話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

58.マイホーム購入

「ありがとう! ありがとうな、坊主!」

 ミニチュアの店内に居たがたいの良いおっさんが、“ネイルグリズリーのスキルカード“を一枚40000Gで買い取ってくれるというので、二十六枚全部売った。
 普通に売ったら5000Gらしいカードを、一枚40000Gで。

 “買い取り一割アップの指輪“の効果で、1144000Gが手に入る。

 なんか、”狩爪”のスキルが必要だから、“ネイルグリズリーのスキルカード“が欲しかったらしい。

 ”狩爪”で動物系モンスターを倒すと、食糧が九十パーセントの確立で手に入るそうだ。

 とはいえ、スキルとしては非力で、上位モンスター相手にはまず使えないらしい。

 これが、メルシュの言う金策。

「この山村では食糧不足っていう設定があるから、食べ物が通常の五倍の値段で売れるよ。逆に、食糧の買い値は十倍に跳ね上がってるから」

「だから街で買い込んでいたのか」

 でも、ステージが上がってからじゃないと、そのステージの情報は入って来ないはずじゃ。

 メルシュも、意図的に隠している情報が多そうだな。

「二人共、さっきの家の見取り図だよ」

 店主と思われる女性と、カウンター越しに対面しているジュリーが呼んでいる。

 カウンターの上には、例の見取り図が広げられていた。

「へー、離れは鍛冶場になってるんだ」
「ここには温泉もあるみたいだ」
「各部屋のコーディネートも、ある程度自由に変えられるんだよ」

 二人の進め方、なんか違和感があるんだよな。

「この広さなら、六人でも広すぎるくらいだな」
「……六人? なんで?」

 ジュリーの言葉に、一瞬思考が飛んだ。

「ジュリー達も一緒に暮らすんだよ。当たり前でしょう?」
「へ?」

 なんで当たり前になってるの、メルシュさん。

 これから、大人数で暮らす必要が出て来るなにかがあるって事なのか?

 出来るだけ人と関わりたくないのに。

「マスター、さっさと買っちゃおう!」
「ああ……うん」

 流されてるなー。

「魔法の家、“神秘の館”を御所望ですか?」

 受付の女性が話し掛けてくる。

○“神秘の館“を、8500000G払って購入しますか?

 俺は購入を選択。

「魔法の家の名義は、コセ様でよろしいでしょうか?」

「はい、そうです」

「お買い上げ、ありがとうございます」

 受付の美女が、深々と頭を下げた。

○“神秘の館“を手に入れました。

 マイホームを購入したって事になるんだよな?

「それで、これからどうするんだ?」
「私は少し、別行動を取りたい。昼頃に村の中央で落ち合うというのはどうだろう?」

 ジュリーの提案。

「一人で行動するつもりか?」
「心配してくれるの?」
「それは当然……」
「大丈夫だよ、すぐ戻るから」

 さっさと店を出て行くジュリー。

「私達はどうする、マスター?」
「取り敢えず、トゥスカ達と合流しようか」

 トゥスカが心配で仕方ない!


●●●


「ここか?」

 私が訪れたのは、小さな酒場兼娼館。

 オリジナルには無かった建物。

 店の中に入り、素早く店内に人間が居ないか確認。

「……NPCだけだな」

 店内奥のバーカウンターへ向かう。

「なにか用かい、お嬢ちゃん?」

 眼帯の男が、グラスを拭きながら尋ねてくる。

「売りたい物がある」
「なら果物を売ってくれないか? 果実水の原料が切れちまったんだ」

 タマがワーウルフの森で手に入れた、”高所アップル”というアイテムを二十個選択し、売った。

「おお! ありとうよ、嬢ちゃん!! コイツは礼だ!」

 バーの男が、120000Gと黄金のカギをくれる。

 “高所アップル“を二十個以上売るのが、ここでこの黄金のカギを手に入れる条件。

「そいつがあれば、二階の娼婦の部屋に入りたい放題だ。好きな女と三度まで楽しめるぜ!」

 勝手に変な要素を加えやがって!

 二階へ上がり、目当ての黒い扉を探す。

「あった」

 黄金のカギを使い、その扉を開けた。

「……誰も居ない?」

 ここに、隠れNPCのアマゾネスが居るはず!

 まさか……既に誰かが手に入れてしまった!!?

「つッ!」

 ここでアマゾネスを手に入れて、ワイズマンとトレードするつもりだったのに!

 後は、身請け金として2000000G払いさえすれば! クソ!!

 ……もう、正直にコセに話すしかないか。


●●●


「第四ステージは水属性モンスターが多いから、雷属性の攻撃手段を持っていた方が良いよ」
「なら、“雷属性付与“を取得しておきますか」

 メルシュのアドバイスにより、Lvアップの恩恵で“雷属性付与“を取得しようとするトゥスカ。

「そうだね。第四ステージはタフな相手が多いしね。“爆裂拳“は火と風の二種属性だから、効果は半減したりしないけれど」
「よろしいですか、ご主人様?」

「ああ、良いよ」

 トゥスカの中距離攻撃手段は、ブーメランと燃費の悪い“魔力砲”のみ。属性付与によるカバーは必要だろう。

 五人で村の中央に集まっていた。

 今は、ジュリーを待っているだけの状況だ。

「雷ならジュリーは大丈夫か。私は火と闇に特化させられているからなー」

 ユリカがぼやく。

「ジュリーの指示か?」
「そう、特定の属性に特化させようとしているみたい。まあ、私もオールマイティーな育成は好きじゃないから、不満は無いけれど」
「私の“群青の槍“、水属性なんですが……」

 次のダンジョンは、ユリカとタマにとって不利なようだ。
 ジュリーはどうするつもりなんだろう?

