話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

75.帳に煌めく燐光

 戦闘が始まって、既に十分以上。どんどんキラーホエールマンの数が増えている。

 これじゃあ、マスターの援護に入れない!

「メルシュ、雑魚共に俺の邪魔をさせるな」

 マスターの、冷たくも真の通った言葉が私の焦りを吹き飛ばしてくれる!

「分かった! こっちは任せて!!」

 ”万雷魔法”でキラーホエールマンを駆逐していく。

 そのうちの一体、デカい斧を持った奴に”万雷魔法”を防がれた。

「“古生代の戦斧”か」

 装備しているだけで、古代の属性の無い攻撃によるダメージを五分の一にする、“古代の力”を有している珍しいS級低位の武器。

 攻撃性能よりも特殊効果重視の武具。

 それに、離れた位置にいる個体が右腕に浮かせているのは深海の盾。S級の“深海の盾の指輪”で出現させた物のはず。

 他にも、微妙に遊泳速度が違う個体が居ることから、なんらかの能力強化装備をしているであろうと予測できる。

 かなり厄介なクエストだけれど、これを乗り越えれば、この先で待ち構えている格上のプレーヤー相手にも有利になる!

 考えようによっては、良いプレゼントを貰っていると言えちゃう。

「金剛の巨腕」

 右手に連動する形で、ダイヤモンドの腕を出現させる。

『キルウゥゥェエエ!!』

 振りかぶった斧を巨腕で受け止め、大猩々の鉄球を生み出し、“磁力”で反発させてキラーホエールマンのお腹に打ち込んだ。

 “古代の力”で五分の一に出来るのは、あくまでスキルか武器の特殊効果による攻撃のみ。

 だから、“磁力”で反発させただけの攻撃じゃダメージの減衰は発生しない!

 もしかしたらジュリーは、こういった戦術が必要だと知っていたから、私と同じく“磁力”と“大猩々の鉄球の指輪”を装備しているのかも。

 今度は“磁力”で鉄球を吸い寄せ、もう一度反発で打ち出す!

 今度は頭蓋に叩き込んだからか、キラーホエールマンの動きが止まり、落下し始めて間もなく光へと変わった。


●●●


「”アクアスパーダ”……面倒な武器を」

 柄だけの水属性の剣。
 MPを使って刀身と刃を形成するため、魔法攻撃扱いになる。戦士の予備武器としてはかなり優秀なB級武器。

 厄介なのが、刀身の形や硬度を自在に変えられるため、近接戦で武器の打ち合いにめっぽう強いって事。

 今も、大刀で防ごうとした瞬間刃を柔らかくして通り過ぎ、すぐに刃を高質化して斬り込んできた。
 そもそもが水だから、金属製の武器よりも軽いため、自然と剣速も速い!

「ウザったいね!」

 ”アクアスパーダ”を振り抜いた瞬間を狙って、その腕を大刀で切り裂く!

 “鯨骨の大刀”のおかげで、コイツらの身体はスパスパ切れるよ。

「マスターから貰ってて良かったよ」

 アタシが選んだのは銛だったからね。

 “帰還”の効果で、先程放った”鯨骨の銛”が手元に戻ってくる。

「ほら、プレゼントだ! “大投槍術”、ハイパワージャベリン!!」

 腕を切り落とした奴と、別の個体をまとめて貫いた。


●●●


「“刀剣術”、一刀両断!!」

 シャチさんを……上段から切り捨てた。

『キルウウエエ!』

 すぐに別のが接近してきた。それに……今度のは三つ叉の槍を構えている。

「“刀剣術”、撃打ち!」

 私の上段斬りをトライデントで防ぐも、シャチさんの動きが止まった。

 撃打ちは斬る技ではなく、ガードされたときに激しい衝撃で動きを止める技。

「“刀剣術”、介錯」

 すかさず首を切り落とす。

 さっき、ハーレム王が気になることを言っていたな。


「まともな人間が、本気で惚れた女以外とわざわざ性病になるような真似するかよ」


 それはつまり、“最高級の婚姻の指輪”を着けているトゥスカさん、ジュリーさん、メルシュさん以外には手を出していないと言うこと!

 私……てっきり、既に全員に手を出しているものだとばかり……。

 ハーレム王が、たった三人にしか手を出していなかったなんて!

 だけれど、本気で惚れた女以外には手を出さないというその姿勢は……むしろ好ましいです!

 今はまだ王と呼ぶには早いかもしれないけれど、コセさんと一緒なら、生ハーレムの真髄を知る日が訪れるかもしれない!

