話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

54.兎獣人のリンピョン

 石畳が、どこまでも続いていた。

 川が流れている。その上には石の橋が掛かっていた。

「広すぎるな」

 どの建物にも入れるみたいだし、捜す範囲が広すぎる。

 しかも、普通の民家に入っても別になにかが手に入るわけじゃない。

 情報は手に入るけれど、既にメルシュから聞いたことばかりだし、特に目新しいネタは無し。

 石橋の下を覗いたり、迷路みたいな路地を歩いたり。

「居ないか」

 もう大分経つけれど、メシュは見付からない。

 分かっていたことだ。メシュがこの街にいたとしても、見付けるのは難しいと。

「さすがにメルシュも、特定のNPCの所在までは知らないみたいだし」

 メルシュは、他の隠れNPCの入手方法も知らないらしい。

「……のどかだな」

 川の流れる音。吹き抜ける風。NPCが生み出す生活音。

「ここで暮らしたいけれど、ペナルティーがなー」

 Lvが上がらないまま十日経つと、有り金の半分が消えるらしい。
 その十日後にはまた半分。

 探索場は途中で戻る事が可能だが、そうすると経験値以外全て消えて無くなるらしいし。

「村より物価も高いし、宿に泊まらないとリザードマンに夜襲われる。探索場は一度クリアすると入れないし」

 留まれば金が無くなり、進まざる終えなくなる。

「ダンジョンを脱出しようとしない人間に待つのは破滅……か」

 まあ、このNPCだらけの街に一生って言うのもつまらないしな。

「変化は、恐ろしくも刺激を与えてくれる」
「詩人ですね、コセさん」
「うおっ!!?」

 いつの間にか、魔性の女が背後に立っていた!

「…………へと……」

 誰だっけ? 名前が出てこない。

「もう! サトミですよ! サトミ!」
「ああ、はい」

 基本、覚える気無いんだよな。

 だってさ、人の名前覚えるって屈辱じゃん!

 俺の人生に、他人がズケズケと刻まれる感じがして嫌なんだよ。

 トゥスカを俺の人生に刻む事に関しては、一切の抵抗は無いけれど!

「お一人ですか?」
「ええ、別行動です」

 早くどっか行ってくれないかな。

 かなりの黒髪美人だけれど、だからこそ、その雰囲気と相まって恐怖を感じる。

 協力者と考えると、悪くはないけれど。

「サトミさんは?」
「実は……」

 急に気を落とすサトミさん。


「……私の仲間は、全滅しました」

 
「へ?」

 あり得ることなのに、驚いている自分が居る。

 いつ誰が死んでもおかしくない。この世界でなら尚更なのに。


「そうでしたか」
「はい……」
「!?」

 サトミさんが、俺に抱き付いてきたー!?

 手が、俺の胸をさすっていく!

「怖くて……偶然コセさんを見付けて……声を掛けてしまったんです。迷惑ですよね。彼女が居るのに」


「そうですね」


 サトミさんを引き離す。

「嘘でも本当でも、貴方のしていることはたちが悪い」
「あれ? バレちゃいました?」

 あっけらかんと笑って離れるサトミさん。

 半信半疑だったけれど、胡散臭かったんだよな。

 手でさすってきたところで、嘘ではないかという疑念が強くなった。
 
「さすが~。その辺の男なら、今のでイチコロなのに♡」

 可愛らしく首を曲げ、自分の唇に触れ、妖しく微笑むサトミさん。

「怒っても良いですか?」

 さすがに、仲間の死の虚言なんてやり過ぎだ。

「まあまあ」
「ちょっと、サトミ様! 勝手に居なくならないでくださいよ!」

 現れたのは、白い兎耳を着けた青髪ツインテールの美少女。
 格好は……ほとんど裸の青い服!

 この服! トゥスカに服を買ってあげるときにリストにあった、”獣人の勝負服”じゃないか!!

