話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

52.打算だらけの婚約

「ユリカとタマは?」
「……街を見に行った」

 なぜか、ジュリーと相席してしまった。
 無視して立ち去るのも後味悪いし、また命を狙われても困る。
 メルシュの事を説明すれば、もう狙われずに済むだろうか?

「……婚姻の指輪」
「へ?」

 ジッと俺の指を見詰めているジュリー。
 ジュリーはどうして、婚姻の指輪を知っているんだ?
 名前だけならともかく、見ただけで分かるなんて。

 俺は、さっき……へと……り……り……さっきの七人に会うまで、ここ二日間プレーヤーには遭遇していないのに。

「ワイズマンの歯車を、何に使うか知っていたのか?」
「……知るわけないでしょ」

 しらばっくれるか。

「俺はアレを使って、ワイズマンのメルシュっていう隠れNPCを仲間にした」

「……そう」

 隠れNPCっていう言葉にも反応無し。
 知っていたからと考える方が自然だな、この反応は。

 本当に何者なんだ、彼女は。

「……ワイズマンを、ゲームオーバーにさせないようにしなさい」
「……分かった」

 結局、ジュリーの本音は見えなかったな。

「あの時は言い過ぎた……ごめんなさい」

 目を合わせずに、ジュリーがパスタをフォークで回しながら呟いた。

「出来れば、貴方たちとは仲良くやっていきたい」
「それは……俺もだ」

 ジュリーは、俺達が知らない何かを知っている。これは間違いない。

「恥を忍んで……お願いがある」
「ん?」


「私と結婚してほしい」


「…………は?」

「あ、あくまで“婚姻の指輪”を手に入れるためだから!」
「……なんで俺?」
「あれがあるのと無いのとでは、全然違う」
 
 それはそうだけれど。

「式代は私が出す」
「ああ……うん」

 なんだこれ? 殺し合いをした相手に求婚されてる?

 ジュリーの本音がまるで見えない。本当になんなんだ?

「つ、妻に……トゥスカに相談してから決めさせてくれ」
「わ、分かった……」

 心地良いような、悪いような沈黙が流れる。

「ふーん。結婚するんですね、ご主人様」

 背中が熱くて冷たい!! 全体を針で小突かれたかのよう!!

「とぅ、トゥスカ……」
「直接お帰りなさいを言えず、申し訳ありません。ア・ナ・タ」

 これ、怒ってね?

 何度か、他の女にも手を出していいという発言を繰り返していたくせに。

「あ、結婚おめでとうございます」

 なぜか祝辞を述べるジュリー!?

「安心してください、トゥスカ。彼との結婚に愛はありません」

 はっきり言われたよ!

「まあ、私は構いませんけれど。タダでですか? こちらにはなんのメリットもないのに」

「それは……か、身体ではダメ……だろうか?」

 出た。

「この件は無かったことに」
 
 冷めた気持ちで立ち上がりそうになる俺。

「待って! 待って待って待って待って待って待って待って!!」

 慌てるジュリー。

「この街には…………他の男も居るから」

 さっきの変な奴とか。

「ぶっ殺すぞ、お前!!」
「ご主人様……その言い方はないです」

 誰でも良いんじゃないのかよ!
 ていうか、なんで俺は批難されているの!?
 
「メリットは、レギ……私と同盟を組もう! 手に入れた素材やら武器を交換しあうんだ! そっちにも、手に入れたけれど合わない武器とかあるだろう!」

 確かにそうだ。
 でも、さっき大抵の物は上げちゃったからな。

 メルシュの行動から推測するに、仲間が多い方が今後良いことが起きる可能性は高い。

 さっきの男よりは……ジュリー達の方がまだ……いや、かなりマシだ。

「分かりました。それで、日取りはいつにします?」

 あれ、なんでトゥスカさんが勝手に決めるの?

「手持ちのお金が足りないから、明日稼ぐ。だから、明後日で構わないかな?」
「分かりました。明後日の予定は開けておきましょう」

 だから、なんで勝手に決めるの!!

「ハァー……じゃあ、コレを渡しておくよ」

 最後に適当に選んでしまった、”A級武具ランダム袋”×3を渡す。

 黒い袋にAと書かれている三つの袋を。

「A級!! い、良いのかい!? 本当に良いのかい!?」

 あれ、なんか惜しい事をした?

「まだ探索場には行ってないんだろう? 出来るだけ装備を整えた方が良い」

 メルシュから説明を受けていたのに、かなり危なかったからな。

「あ、ありがとう! 早速、新しい魔法を手に入れないと!」

 さっきまで暗い顔をしていたのに、随分元気になったな。

「私達が泊まって居るのは、すぐそこの宿の305号室だから!」

 お隣さんかよ!!

