話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

53.武具ランクに泣く

「ワイズマンのメルシュ……」

 奪われたこと、気にしていないと言えば嘘になる。

 でも、今からでも彼女を手に入れる方法はある。だから、一応は許せる。


 隠れNPC同士は、トレード出来るのだ。


「第四ステージで、隠れNPCのアマゾネスを手に入れれば」

 だが、簡単に応じてはくれまい。

 どうにかして第四ステージまで一緒に行動し、素早くアマゾネスを手に入れ、トレードに応じてくれるだけの人間関係を築いておく必要がある。

 昨日一日、ベッドの中で苦悶しながら考えた策!!

「そ、そのためなら……ゲーム上での、け、結婚くらい!!」

 ……こんな羞恥に耐えて手に入ったのが、”低級の婚姻の指輪”だったらどうしよう。

 いや、別に良いだろう! そもそも、私達は一度は殺し合った仲なんだから!!

 でも、仲良くならないとトレードに応じてくれないだろうし……。

「くぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーッ!!」

 思わず、シャワー室で奇声を上げてしまった。


●●●


「色んな指輪を手に入れたんだな」
「場面次第で使い分ければ、地味に役に立つよ」

 ”水魔の指輪”に“雷魔の指輪”、“解毒の指輪”や“鉄剣の指輪”。

 今日手に入れたアイテムを、自室で三人一緒に確認していた。

「“金剛拳使い”のサブ職業と“魔武の指輪”、“金剛の巨腕の指輪”は私が使うね」
「おう」

 メルシュが言うのだから、問題無いだろう。

「……もうちょっと構いなさいよ」
「ん?」
「なんでもなーい」
「ハイハイ」

 メルシュの頭を撫でてやる。

 年齢は十五歳になっているけれど、小柄で童顔だから、小学生に見えなくもない。
 
「んー……さすが♪」

 なんか嬉しそうだ。

「これって、どういう物なんですか?」

 トゥスカが禍々しい腕輪を摘まんで、メルシュに尋ねる。

「“凶狼の腕輪”。身体強化系で魔法耐性もアップ。ただし、装備すると上級魔法を使えなくなる“上級封魔”の効果があるよ」
「“生活魔法”さえ使えれば充分ですね」

 トゥスカは戦士だし、攻撃に有用な魔法は修得していない。そもそも下級魔法しか持っていない。

「煉獄魔法は上級だから、俺には合わないな」
「では、私が使いますね♪」

 トゥスカがウキウキと左腕に装備する。

 好きなんだ、ああいうの。

「トゥスカが手に入れた“暗黒石”は、様々な闇系装備の作成に使える優秀な素材だよ。ヴァナルガンドの素材と合わせると、結構凄いのが出来るよ。まだ材料が足りないけれど」

「そういえば、ワーウルフの森から戻るとたくさんフルーツが手に入って居ました。明日にでもタルトにしますね」
「他にも色々作ろうよ! フルーツの蜂蜜漬けとか!」

 テンション上がってるな、女子二人。

 でも、取り敢えず生の味を知ってから加工してほしい。

「メルシュ、この”滅剣ハルマゲドン”っていうのは?」

 禍々しいデザインの黒い大剣。刀身の中心には厳かなブラウンの金属板がくっついている。

 ただし、この剣には刃が無く、溝が刀身の周りに入っていた。

 明らかに、斬る事を放棄しているなまくら

「……なんでこんなレア武器が? 大剣のサブ武器としては最高峰だよ!!」

 ここ、まだ第三ステージだろ?
 全部でなんステージあるか知らないけれど。

「制限条件が大きい程、手に入る武器のレア度は高くなる設定だったけれど、なんでS級武器が?」

「S級?」
「最高位の装備って事だよ!」

 でもこれ、使えるのか?

「”終末の一撃”っていう効果が強力なんだよ。それだけしか取り柄が無いけれど、一撃の威力は絶大。なにせ、総TP・MPの半分を消費するからね。ちなみに、一日一回しか使えないよ」

 使いどころが難しそうだ。

「普通に振るった場合は?」
「ただの鈍器だよ。中身が空洞の。ちなみに脆いよ」

 本当に使いどころが難しそう。

「ちなみに、“強者のグレートソード”のランクは?」
「B級の上位ってところだね」
「……うん?」
 
 俺……今日ジュリーに、A級武具ランダム袋×3を渡してしまったぞ!!

