話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

55.婚姻格差

「ではこれより、婚姻の儀を執り行う!」

 お世話になった神官おじさんのNPCが、婚姻の儀を始める。

 まさか、ドレス選びだけで二時間も掛かるなんて!

 女性としては当然かもしれないが、トゥスカが基準になっている俺にとって、この二時間は本気で苦痛だった。

 メルシュとジュリーは、さっさと選んでくれたんだけれどなー。

 ユリカとタマも三十分掛からなかったが、サトミさんと……へと……兎娘が長かった!

 決めかねていたというよりは、サトミの奴が兎娘を着せ替え人形にして遊んでいやがった!

 俺が文句を言わなかったら、あと何時間掛かったのか。

 ジュリーは橙、ユリカは紫、タマは白、メルシュは白に近い緑、サトミは濃い緑、兎娘は青のウエディングドレスを選んだようだ。

 全員それなりに見目麗しいため、見事にドレスを着こなしていた。

「伴侶を慈しみ、愛し、守ると、心に誓いなさい」

 六人同時に誓うのか。難しい!

 こんなんで愛を誓えるか!! ふざけんな! 愛せる物も愛せねーよ!

 暫くすると、俺の前にだけ光が生まれる。

「今ここに、”婚姻の指輪”は顕現した。さあコセよ、伴侶の左手を取り、光を掴め」

 トゥスカの時と、なんか違うな。

 兎娘の手を取り、指輪の光を掴むと、鈍色の、宝石が付いていない指輪が生まれた。

 さっさとリンピョンの左手薬指に嵌める。

「フン!」

 すぐに離れていくリンピョン。
 いっそ清々しい。

 次にサトミの指に嵌める。指輪はリンピョンと同じタイプ。

「う~ん、残念」

 さすがに、あれが最高級なはずがないと気付いたか。

 次にタマ。

「へ?」
「うん?」

 タマの左手を取って掴んだ指輪は、俺が左手薬指に嵌めているのの銀色バージョン。

 つまり、サトミ達とは違う指輪。

 ということはだよ、どっちかは”低級の婚姻の指輪”じゃなくて、“高級の婚姻の指輪“ということになる。

 指輪のデザイン、俺の気持ちから考えても、サトミ達よりタマが下なんて事は絶対にない!

「あ、あの……」
「ああ、すまない」

 混乱していたため、ずっとタマの可愛らしい手を掴んだままになっていた。
 すぐに左手薬指に嵌める。

「コセ……お、お願い」

 ユリカが真っ赤になりながら、左手を差し出してきた。

 ユリカとの間に生まれた婚姻の指輪は、タマと同じ物。

 まあ、ユリカには以前告白されていたから、少なからず意識はしてし……まあ。

「フフフフフ♪ ありがとう、コセ♡」
「ああ……うん」

 ユリカ、凄い幸せそうだ。

 ……なんかごめん。

 善意で結婚しているはずなのに……罪悪感が。

「マスター、私にも」
「ああ……うん」

 メルシュの手を取り、光を掴む。

「…………………………なんで?」
「………………へ?」


 大きなダイヤに、黄金の輪…………”最高級の婚姻の指輪”……。

 いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや、おかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしい!!

 なんで、メルシュとの間に“最高級の婚姻の指輪“が? トゥスカ程愛しているとは欠片も思えないんだけれど!

「メルシュ……もしかして婚姻の指輪のランク条件って……かなり低い?」
「そんなはずはない…………はず?」

 メルシュまで疑問形じゃないか!!

 愛とか曖昧だけれどさ! これじゃあ、俺がメルシュをトゥスカと同等に愛してるって事になるじゃん!

 ……さっさと終わらせよう。
 そして、ゆっくり休もう。精神的なダメージがデカすぎる。

「よ、よろしく……」

 ジュリーの前に立つと、頬を赤らめやがった。

 クソ! 俺の気も知らないで!

 ジュリーの手を取って、光を掴んで……………………嘘だ。

「……なんでだよ!」

 なんでジュリーに対して、“最高級の婚姻の指輪“が生まれるんだよ!!

