話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

50.強化体

「硬い!」

 グレートソードが全く通らない!

『キュルルルルルルルルーーーッ!!』

 黒茶の石籠手でこちらの剣を防ぎ、白い体表に当てさせてくれない”エンシェントリザードマン”。

 距離を取り、チョイスプレートを操作。

 サブ職業の”盾使い”を、”針使い”に変更。

「パワーニードル!」

 発動しない。サブ職業を入れ替えてもダメか。

「発動しなくても、針使いを着ければ貫通力が上がるかと思ったけれど……当てが外れたな」

 鎧は硬く、隙も無い。

「どうしたら良いんだ?」

 ”拒絶領域”で吹っ飛ばそうにも、ここは壁で囲まれているし。

『キュルルルオウウウゥゥゥゥゥゥゥ!!』

 エンシェントリザードマンの開かれた口の前に光球が生まれ、肥大化していく!

「くっ!!」

 放たれた直後に階段を飛び降りる!

「ちっ!」

 降りると同時に、襲い掛かってくる緑色のリザードマン。

 後方からは、爆発の衝撃が走る。

「いつの間にか青いのが居なくなって、全部緑になってやがる!」

 リザードマンを必死に斬りながら、階段の上に意識を向けるも、エンシェントリザードマンは現れない。

「まさか、階段の下までは来ないのか?」

 緑のリザードマンは上に登って来なかったし、可能性はある。

 あわよくば、壁が無いここまでおびき出して、“拒絶領域”で吹き飛ばそうと思ったのに!

「……そういえば、ここのリザードマンは無限に湧くんだったな」

 打開策が思い浮かばないし。

「……Lv上げするか」


●●●


「”暴風魔法”、ダウンバースト!」

『ギシャアアアアーーーーーッ!!』

 グローツラングの巨体を、飛ばしてきた宝石の弾丸ごと平伏させる。

「”紅蓮魔法”、クリムゾンフレア!」

『ギシャアアアアァァァァァァァァァァ!! ギシャアアアアッ!! ギシャアアアアッ!! ギシャアアアアッ!!!』

 弱点属性により、宝石の鱗が溶け落ちていく。

 のたうち回る宝石の大蛇。

「とどめ。”紅蓮魔法”、クリムゾンランス!」

 紅炎の槍が、大蛇の頭蓋を砕き、肉を引き裂き、内から焼き尽くす。

「紅蓮魔法で六発か」

 グローツラングもコインスネークと同じく、物理防御が高い分、魔法防御が低い。

 弱点属性である火属性の上位魔法で、魔法特化の私が使用したにも関わらず六発も撃ち込んでようやく。

 どれだけ本来より強化されているのか。

「二人は大丈夫かな?」

 ヴァナルガンドジュニアもエンシェントリザードマンも、弱点らしい弱点は無いからなー。

○グローツラングの討伐報酬をお選びください。

★金剛の盾の指輪 ★金剛の剣の指輪 ★金剛の鞭の指輪
★金剛の騎槍の指輪 ★金剛の巨腕の指輪 

 ”金剛の巨腕の指輪”を選択。

○グローツラング強化体を倒しましたので、討伐報奨金が二倍の2000000Gになります。

「ふ~ん」

 思わぬ収獲。
 目標金額までもう少し。

○グローツラングを七分以内に倒しましたので、特別報酬のサブ職業を選んでください。

★金剛拳使いのサブ職業 ★金剛盾使いのサブ職業
★金剛剣使いのサブ職業 ★金剛鞭使いのサブ職業
★金剛槍使いのサブ職業 

 こっちは、最初から手に入れるつもりだった”金剛拳使い”を選択。

○”宝石の大蛇の魔宝玉”を手に入れました。

「さて、帰りますか」

 身体が光りに包まれる。


●●●


「ハイパワーブーメラン!!」

 “荒野の黄昏は色褪せない”を投げ放つも、飛び跳ねて躱される。

「転剣の竜巻!!」
『ガアアアアアアーーーーーーーッ!!』

 ヴァナルガンドが放った咆哮が収束され、転剣の竜巻を吹き飛ばす。

「ベクトルコントロール!」

 ハイパワーブーメランの効果が残っている状態で、黄昏のブーメランの方向を変えた!