「そういえば、前にジュリーの”魔力砲”を“盾術“のスキルアウトで消せなかったのはなんでだ?」

「ああ、魔力砲は防ぐことは出来ても、消すことは出来ないんだよ。“絶対存在“の効果があるから」
「なんだそれ……」

 さすが、突発クエスト報酬って事か。

「そういえば、よくそんな強力なスキルを持ってるよね。スキルのレア度で言えば、“魔力砲“や“拒絶領域”、“魔眼”はS級なのに」

 そうなんだ。

「突発クエストの報酬でな。で、“魔眼”てなんだ?」
「あ、私が持ってるスキルです。突発クエストの時に、ジュリー様の指示で手に入れました」
「ジュリーの?」

 あの一つ目女って、それらしいスキルを使っていたっけ?

「よろしければ、使って見せましょうか?」
「ぜひ頼む!」
「分かりました。“魔眼”」

 タマの可愛らしいおでこに、赤い一つ目が生まれる!?

 しかも、タマの目より一回り……いや、二回りはデカい!

「誰か、私に魔法を撃ってみてください」
「なら私がやるわ」

 ユリカが名乗りを上げ、俺達から離れていく。

「”煉獄魔法”、インフェルノカノン!」

 ユリカが放った紫の炎弾が、タマに迫る!

 その時、一筋の紅い光がタマの魔眼から放たれ、インフェルノカノンを消し去った!?

「任意で魔法を消し去る光線を撃てる。それが”魔眼”の能力です」

「それだけだと、“拒絶領域”の方が得な気がするな」

 “拒絶領域”なら、魔法とか関係なく吹き飛ばせるし。

「“拒絶領域”は発動中動きが止まっちゃうし、“魔眼”には動体視力を補助したり、暗い場所や見えない敵を見付ける能力もあるよ」

「それは便利だな」

 伊達に、高ランクのスキルというわけじゃないんだな。

「あ、マスター。出来るなら、可能な限り早くダンジョンに入った方が良いよ」
「なんで?」

 メルシュがこんな事を言うって事は、なにかあるな。

「ここ、五日以上滞在しているとLvが1ずつ下がっていくペナルティーがあるから」

「……それはキツいな」

 Lvが下がるのは、地味に避けたい。

「お待たせ」

 ジュリーが待ち合わせ場所にやって来た。

「ユリカ」

 ジュリーがなにかをユリカに投げる。

「これは?」
「“灼熱の指輪”だよ」
「相手の火耐性を無視できる指輪だね。火属性特化の人間にとって、第四ステージでは必須のアイテムだよ」

 ジュリーは、それがこの村で手に入るって知っていたのか? それとも偶然?

「あ、ありがとう、ジュリー」 

「私よりユリカ向きの装備だと思っただけだよ」

 このダンジョン・ザ・チョイスというゲーム、アイテムの細かな効果を知る術がほとんど無いのに、ジュリーは仲間に必要な物を短時間で手に入れてきたわけか。

「じゃあ、マスター。“神秘の館”を実体化させて」
「ああ」

 チョイスプレートを操作し、ミニチュア状態で実体化。

「それを軽く放り投げて」
「へっ!?」

 壊れたらどうするんだ!? 高かったんだぞ!

「良いから早く」
「……はい」

 言われた通り放り投げると、突然空中でミニチュアが消えた!? 

 次の瞬間、空間に穴が開いた!?

「穴の向こうに、私達の屋敷があるよ」
「……そうなんですか」

 異空間に形成されるってこういう事か。

「じゃあ、行こうか」

 俺が先頭で、トゥスカとメルシュ三人で潜る。

「ここが……私達の家」

 三階建てのお屋敷。

「夢の……マイホーム」

 この年で、こんな大きな一軒家が手に入るなんて!

○“神秘の館の鍵”を手に入れました。

「これは?」

「次からはそれを使って出入りするんだよ。マスターにしか使えない鍵」

○ジュリーのパーティーが中に入ろうとしています。招き入れますか?

「俺のパーティーメンバー以外、自由に入る事は出来ないってわけか」
「正確には、私達はマスターの奴隷だから入れたんだよ。それ以外の人は、その都度マスターの許可を貰わないといけない」

「ちょっと面倒だな」

「名義はマスターの物だから、マスターは合鍵を作ることが可能だよ。その鍵を渡しておけば、誰でも、好きなときに入れるようになるよ」

「それ、鍵を持っている人間が殺された場合は?」

「鍵が誰かの手に渡る事はないよ。マスターが殺されても、魔法の家は殺した相手には渡らず、消滅しちゃうからね」

「よくできてる」

 その情報を知っているなら、この家狙いでジュリーが俺を殺そうとはしないか。

 ジュリーが強く勧めてくるものだから、ちょっとだけ疑っていたのだ。

 チョイスプレートでYESを選択し、ジュリー達を我が家に招き入れた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く