話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

51.止まぬ剣閃

「キュルルルルルーーーッ!!」

 再び、階段の前まで辿り着く。

「そろそろ体力的にキツい。行くか」

 無理そうなら、チョイスプレートから帰還を選べば良い。

『キュルルルルルルルルーーーッ!!』

 今度は二刀流で挑む!

 手数で、石鎧の防御を破ってやる!

『キュルルルルルルッ!!』

 掠り傷程度なら、なんとか与えられているけれど。

「くっ!」

 まずい! 剣を両方、上に弾かれた!

 頭上で拳を合わせ、振り下ろしてくる古代の爬虫人類!

「――”拒絶領域”!!」

 腕が上に弾かれ、今度はエンシェントリザードマンが胴をガラ空きにした!!

「はあああああああああああっっっ!!」

 “強者のグレートソード”と“兇賊のサーベル”を振るい続ける!

 切り裂くのは問題無い。でも、切ったそばから再生していく!

 “超再生”のスキルを持っているため、瞬時に再生していくらしい。

 TP・MPを消費して肉体は再生している。
 そのため、再生中はTP・MPの回復はしない。

 つまり、このまま攻撃し続ければいずれは倒せる!

 こちらを掴もうとする腕を切り裂く!

 後退しようとする脚を断つ!

 懐に潜り込んでいる今しか、チャンスはない! 逃がすものか!!

 喉を! 肩を! 胸を! 腹を! 目を! 斬り続ける!!

 ――血が飛んだ。

 どれだけ斬っても飛ばなかったはずの血が、エンシェントリザードマンの身体の各所から飛び散る!

 油断はしない! 隙は晒さない! 畳み掛ける!!

 俺を懐から遠ざけようとするエンシェントリザードマンの動きを把握し、一太刀ごとに邪魔をする!

 エンシェントリザードマンの動きが鈍くなっていく。

 腕が重い! 筋肉が攣りそうだ! 呼吸をしている暇が無い!

「ぐぅぅぅぅぅぅっ!!」
『キュルルルルルオオオオオゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!』

 またあの光!! 自分を巻き込んででも攻撃するつもりか!!

 ――悩んで鈍るくらいなら、このまま殺しきる!!

「ハアアアアアアアアアアッッッ!!」

 吠えることで、無理矢理軋みを上げる骨肉の声を無視する!!

「ぐっ!!」

 右腕の痛みで“振り抜き”が発動し無かったため、グレートソードの刃が胴の半ばで止まった!

「――ぶっ殺す!!」

 放たれそうになった光に向かって、”兇賊のサーベル”を突き込む!!

 エンシェントリザードマンの頭を貫くと同時に、光が爆ぜた!!

「ぐああああぁぁぁっっ!!」

 指が三本、サーベルごと綺麗に吹き飛びやがった!
 薬指と小指は、焦げて折れ曲がっている。

 エンシェントリザードマンの身体が、光に変わっていく。

 爆ぜた光が頭を吹き飛ばしたのが、トドメとなったようだ。

「なんとか勝てた」

 本気でダメかと思った。

「メルシュに……治療して貰わないと。ぐっ!」

 今ヒールを使って傷を塞いだら、二度と指が戻らなくなる。

○エンシェントリザードマンの討伐報酬を一つ、お選びください。

★フェニックスブレード ★滅剣ハルマゲドン
★ゴールドクレイモア ★エクスバーストレイド
★精霊のファルシオン

 痛みで頭が回らない……適当に押す。

○エンシェントリザードマン強化体を倒しましたので、サブ職業”古代竜”を手に入れました。

 良いから早く! 左手が熱いんだよ!

○制限難易度最高クラスで倒しましたので、特別報酬を選択してください。

★S級武具ランダム袋×1 ★A級武具ランダム袋×3
★B級武具ランダム袋×5 ★C級武具ランダム袋×7
★D級武具ランダム袋×10

「頼むから早く!」

 また適当に選ぶ!