『ギャオオオゥゥゥゥゥーーーッ!!?』

 戦士.Lv20で手に入れた”二重武術”により、ブーメランによる攻撃の幅が広がったおかげで虚を突けた。

 ヴァナルガンドのお腹を、大きく切り裂く。

「”魔力砲”!!」

 動きが止まったヴァナルガンドを、直径一メートルの光で攻撃。

「頭を狙ったのに」

 左脚二本しか討てなかった。

 とはいえ、もう動けないでしょう。

「ハイパワー……」
『ガルルルラアアアアアァァァァァァァァッ!!』

 戻ってきた“荒野の黄昏は色褪せない”でトドメを刺そうと思ったとき、残った右脚で無理矢理噛み付こうと突撃してきた!

「――ブーメラン!!」

 ヴァナルガンドの頭を、“荒野の黄昏は色褪せない”でその巨体ごと切り裂く。


「――いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


 唾液が身体にーーーッ!! 全身にーーーーーッ!!

 巨狼が光に変わっていく……唾液も。

「シャワー……浴びたい」

○ヴァナルガンドジュニアの討伐報酬、ヴァナルガンドの牙、ヴァナルガンドの尻尾、ヴァナルガンドの毛皮を手に入れました。

「どうでも良いから、早く帰らせて……」

○ヴァナルガンドジュニア強化体を倒しましたので、”凶狼の腕輪”を手に入れました。

「分かったから早く!!」

○ヴァナルガンドジュニアを六分以内に倒しましたので、以下から一つ特別報酬を選んでください。

★860000G ★暗黒石×4 ★ブラックオリハルコン

「頼むから、早く帰らせてよーーーッ!!」

○”悪徳の凶狼の魔宝玉”を手に入れました。

「ふざけんな!!」

 
◇◇◇


『強化体をあっさり……しかも特別報酬まで』

 結果的に、強化体特典までプレゼントしたことに……。

『もう……アイツらにちょっかい出すのやめよう……と言っても、次は無いかしらね』

 これだけ制限した状態で、強化体のエンシェントリザードマンを倒せるはずがない。

『で、なんでずっとハイリザードマンと戦っているんだ、あの男の子は?』


●●●


「ふっ!!」

 ”武器隠しのマント”から“兇賊のサーベル”を取り出し、二刀流で緑色のリザードマンを切り刻む。

 このマントが無かったら、詰んでたかもしれない。

「ハッ!!」

 “片手持ち”と“二刀流”のスキルのおかげで、二振りの大剣を自在に振るう事が出来る!

 突きは放たず、リザードマンを一刀の元に斬り伏せていく。

 止まることなく、グレートソードを振り抜いた勢いを利用して“兇賊のサーベル”を振るい、更にその勢いを利用してグレートソードを振るう。

 一度でも攻撃を止められれば、この勢いも止まってしまう。

 一撃で絶命させるように、瞬時に狙いを定め、正確に切り裂く!

 それを絶え間なく、連続で!

「はあああああああッ!!」

 “振り抜き”のスキルが連続で適用されているのが分かる。

「ハアハア……」

 いつの間にか、端まで戻ってきてしまっていたのか。

「あれ、全滅してる?」

 無我夢中だったから気付かなかった。

○戦士.Lv21になました。パーティー最大数プラス1(リーダーの時のみ適用)

○戦士.Lv22になりました。予備スキル欄プラス5

「Lvが2も上がってる。なんでだ?」

 トゥスカとメルシュが、それだけたくさんのモンスターを倒したのか? それとも、既に主を倒したのか?

「思っていたよりも強いのかな、ここのモンスター」

 こんなに簡単にLvが上がるなら、メルシュがあのタイミングでLvアップの実を使わせるとは思えないけれど。

 再び廻廊に光が立ち昇り、緑のリザードマンが数百体現れる。

「もう一周するか」

 少し楽しくなっている自分が居る。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く