話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

60.神の失望

「メインシステムって言い方をしているけれど、コンピュータとは似て非なる物なんだよ。アレは」

 メルシュが立ち上がり、話し始める。

「まず奴等、デルタについて教えておくね」

 神のような超常現象を起こせる者達。その正体は……。

「アイツらは、ただの人間だよ」

「「「「へ?」」」」

 ジュリー以外が驚いてしまう。

「で、ででで、デルタ様が……た、ただの人間!?」

 タマがとんでもなく動揺している。

「私達獣人は、学校でデルタは神の使いと教えられますから。タマのように純心な子は、デルタそのものを神と同一視して捉えています」

「そうなんだ」

 あのいざない人が神の使い……ブフッ!

「アイツらが神の使い? 奴等は神の意志を踏みにじる愚者よ!」

 メルシュが感情的になる。

「マスター達の世界が多くの神から見放されたのは、元はと言えば奴等のせいなんだから! あの神の支族を語る不届き者ども!」

「神が見放した?」
「遥か昔、マスター達の世界は神々に愛されていました」

 ……どんどんオカルト話に。

「神々が、本格的に人間を見放し始めたきっかけは二つ。世界大戦です」

「世界大戦?」
「神の意志を僭称する者達が世界に台頭し、支配していった事で、世界の本質を見る力が失われていきました。それは、人と神々の間に大きな隔たりを作っていった」

 大分お伽話じみてきたな。

「そして、二度目の世界大戦において、多くの神々が世界を見放す出来事が起きました。原爆の投下です」

「ゲンバク?」

 トゥスカとタマには、もう訳が分からないよな。

「強力な爆弾だと思えば良い。英知の街が跡形も無く消えるくらいのな」

 日本に落とされた原爆は、現在地球上にある原爆の中では威力は低いはずだけれど。

「作った事にではなく、投下が問題だったって事か?」
「作るのも問題なんですけれど、見方によっては……一番は、どういう目的で使ったのかです」

「どういう目的?」

「龍の島の民は、神々の数少ない希望だった」

 龍の島?

「でも、希望は塗り潰された。原爆と度重なる空襲、そして、その後の思想破壊。一部の神は、今でも特定の者達に力を貸しているようだけれど、大多数の神はマスター達の世界を見限った」
「……神は、人間になにを求めていたんだ?」
「それは内緒」

 メルシュが可愛らしく人差し指を立てる。

「話しを戻しますね。デルタはその後、世界を金融的、法的に支配し、神の力を利用する方法を見付けた。でも、その頃には力を持った神々は居なくなっていた」

「待て……デルタは、俺達の世界の人間なのか?」

「その通りです。だから奴等は、偶発的に発見した異世界を侵略し、この世界の神々を捕らえた」
「まさかそれが……」

 ジュリーが驚愕する。
 多分、俺と同じ答えに至っているのだろう。

「ダンジョン・ザ・チョイスのメインシステムは、囚えられた神々を変質させた物なんだよ」

 話がデカくなりすぎだ。
 メルシュが言う神々が、どのような存在なのかは分からないけれど。

「本当に、貴方ではどうにも出来ないの?」

 ジュリーが、祈るようにメルシュに尋ねる。

「私だけじゃどうにも出来ない。囚われている神を解放するには、神に直接干渉できる人間が要る」

 それ、人間か?

「直接干渉って、意味が分からないんだけれど? 誰なら可能なんだ?」

「一番可能性があるのは…………マスターだよ」
「俺? ……なんで?」

 本当に意味が分からない。

「このゲームが仕組まれる前は、マスター達のような人間は問答無用で消されていたんだよ」

「俺みたいな人間ってなんだ?」

「一言で言うなら、神に愛される素質。そういう人間を奴等は恐れている。だから、マスター達のような人間を始末する場を用意し、同時に自分達が楽しむための最高のエンタテインメントにした。それが……このゲームの正体」

 醜悪だ。同じ人間のすることとは思えない。

「つまり、コセを最深部まで連れて行けば、このゲームを終わらせられるんだな!」

 立ち上がるジュリー。

「マスターが今のところ一番可能性があるってだけで、今のままじゃ無理だよ。それに、アイツらにゲームをクリアさせる気があるとは思えないし。可能性は限りなく低い」

「それでも、可能性があるなら!」

 ジュリーが、テーブルを挟んで俺の前に立つ。

「コセ。私は、コセを守るためならなんでもする!」

 ――ジュリーが土下座した。

「だからお願いだ。このゲームを終わらせてください! これ以上、私達家族の大切な思い出を……穢されたくないんだ!」

 ジュリーが必死だった理由が、大体分かった。

「このダンジョンから脱出する気はあるから、取り敢えずはよろしく」

 ジュリーに握手を求める。

「そこで豪胆な発言をしてくれるなら、抱かれてあげても良かったのに」

 笑顔で握手に応えようとしたジュリーの手を、俺は避けた。

「へ?」
「安っぽい女は嫌いだって言ってるだろう」
「もしかして……怒ってる」
「そもそも、そういう発言って自分の身体に自信がある奴の発言だよな。馬鹿にされている気がして嫌になる」
「なっ!!? コセ……わ、私が軽い気持ちでこんな事言うような女だと思っているのか!! お前の発言こそ、私に対する侮辱だぞ!」

「「「痴話喧嘩が始まったよ」」」

「「違う!!」」

 トゥスカとユリカ、メルシュの言葉を二人同時に否定する。

「お、お前がトゥスカを助けるために戦っていたのを見て……格好いいと思えたから……」

 槍男に、間抜けにも不意打ち食らって死にかけた時のことか。

「それに……夫婦だし」
「あれは、アイテムとして有用な婚姻の指輪を手に入れるためだろう」

「“最高級の婚姻の指輪”を生み出したんですから、正真正銘の夫婦になっても良いと思いますけれどね」
「「ダメに来まってるだろう!」」

 メルシュめ、適当なことを言いやがって。

「ご主人様は、どうして一対一にこだわるのですか? 私の父親は、正妻が二人に愛人が六人も居ましたよ」

 トゥスカさん、お父さんはクズなの?

「モンスターや戦争で男は女より少なくなりますから、私達獣人は一夫多妻制が普通なんです。そうしないと生きていけない女子供だって居るんです」

 タマがフォローしてきた。

 まあ、日本にだって耳を疑うような性文化はあったらしいけれどさ。

 自由恋愛なんて、当たり前になったのはここ数十年の話しらしいし。

 俺が、人一倍潔癖な考えの人間なのかもしれないけれど。

「……取り敢えず、昼飯にしようか」

 なんか、急に疲れたな。


●●●


「おかしい」

 この小さな山村で、どれだけコセさん達を捜しても見付からないなんて。

「サトミー、そろそろ宿を探さない?」

 アヤちゃんが提案してくる。

「そうね」

 もうすぐ日が暮れちゃうし。

「サトミ様、あれ!」

 リンピョンちゃんが指し示した先には……メルシュちゃん!

「メルシュちゃ~ん!」

 急いでメルシュちゃんに駆け寄る。

「コセさん達はどこに行ったの? ていうか、なんで待っててくれないの~!?」

「それよりも、マスター達は明日か明後日にはダンジョンに潜るつもりですから、置いていかれないように急いだ方が良いですよ」
「そんな~」

 昨日は頑張ったのに~!
 結婚したあと魔法を修得して、探索場で戦って、旅支度を整えて。

「取り敢えず、私が次のステージのレクチャーをするので、よく聞いて準備を整えて」

「わ、分かったわ!」

 置いていかれたら、誘惑するチャンスも無くなっちゃうしね!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く