相談してから決めるか」

 頭もグワングワンして、思考が働かないし。

「ご主人様~」

 突発クエストが起きた日から一夜明け、俺とトゥスカは同じベッドで寝込んでいた。

 回復魔法で重病化することは防げるらしいけれど、身体に侵入したウイルスを完全には消せないらしい。

 というわけで、風邪を引いた俺とトゥスカは、今日一日大人しく寝ていることになった。

 まあ、昨日海に落ちて、服を乾かすために裸になって、疲れて帰ろうとしたときに突発クエストによる激闘。

 英知の街を出てから、ろくに休んでいなかったしな。

 ペナルティーまでまだ四日以上あるし、少しゆっくりしようか。

「……ご主人様」
「ごめん、寒かったか?」

 チョイスプレートを操作していた手を引っ込め、毛布を掛け直す。

「身体……あっついです♡」
「そ、そっか」

 なんか、いつもより色気があるような。

「一昨日の夜、ジュリーと……シた?」
「……シてないです」

 一昨日の夜は。

「本当ですか?」
「……昨日の朝……寝ぼけてキスしました」
「私と間違えたんですね。ジュリーが可哀想」
 
 今言われると、余計にキツい!

「仕方ないですね、私が癒してあげます♡」

 これ、トゥスカの方が参ってるのかも。

「ん、ん♡」

 トゥスカが覆い被さり、口付けを何度もされる。

 トゥスカの唇、柔らかい。
 風邪だからか、ちょっとお口が匂う。

「昨夜もシてないから、溜まってますよね♡」
「……それはトゥスカの方なんじゃ」
「ご主人様のくせに、抵抗しちゃダメですよ♡」

 トゥスカが俺の寝間着を脱がせ、首筋にキスを始める。

 俺も対抗するようにトゥスカの下を脱がせ、太股を撫で始めた。


●●●


「もっと、ギュッてしてください♡ 痛いくらい、強く抱き締めて♡ あっ♡ ああっ♡」

 寝室扉に耳を当て……中の様子を探る。

「今日は……いつもより抑えめ」

 でも、それが良い!

「マスター……いい加減にしなよ」
「静かに、シレイアさん。どうやら体位を変えるようです」

 耳を研ぎ澄ませねば!

「そこ……クリクリしちゃダメです♡ もっと、ギュッとして♡」

 さすが、未来のハーレム王!

「早く、他の人のあられもない声も聞きたい」

「マスター……なんでこういう時だけイキイキしてんのよ」

 だって、そこに極上のハーレムがあるから!

「ハァー、ダメだコイツ」


●●●


「この“デスメイル“を、素材に分解してください」

「あいよ、2000Gだ」

 鍛冶屋のおじさんNPCにお金を払う。

○”デスメイル”を分解し、”ブラックオリハコン”×2、”ルシファーの欠片”を手に入れました。

「良かったんですか、分解しちゃって?」

 タマが尋ねてきた。

「マスターの許可は貰ってるよ」

 今度は、現在作製可能な武器のリストを表示。

「あった」

 ジュリー達が持っていたオリハルコンと、今手に入れたブラックオリハコン、トゥスカがワーウルフの森で手に入れていた暗黒石、素体に“鉄の大剣“を提供。

 125000Gを払って注文を終える。

「受け取りは、明後日のこの時間を過ぎてからにしてくれ」

 これで、二日間はこの港に足止めか。

 マスターの新しい武器。単体で見るとそこまで強力じゃないけれど、現時点なら只振るうだけでも充分に通じる程高性能。

 能力的にも面白く、便利な代物だ。

「突発クエストのおかげで、思いがけず装備が充実した」

 次はお金か。幾ら有っても困るものじゃないし、少し稼いでから帰るかな。

 問題は、第九ステージまでにどれだけ人材を集められるか……か。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く