「A級武具って……俺達持ってる?」
「武具は……一つも無いね」

 ……疲れてたんだよ。うん、疲れてたの。

 限界まで肉体と精神を酷使した上に、左手の指が吹き飛んだんだぞ。

 更に言うと、“兇賊のサーベル”がぶっ壊れて消滅してしまった事に、地味にショックを受けてたし!

「ご主人様……そういえばジュリーに……」
「ごめんなさい……」

 一番渡しちゃいけない相手に、強力な武具を渡してしまった!

「なんの話し?」
「ご主人様が、自分の命を狙ってきた相手にA級武具入りの袋を渡してしまったんですよ。それも三つも」

「……アホだ、コイツ」

 メルシュに、面と向かってアホだって言われた!! メシュに似た顔で!!

「まあ、宝飾品ならA級も所持してるよ。”大地の盾の指輪”とか、“魔武の指輪”とか。私の固定装備であるこの服はS級だし」
「そうなの!?」
「二人が持つ武器、“強者のグレートソード”と”荒野の黄昏は色褪せない”は特殊な武器で、装備者によって能力が強化される”成長解放”効果があるよ」

「へー、だからグレートソードの名前が変わった……のか?」
「これの名前も変わるのか……」

 “荒野の黄昏は色褪せない”。どう変わるのか想像できないな。

「一応言っておくけれど、ランダム袋から出るのはそのランクの中でも下位の物だけだから」

 てことは、“強者のグレートソード”より少し上くらいの性能か?
 武器によっては、大剣であるグレートソードより威力は低いかも。

「”鉄の剣”のランクは?」
「最低ランクのFだよ。一応上位」

 第一ステージで”グレートソード”が手に入ったのは、奇跡なのかもしれない。

「A級武具ランダム袋から、都合良く使えるアイテムが手に入るわけではないだろうし」

 フラグを立てた……わけないか。

 話しを変えよう。

「サブ職業の”古代竜”っていうのは?」
「上位クラスのサブ職業だよ。どうやって手に入れたの?」
「さあ? 倒したら手に入ったけれど」

 痛みで、確認している余裕はなかった。

「最高クラスのサブ職業の……この情報はまだ開示出来ないか」

 ステージが上がれば、メルシュから得られる情報が増えるのかな?

「コレを装着すると、強力な“古代竜魔法”が使えるよ」

 強そうだけれど、どんな魔法か想像出来ない。
 
「魔法なら、メルシュが使うべきか?」
「うーん……私はサポートメインになるだろうし、この魔法はマスターが使う方が合っているかな」
 
 トゥスカは上位魔法を使えないし、メルシュ以外だと俺か。

「それじゃあ、私はそろそろ隣に行くよ」
「「おやすみー」」

 ……なんだかんだで気にしてたのかな、メルシュ。
 俺とトゥスカの営みを。


             ★


 探索場での戦いから一夜明け、早朝の宿の前に、俺達六人は集まっていた。

「”煉獄のネイルステッキ”!」

 ユリカが、炎と爪を模した格好いい紫と紅の杖を翳す。

「“群青の大槍”!」

 タマが、大袈裟な刀身を持つ大槍を構える。

「“パチモンのトールハンマー”……なんで私だけ」

 ジュリーだけ、本人に合っていない武器が手に入ったらしい。金色の巨大ハンマー。

 しかも、パチモンって名前に入ってるし。

「じゃあ、気を付けてな」
「私がちゃんと弱点とか伝えて置いたから、大丈夫」

 そのために、昨日は向こうに泊まったのか? そうだと思いたい。

「じゃあ、行ってくるわ!」
「行ってきます」
「……」

 ジュリーだけが、沈んだ顔を浮かべている。

「ジュリー!」

 声を掛ける。

「ん?」
「行ってらっしゃい」
「い、行ってきます……」

 俺以上に、ジュリーの方が殺し合いをした事を気にしているのかも。

「面倒くさい奴」
「じゃあ、私はトゥスカと一緒に必要な物を買い揃えれば良いんだよね、マスター」
「ああ、頼んだよ。行ってらっしゃい」

 二人は、これから食糧などの購入に行く。

 俺はというと、一人でメシュを探す。

 今日一日探し回って見付からなければ、俺とトゥスカは諦める約束をしていた。

 この街にメシュが居ても居なくても、虚しい想いをする事に変わりは無いだろうけれど、探さないという選択肢は、俺達には無かったから。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く