 早く……だんだん目眩が。


             ★


「マスター、手は元通りにしておいたよ」
「……へ?」

 気付いたら、冒険者ギルドで倒れていた。

「メルシュ? ……トゥスカは?」
「トゥスカなら、戻ってきてすぐに宿に帰ったよ」
「なんで?」

 ちょっと待っていて欲しかったかなー……なんて。

「狼の唾液が全身に掛かって、気持ち悪かったんだって」
「ナイスな判断だ、トゥスカ!」

 我が儘な事考えてごめんなさい!

「すぐに戻るって言っていたけれどね」
「なら、真っ直ぐ宿に帰るか」
 
 それなら、すれ違いになる可能性は低いだろうし。

○冒険者ギルドより、探索場、“制限廻廊のクリア証明書”を受け取りました。

「あ、ギルマス!」
「ん?」

 声を掛けてきたのは……誰だっけ?

 誰かは分かる。名前が分からないだけだ。

「誰ですか?」

 メルシュが尋ねてくれた! ありがとう、メルシュ!

「失礼しました、自分はリョウと言います」

 屹立しながら、無駄に大きな声で自己紹介する……へと…………誰だっけ?

「こちらの方は……ギルマスの新しい彼女様?」
「ぶっ殺すぞ、テメー」

 俺のトゥスカへの想いを冒涜しやがった!
 こちとら昨日式を挙げたばかりの新婚だぞ!

「隠れNPC、ワイズマンのメルシュだよ。マスターのお友達?」
「そんな! 自分などがギルマスの友達など畏れ多い!」

 やっぱり……なんか気持ち悪いんだよな、コイツ。

「リョウ様~」

 男の背後には、疲れた様子の女の子が六人。

 よく見ると、この男もボロボロだ。

「第三ステージに辿り着いたばかりか?」
「ええ、つい一時間くらい前に」

 それにしても、彼女達の武具のランクにバラつきがあるような。

 何人かは、突発クエストの時にゴブリンが使っていた物を装備している。

「……マスター、この人達に武器を上げない? ちょっとでも良いからさ」

 メルシュがこんな事言い出すなんて……コイツらに施しを上げることに意味があるって言うのか?

 人数が多いから、装備のランクにバラつきが出やすいんだろうけれど。

「……サブ職業も渡すか」

 獣人しか使用できないホロケウカムイのサブ職業なんて、たくさん持っていても仕方ないし。

 コイツら、七人中四人が獣人だしな。

「好きなだけ持っていってくれ」

 無くても良い物だけ、チョイスプレートを操作して実体化する。

「へ、あんなに?」
「さすがギルマス」
「太っ腹だ」
「格好いい!」
「凄ーい」
「なんだかコイツ……」

 六人の少女達が驚いている。

「よ、宜しいんですか!?」
「全員の装備をしっかり揃えないと、そのうち誰か死ぬぞ。それに、余っている物だけしか実体化していない」

 売れば結構な額になりそうだけれど。

「ありがとうございます! 本当にありがとうございます! ギルマスからお恵みを戴けるなんて!!」

 な、泣いとる!?
 コイツ、マジ泣きしてる!!

「じゃ、じゃあ、俺は行くから。大切に使ってくれよ」
「はい、家宝にします!」

 俺、アイツは苦手だ!

「あれ、メルシュ?」

 メルシュは女の子達と会話をしていた。

「この子達を宿に案内するから、先に行ってて」

 宿に帰ろうとしている俺にわざわざ先に行けって事は、俺達とは別の宿に案内するつもりか。

「分かった! 気を付けてな!」

 メルシュ……グッジョブ!!

 宿に向かって歩く。

「まだ昼か。どうするかな?」

 今日はもう休むかな。疲れたし。

「明日一日で準備を済ませて、明後日ボスに挑むか?」

 その前に、一度街を回らないと。

 そういえば、この街も村同様に滞在ペナルティーとかあるのかな?

 もうすぐ宿に辿り着くという時だった。

「「あ」」

 昨日の朝食事をした店で、ジュリーが注文をしている現場に遭遇したのは。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く