 穴だらけのライダースーツみたいなデザイン。

 ……こんな物を着るなんて、この子は痴女なのかな?

「この子は、村で買った兎獣人のリンピョン」
「だ、誰だ、貴様!?」

 リンピョンという名の美少女が、小さな盾くらいの十字の手裏剣のような物を構える。
 露出が多すぎて、目のやり場に困るから動かないで!

 本当に、大事な所だけしか隠してないじゃないか!

「やめなさい。この方がコセさんよ」
「コイツが!」

 さっきより襲ってくる気満々になってるんですけれど!?

「リンピョン」

 サトミさんがリンピョンの顎を掴んで、彼女と至近距離で目を合わせる。

「やめなさいと言ったわよね?」
「はい、ごめんなさい♡」

 羞恥に頬を染める兎獣人。

 もの凄い百合オーラが出てる!?

 この二人の関係って……。

「ごめんなさいね。この子、私が男の人と仲良くしようとするとすぐに暴走しちゃうの」

「その格好は、その子の趣味なんですか?」
「み、見るなー!!」

 すぐに身体を丸め、全力で身体を隠す。どうやら彼女の趣味ではないらしい。
 ちょっと安心した。

「とっっっっても、エロ可愛いでしょ?」

 サトミ、お前の趣味か! 
 しかも、もの凄い目をキラキラさせている!

「リンピョンも気にいっているわよね?」
「さ、サトミ様がそうおっしゃるなら……気に入ってます♡」

 本当は嫌なのに、サトミさんの命令だから着ているのか。まさしく魔性の女の所業だ。
 しかも、男女関係ないとか、本当にヤバイ女だな!

「俺、用事があるからこれで」
「あ、待ってよ、コセさん!」

 身の危険を感じ、俺は二人から逃げるようにその場を後にした。


●●●


「フンフフフーン♪ フンフフフーン♪」

 キメラをさっさとぶっ倒して戻ってきた。

 まだ、タマもジュリーも戻って来ていないため、NPCしか居ないギルドないで喜びのダンスを踊っている!

「あーしたは結婚式♪ あーしたは結婚式♪」

 アイテムのためという建前だけれど、コセと結婚出来るー♪

「ユリカ、結婚すんの?」
「へ?」

 ……アヤとメグミ!!

 二人とも、装備が前よりも良い物に変わっている。

「ふ-ん、結婚するんだー」
「ねー、誰と結婚すんのー?」
「えーと……」

 抵抗虚しく、洗いざらい喋らされた。

 クソ!


●●●


 ジュリー達三人は、無事に宿まで戻ってきた。

 結局俺もトゥスカ達も、メシュを見付ける事は出来ず。

 そして一夜が明けて、教会前に移動したのだが……。

「……なぜ居るんです?」

 サトミさん率いる四人組が、なぜか教会に!

「そんな事、どうでも良いではありませんか♪」

 良くねぇよ!

「まさか……四人も一緒に婚姻の儀を行うとか言いませんよね?」

「残念だけれど、メグミちゃんとアヤちゃんは参加しないんだって~」
「つまり……」

 結局、二人追加かよ!

「ジュリー達の許可は取ったわよ?」

 ジュリーを睨むと、瞬間的に顔を背かれた。

「……ごめんなさい」

 謝ってきたのはユリカ。

「私が……喋っちゃった」
「……そうですか」

 コイツ! やっぱり嫌いだ!

「まあまあ、お金はちゃんとこっちで払うから♪」

 とんでもない事になった。

 なにが悲しくて、六人と同時に結婚しなくちゃいけないんだ!

 同時じゃなければ良いって事じゃないぞ!
 俺にはトゥスカ一人だけで良いんだよ!

「さあ、さっさと式を始めましょう♪」
「そうね」

 サトミさんを始め、皆が教会内部に入っていく。

「それで良いのか、お前ら……」

 俺、安っぽい女は嫌いなのに!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く