 震える手で……ジュリーの左手薬指に嵌める。

「これにて、婚姻の儀は終了となる。中々良い儀式であったぞ」

「うるせーよ!」

 思わず、NPCに怒鳴ってしまった。

「もう……泣きてー」

 俺は、一途な男のはずなのに……。


●●●


 自分の左手薬指を見て、私は静かに驚いていた。

 私が手に入れた婚姻の指輪と、相手が手にした婚姻の指輪のランクが違うということは無い。

 つまり、マスターにも私と同じ“最高級の婚姻の指輪“が与えられたことになるのだ。

 ちなみに、私だけが強くマスターを想っていたとして、マスターが私をなんとも想っていない場合、私達が手に入れるのは“低級の婚姻の指輪“になる。

 “最高級の婚姻の指輪“が手に入ったということは、それだけ私はマスターを、マスターが私を強く想っていたことになるわけで……。

 こんな事あり得ない。

 “最高級の婚姻の指輪”は、幻のアイテムと言って良いほど手に入る確立は低い。

 なのに、重婚で三人もの女との間に“最高級の婚姻の指輪”を生み出すなんて、本来あり得ない。

 離れた場所で、くずおれているマスターを見て思う。

「私は……とんでもない人に目をつけてしまったのかもしれない」


●●●


 結婚式が終わると、コセさんが項垂れていた。

「むー。仕方がないとは言え、私が”低級の婚姻の指輪”とは戴けないわね~」

 自身の左手薬指を見て思う。

 何度かボディータッチすれば、どんな男も簡単に堕とせたのに。

 …………ちょっと、ほんのちょっとだけだけれど、女としてのプライドが傷付いてしまったわ♪

「…………絶対に堕としてやる」
「サトミ様、大丈夫ですか?」

 リンピョンが心配そうに見詰めてくる。

「大丈夫よ~」

 私の可愛い着せ替えお人形ちゃん。

「無理矢理付き合わせて悪かったわね」
「い、いえ、キスすらしないですんだので、これくらい全然問題ないです!」

 意地らしい子。

「ちょっとよろしいですか?」

 声を掛けてきたのは、今朝初めて顔を合わせた女。

「私はメルシュです」
「サトミよ、よろしく」

 握手を交わす。

「ところで、マスターともっと仲良くなりたいですか?」
「マスター? コセさんのこと?」
「そうです」

 そりゃあ、仲良くなりたいわよ。
 生まれて初めて、本気で堕としてみたくなった人だもの。

「私達は、明日の朝には第四ステージに進みます。というわけで、私が持つ情報を皆さんに教えましょう」
「あら、随分親切なのね」

 親切過ぎて怖いくらい♪

「その代わり、一つ取り引きをしましょう」
「なにかしら~?」

 コセさんから手を引けとでも言うつもりかしら?

「マスターと男女の関係になっても構いません。ただし、独り占めはダメです」

「ん?」

 ちょっと、予想の斜め上の発言が飛び出して来てしまったわ。

「浮気相手なら構わないって事かしら?」
「いいえ。前提条件として、マスターに本気で惚れてください。遊びは許さない」

 あらあら。本当に予想外過ぎて、困ってしまうわね。

「……本気で惚れるって感覚が、私にはよく分からないのよね~」

 簡単に靡く男って、すぐに飽きちゃうから~。
 
「取り敢えず、独り占めしなければ良いんでしょ?」
「ええ、それで構いません」

「でも、結果的に彼が私だけを求めてきたら、それは仕方ないわよね?」

 今までだって、そうだったんだから。

「一つ勘違いしているようですね。私は、貴方に忠告しているんですよ?」

「忠告?」


「卑しい心で彼に近付いた場合、火傷じゃすみませんよ」


「……貴方に殺されるって事かしら?」

「違いますよ。貴方が敵に回してしまうのは、運命そのものです」
「運命……」

 おかしな事を言われているだけなのに、言いようのない恐怖が込み上げてきた。

「サトミ様、大丈夫ですか?」
「ええ……大丈夫」

 メルシュ。彼女からも、得体の知れない恐怖が。

「それでは、取り敢えず第三ステージの情報提供と行きましょうか」

 自分以外の人間を怖いと思ったの、随分久し振りだわ♪

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く