話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

73.突発クエスト・デスアーマーを倒せ

「つ、疲れた」
「き、キツかったです」
 
 ユイの特訓をタマと共に終え、リビングで休憩していた時だった。


『これより、突発クエストを開始する!』


 突然響いた、高圧的な男の声!

「ジュリー様!」
「落ち着いて、情報収集が先決だよ」

 タマを宥める。

『今から三十分後、この港にキラーホエールマン三十体を投入する!』

 噂のモンスターを三十体!

『だが、五分ごとにもう十体が追加され続ける』

 そのモンスターの能力がどの程度か分からないけれど、数が多すぎる!

『この突発クエストの勝利条件は、デスアーマー・ランサーの討伐だ!』

 チョイスプレートが出現し、そのモンスターの姿が表示された。

 青黒い骸骨が、禍々しい甲冑に身を包んだようなデザイン。ただし、鋭い尻尾が生えている。

 手にしている紅の槍と、左手の鉤爪が印象的だった。

 私は、オリジナルに実装されていたA級以上の武器は全て覚えている。

 だが、この槍も鉤爪も覚えが無い。

『デスアーマー・ランサーを討伐しない限り、キラーホエールマンは無限にポップし続ける! ちなみに、ダンジョンには入れず、時間になったとき持ち家に居る人間は、港の中心地に強制転移される』

 経った三十分しか準備時間が無いなんて!

『では、プレーヤー諸君の健闘を祈るぞ!』

 声が聞こえなくなると、すぐにコセ達とユリカがリビングにやって来た。


●●●


「私は、デスアーマー・ランサーというモンスターの情報を持ってないんだけれど、ジュリーとシレイアは?」
「私も無い」
「アタシも」

 チートと言っても良い情報源から、なにも得られないとは。

「私かマスターが見れば、私の“英知の引き出し”で情報を得られるはずだから、私達は捜索に回った方が良さそうだね」
「始まってみなければ、実際どうなるかは分からない。臨機応変に対応しよう」
「サトミさん達はどうします?」

 トゥスカの問いの答えは決まっていた。

「戦力は多い方が良い。準備が出来た者から、時間までに急いでサトミさん達を探そう!」

 全員の返事を受け、俺は怪魚の港に繰り出した。


            ★


「ハアハア、居たか?」
「ゼー、ゼー、見当たりません」
「上からも探したけれど、見付からないよ」

 トゥスカとメルシュの三人で捜したが、サトミさん達が見付からなかったため、合流場所に決めていた港の中心地に集まっていた。

 呼吸を整えている間に、ジュリー達五人もやって来た。

「やっぱり、見付かってないんだ?」
「そっちもか」

 ジュリー達も見付けられなかったとなると、もうこの港には居ないのだろう。

『時間だ! キラーホエールマン三十体と、デスアーマー・ランサーを投入する!』

 海側から、高く高く、複数の水柱が上がった。

「メルシュ!」
「キラーホエールマン以外は見えない!」
「あっちに赤い光が見えたよ!」

 空を飛んでいたメルシュに聞いたのだが、屋根に登っていたシレイアが見付けたようだ。

「二手に別れよう! 俺とユリカ、ユイ、メルシュでデスアーマーを探しに行く!」
 
 キラーホエールマン相手だと相性が良くないユリカ、近接戦闘に優れたシレイアとユイ、情報提供出来るであろうメルシュを選択。

 残りの三人は雷属性攻撃手段を持っているから、キラーホエールマン迎撃に当たって貰う。

 本当はメルシュも、トゥスカ達と行動させたかったが。

「ご主人様、気を付けて!」
「トゥスカも!」
「ついておいで!」

 トゥスカ達と別れて、光を目撃したシレイアの後を追う。

 数をこっちに割いた分、早く終わらせなければ!

 夕日が落ち始めていた。


●●●


 青いシャチに手足が生えたモンスターが高速で空を移動し、こちらへと向かってきていた。

 アレがキラーホエールマンなんだ。
 キラーホエールってシャチの事だったのね。知らなかった。

「“万雷魔法”、トワイライトスプランター!」

 口を開けて接近してくるシャチ一体に直撃し、消滅させる。

 余波で他二体にもダメージを与えていた。

「もう一発!」

 五体が密集していた所に、トワイライトスプランターを放つ。

 真ん中の一体が、緑色の剣を掲げる!

 トワイライトスプランターが剣に吸い込まれ、消えてしまった!?

「“避雷針の魔光剣”か!」

 A級武器で弱点の対策をしてくるなんて。
 まだ第五ステージなのに!

「他にも……」

 シャチの何体かは、武器を手にしていた。

「トゥスカ、あの剣の奴をお願い!」
「分かりました!」

 シャチの半数が、私達ではなくコセ達の方へと向かっていく!

「ジュリー様!」

 タマの警戒の声。
 離れた所から水弾を撃ち込んできたか!

「パワーハンマー!」

 “パチモンのトールハンマー”で水弾を防いでくれるタマ。

「ありがとう、タマ!」

 接近してきたシャチを、右手に生み出した金剛の剣ですれ違いざまに斬り、左手の金色の甲手から”雷光”を撃ち込む!

「サンダラスレイン!」

 横合いから迫ってきた三体に、万雷の雨を叩き込んだ。

「思ったよりもタフだな」

 サンダラスレインが手数の魔法とはいえ、弱点を突いているのに倒せないなんて。

「“投槍術”、パワージャベリン!」

 タマが、“鯨骨の銛”で三体にトドメを差してくれた。

 鯨骨の武器なら、ダメージが三倍ってメルシュが言っていたっけ。

 私が選んだのは杖だけれど、意味あるのかな?

『キシュウウッ!!』

 今度は、“法喰いのメタルクラブ”を持った個体が現れた。


●●●


「“魔力砲”!」

 ”跳躍”で高く飛び、突出していたのを除いた四体を消し去る。

 本当は五体まとめて葬るつもりだったけれど、そう上手くはいかないか。

「爆裂脚」

 不意打ちを仕掛けてきた魚の側頭部を、蹴り抜く!

「”火喰い鳥の竜甲脚”、思っていたよりも使いやすい」

 火属性を強化してくれるという話しだったので使ってみましたが、“漆黒のブーツ”に感触が近いため、結構馴染みますね。

「パワーブレイド」

 “荒野の黄昏は色褪せない”で首を落とす。

『シュルウウオ!!』

 ジュリーの魔法を防いだ魚が、こちらへと向かってきた。

 放ってきた水弾を、前に出ながら避けていく。

 手にしている剣が輝いてる?

「横に跳べ、トゥスカ!」

 ジュリーの言葉に従うと、緑光の斬撃が地面を切り裂いていった。

「面倒な」

 更に斬撃を飛ばしてくるお魚さん。
 でも、初撃とどこか違う。

「私、魚はあまり好きじゃないの!」

 “瞬足”に“跳躍”を合わせ、猛スピードで接近!

「“爆裂脚!”」

 勢いそのままに蹴りを叩き込み、パワースラッシュで胴を真っ二つにした。

「トゥスカ、さっきの剣を私に!」

 ドロップした剣を実体化し、ジュリーに投げ渡す。

 すぐにチョイスプレートを操作して装備したジュリーは、剣に向かって雷魔法を放った?

「“雷光斬”!」

 私に向かって最初に放たれたのと同じ、緑光の斬撃!

 接近していたクラブを持ったシャチが、呆気なく切り裂かれる。
 
「もう……五分経ちましたか」

 新手の魚十体がこちらへと、猛スピードで空を泳いで近付いていた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く