 あっという間に、残っていたパスタを食べて出て行くジュリー。

「意外とせわしない奴だな」


●●●


「「結婚!!?」」

 私とタマが驚く!

 夕方頃になってジュリーが宿に戻ってきたら、ジュリーが“婚約の指輪”について語り出した!

 今朝まで死んだような顔をしていたくせに、いったいなんなのよ?

「相手はコセだから、ユリカも問題無いだろう?」
「「へ!?」」

 コセ? コセって……あのコセ?

「タマはどう?」
「わ、私ですか……ひ、必要な事だとは理解出来ますけれど……ニャー」

 真っ赤になるタマ。

 私も、顔が熱い。

 ――グッジョブ、ジュリー!!

 アンタのパーティーに入って良かった!

 その時、ピンポーンという音が鳴った。


●●●


 マスター達の提案で、隣の305号室を尋ねた。

「ひ、久しぶり、コセ……♡」

 あ、このおっぱい眼鏡は完全にマスターに気がある。

「お、お久しぶりです」

 こっちの白猫獣人は、脈アリってところかなー。

「ふ、二人とも、久しぶり」
「お久しぶりです」

 マスター達も挨拶を返す。

「こっちは隠れNPCのメルシュ」
「ワイズマンのメルシュです。よろしくお願いします」

 マスターに紹介されたため、頭を下げて挨拶をした。

「ユリカとタマには、一応話しはしておいたよ」

 あの金髪の女が、例の女であるジュリー。

 ”ワイズマンの歯車”を手に入れるために、マスターに本気の殺し合いを挑んだという女。

 でも、ワイズマンの歯車の存在はこの街に来なければ普通は分からないはず。

 メシュというNPCは前から存在していたけれど、特殊クエスト発生時に私の意識がメシュの思考パターンとリンクするなんて事、これまでは無かった。

 観測者が細工した可能性の方が高い。

 ジュリーという女、どっちに属する人間だ?

「二人が嫌じゃなければ、私と一緒に結婚させる」
「なんでだ!?」

 マスターが叫ぶ。

「判りきっているだろう」
「ハァー。わかった、俺が相手を務めるよ。多分手に入るのは、“低級の婚姻の指輪”だろうけれど」
「低級?」

 マスターの言葉に、疑問を挟むジュリー。

「私、今日耳にしました! 相手とどれくらい愛し合っているかで、手に入る婚姻の指輪のランクが違うって」

「そ、そうなの?」

 猫獣人の言葉に、ジュリーが慌てて確認している。観測者側にしては妙な反応。

「結婚式を挙げれば低級。普通に好き同士なら上級。愛し合う者同士なら最上級が手に入りますよ」

「そんなシステム……知らない」

 彼女の反応が意味するところが分からない。

 でも、取り敢えず利用しておきますか。

「三人も一緒に結婚するなら、私が一緒に式を挙げても大丈夫だよね♪」

「メルシュ!?」

 驚くマスター。

「実はね、一遍に大人数で受けちゃった方が安く済むんだよ。なんと、一人当たり半額の500000Gでね!」

 一応遠慮してたんだよ、私。二人に悪いと思って。

 でも、低級と言えど婚姻の指輪があるかないかは大きいんだよね。

「……メルシュさん、結婚の重複人数に上限は無いんですか?」

 マスターが祈るように聞いてきた。

「無いよ」

 私は正直に答えた。

「……俺、純愛物の方が好きなのに」
「お、落ち着きなさいよ! こんなの、オンラインゲーム内で結婚するような物じゃない! き、気にしすぎよ!」

 このおっぱい、良いこと言うな!

「そうそう、キスするわけじゃないしね♪」
「へ? しないの? 結婚式なのに?」
「き、キスしなくても……ああいう事はするんですよね? ……ニャー♡」

「「「「ああいう事?」」」」

 異世界人三人と私がハモった。

「タマ、大丈夫だから」

 トゥスカがタマの耳元で囁く。

「……へ? な、なーんだ! それなら全然!」

 ああ、そっか。獣人の結婚式っていわゆるすることだった。

 つまりこのエロ猫、さっきからずっとマスターとアレすることを考えていたのか。

「でも、一人500000Gとなると、お金が足りないでしょ?」

 ユリカが困った顔を浮かべる。

「そのためにも、明日、探索場でいっぱい稼ごう! そして、明後日に式を挙げてさっさと第四ステージに進む!!」

 ジュリーが張り切り、一瞬こちらを見た。

 もう少し探りを入れてみたいし、さっきの七人組よりはこの三人と縁を深めておいた方が良さそう。

「ねーねー! 今日はこっちに泊めて!」

「メルシュ?」
「どうしたの、急に?」

 マスターとトゥスカが心配そうに尋ねてきた。

「だって、二人と同じ部屋だと……ね」
「「「ああ、なるほど」」」

 隣室の三人が、一瞬で納得してくれた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く