「いつか私に、もう一度ハーレム王と呼ばせてください!」

「……マスターはなにを言っているんだい?」

「私の……願望」

 シレイアさんが凄く変な顔で私を一瞥すると、深いため息を吐いた。

 ……なんで?


●●●


「インフェルノ!」
『“法喰い”』

 ユリカが放った紫の炎が、紅の槍に喰われる。

「アーマースティング!」

 ”針使い”のサブ職業を着けて、針術による鎧の防御無視攻撃を行う。

『ち!』

 左腕の鉤爪で振り払われる。

 警戒しているという事は、通用すると言うこと。

 アレが、そんな演技が出来るような人間とは思えないしな。

『殺してやる! お前らだけは、どんな手を使ってでも!!』

「アンタにそんな事を言う権利なんて無い! “紅蓮円輪”!」

『させるか!』
「俺のセリフだよ!」

 “武器隠しのマント”から“鯨骨の大刀“を抜き、ユリカに接近しようとした槍鎧を、手数で攻める!

 “針術“を警戒し、俺を無視できない元槍の男。

『邪魔だーーッ! ”逢魔の波動”!!』
「“拒絶領域“!」

 衝撃同士がぶつかり合うも、勝ったのは俺!

 “逢魔の波動“の効果範囲は、“拒絶領域“よりも広い。
 ならばゲームバランス的に、S級のスキルでもある“拒絶領域“の方が勝ると予想していた!

 これも、メルシュ達が敵の情報を引き出してくれたおかげだ!

「“紅蓮魔法“、クリムゾンブラスター!!」

 俺が頭を下げた瞬間、“拒絶領域“によって隙だらけになった所に、強化された紅蓮の熱線が直撃した!

『び、ビビらせやがって!』

 鎧の胸部分が、一部溶けただけだと!?

「く! アーマースティング!」
『うぜんだよ!』

 グレートソードが、槍で上に弾かれる!

「アーマースティング!」
『“塵壊爪じんかいそう“!』

 ――“鯨骨の大刀“が、三本の鉤爪によって斬られた。

 しかも、砂のようになって消えてしまう!

『”逢魔の波動”!』

 黒の衝撃によって吹き飛ばされ、ユリカを巻き込んで転がってしまう。

「すまん……」
「だ、大丈夫よ……」
『ククククク!』

 すぐに立ち上がるも、槍甲冑は静かに笑いながら悠々と歩いていた。

 こっちの攻撃がほとんど通じないと分かって、余裕を見せているな。

 “滅剣ハルマゲドン“を使えれば。

『じっくり甚振いたぶって、手脚を刎ねて、おっぱい女を犯して、目を抉って、舌を抜いて、そしたら死ぬまで殴り続けてやるよ! その次はお前だぞ、大剣野郎!!』

「……アンタ、幾らなんでも異常よ」
 
 ユリカが、槍甲冑を侮辱する。

『異常? 俺はな、こんなことお前ら日本人にしかしねーんだよ』

 前にも日本人がどうのとか言っていたな、コイツ。

「どういう意味?」

『お前ら日本人になら、なにしたって許されるんだよーーッッ!! だって、パパがそう言っていたからッ!!』

 コイツを歪めたのは親か。

『お前らは嘘つきで! 卑怯で! いつも後頭部を狙ってくる! だから許されるんだよ! 俺のやっていることは、普通の事なんだよ!! だから、ママと同じ事言うなよ!! 身体売ってる異常者のくせに!!』

「普通の人間なんて居るものか」

『ああ?』

「さっき俺は、まともって言葉を使ったけれど……根底を間違えていたよ」

 言いたい事を分かりやすくしようとして、嫌いな言葉を使ってしまっていた。


「この世に、異常じゃない奴なんて居ない」


『俺は違うって言ってんだろうが! 異常なのは、お前ら日本人だけなんだよ!!』

 槍甲冑が突っ込んでくる。

「人種なんて関係ない。自分の異常性を無視する人間が、より堕ちていくだけなんだよ! 今のお前のようにな!!」


 ――力が、グレートソードに吸われる!


 “強者のグレートソード“の刀身、柄に近い部分に三つの文字が浮かび上がった!?

「なんだこれ?」

 トロルと戦っていた時に似た、不思議な感覚。

『まずは脚だ!』
「“大剣術“、ハイパワーブレイド」

『――あ?』

 槍甲冑の左腕が、紅の鉤爪ごと宙を舞った。

 夕日が沈み、辺りが帳に包まれていく中、グレートソードから洩れる青い燐光が、俺の感覚を研ぎ澄ませていく。

「このくだらない戦いを、さっさと終わらせよう」

 これ以上俺とユリカの人生を、コイツに割きたくないから。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く