話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

57.伝統の山村

「ふぅ、ようやく着いた」

 途中から風が吹き始めて、ロープの橋はかなり揺れた。

「よがっだ……生ぎでる……」

 地を踏みしめた瞬間、泣きながら頽れたのはユリカ。

 アイツ、強風に煽られて一回落ちかけたからな。

 飛べるジュリーがすぐに助けたけれど。

 あのタイミングで、よく咄嗟に動けたものだと感心する。想定して、いつでも動けるようにしていたのだろうか?

 まあ、メルシュも備えていたようだったけれど。

「メルシュ、この村で次にするべき事は?」

 ステージが上がった事で、この第四ステージの情報を取得出来たはず。

「この村には伝統のアイテムがある」

 伝統の山村という名前の由来か。

「それを手に入れろって事か?」
「お金さえあれば手に入るよ。さっそく見に行こう!」
「ごめ……わだし……ちょっど動げない」

 ユリカ、まだ身体をガクブル震わせている。

「ご主人様達だけで先に行ってください。私が残りますので」
「タマも残ります」

 二手に分かれるくらいなら俺が背負おうかとも思ったが、ユリカの、主張が強い胸が目に入ったので口を噤んだ。

「危険な奴が居るかもしれないし、気を付けろよ」
「ご主人様も、気を付けて」

 トゥスカと軽く唇を重ねて、三人で村の中へ。


●●●


 コセ達三人の姿が遠ざかっていく。

 トゥスカとコセ、私の前でもの凄く自然にキスしやがった。

 ハァー。婚姻の指輪のランクで、ジュリーに負けたのが悔しい。

「ユリカ、前より良い顔をするようになりましたね」
「へ?」

 トゥスカが声を掛けてきた。

「私は、ご主人様と貴方の関係に口を挟むつもりはありません。本気でご主人様が好きなら、仲良くしたいと思っているくらいです」

 前にも、私を応援してくれるような事言ってたな。

「私が、コセと付き合っても良いの?」
「真剣にご主人様を想うのなら構いません。良い雄が複数の雌を獲得するのは当然ですから」

 動物の、弱肉強食論みたいなこと言い出しやがった。

 まあ、真理かもしれないけれど。

「遊びは許しませんから。それに、ご主人様に相応しくない雌を近付ける気もありません」
「私とコセが居た世界って、一対一が基本だからね」
「貴方は、元の世界に戻りたいのですか?」
「戻る気は……無いわ」

 両親には少し悪い気もするけれど、向こうの世界で幸せになれる気がしない。

 冗談ではなく、向こうでは大きな力に人生を閉ざされている、包囲されているという感覚が常に纏わり付いていた。

「なら、一対一に囚われる必要など無いでしょう」

 ……そう?

「でも、男女の出生率って一対一だし……」
「全ての男女が子を残すわけではないでしょう?」
「まあ……確かに」

 この世界で生きていくのなら、一対一に囚われる必要も無い……のか?

 というか、コセとトゥスカの間に割って入れる気がしない。

 本当にさ、さり気なく二人が通じ合ってる感を醸し出しててさ、勝てる気がしねーんだよ。

 あのメルシュとジュリーとの間にも、トゥスカ程じゃないけれど通じ合ってる感を感じるんだよな。

 絶対的な差を見せ付けられている気がして、ちょっと悲しいんだよ。

 一対一を選んだ場合、私の失恋は確定してしまう。

「ご主人様がよく言っている言葉ですが、安っぽい女は嫌いだそうです」

「安っぽい……女……」

「この言葉の意味、よく考えてくださいね」
「……うん」

 やっぱりトゥスカは、私を応援してくれている。

 私は……。

「タマも、分かったわね」
「ニャー! わ、私もですか?」

 タマが恥ずかしがっている。
 女の私から見ても可愛い!

「嫌なら嫌でも構わないわ。話しは変わるけれど、二人はジュリーをどう思っているの?」

「ジュリーを?」

 なんでそんな事を?

「まあ……ちょっと冷たい印象はあるけれど、悪い奴じゃないわよ。言うとおりにしないといけないのは気に入らないけれど、ジュリーの指示通りにしていれば大体上手くいくし」

 正直な想いを口にする。

「私達の意見とかあまり聞いてくれませんけれど、大切に扱ってくれていると思います」

「つまり、どちらかと言えば良い人と捉えているのね」

 今のトゥスカの雰囲気、いつもとちょっと違う?

「ジュリーのこと、結局よく分からないままですか」

 トゥスカのなにを考えているのかよく分からない雰囲気、コセとジュリーになんとなく似ている。そんな気がした。


●●●


 土の道が広がっている。

 始まりの村に比べるとNPCの通りも少なければ、建物の数も少ない。

 ただ、建物一つ一つは始まりの村の物よりも頑丈そうだ。

 ほとんどがログハウスで、窓ガラスが付いている。

「ここだよ、マスター!」

 メルシュに案内されたのは、他の家よりも一回り大きいだけの建物。

 ただし、店前にはショーウィンドウがあり、様々な家のミニチュアが並んでいた。

「良く出来てるな」

 タイプが色々あって、見ていて飽きない。

 和風の民家もあれば、西洋風の城まである。
 中にはコテージや、巨大な木の家、まるで空中に浮くのが前提のようなデザインの家まで。

「それにしても、一番小さな一軒家でも800000Gか」

 一番大きい城は10000000G。

 とはいえ、こんな物買ってどうするんだ?
 
「マスター!」
「コセ!」

 二人の剣幕に驚く!

「「これが良いと思うよ!!」」

 二人が指差したのは、ここにある物の中で二番目に高いミニチュア。

「……8500000G。さすがに、こんな小物にそんな大金出せないぞ? そもそも、お金が足りない」

 現在の有り金は、7800000程度。
 木製で三階建て。
 見栄えは結構好みだけれど。

 トゥスカと二人で、こんな家に住んでみたいな。

「私も出すから、絶対に買おう!」
「大丈夫、大金を稼ぐ方法はあるから!」

 なんでそんなに執着するんだ?

「いや、このミニチュアがなんなのか教えてくれよ」
 
 さすがに、ただの置物にこんな大金は払えねー。

「これは魔法の家なの。ダンジョン内の安全地帯や、村や街で使える専用の家になるんだよ」

「つまり、このミニチュアの中で暮らせるって事?」
「正確には、異空間にこのミニチュアと同じ建物が形成されて、そこで暮らす事が出来るの」

 つまり、今後宿代が掛からず、ダンジョン内で野宿する必要も無くなるのか。

「だったら、コッチの小さいので良いんじゃないか?」

 3200000Gの二階建て。三人で暮らすなら手頃だろう。

「「ダメ!」」
「……なんで?」

 ただ大きな家に住みたいとかだったら怒るよ?
 というか、なんでジュリーまで反対すんの?

「「……」」
 
 なにか言えよ!

 この二人が説明を渋る理由が分からない。
 二人共現実主義者リアリストだし、理由もなく黙っているとは思えないし。

「中で間取りとか見られるから、取り敢えず中に入ろう!」
 
 強引に店内に連れ込もうとするメルシュ。
 無言で手伝うジュリー。

 ジュリーもメルシュもなにかを知っている節があるし、取り敢えず購入する方向で考えようか。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く