話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

45.ワイズマンのメルシュ

「ん♡ ……ん♡ あむ♡」

 ぼんやりとした意識の中に、甘美な刺激が入り込んでくる。

 口内にネチョネチョ、ウネウネとした感触。

「ん……トゥスカ……?」
「おはようございます、ご主人様♡ 昨夜も激しかったですね♡」

 トゥスカが目覚めのキスをしてくれていたらしい。

「……激しかったのはトゥスカさんですよね?」

 昨夜はほとんど、トゥスカさんが上で腰を振っていた。

 俺も頑張って突き上げたけれど、トゥスカさんの体力にはついて行けませんでした。はい。

 ……夫として不甲斐ない。

「ご飯の準備をしますね♡」
「いや、外に食べに行こう」

 昨日、宿近くでNPCがやっている店を見付けていた。

「私のご飯に……飽きちゃったんですか?」
「ズルイ言い方をするな」

 トゥスカの言葉が、どちらかと言えば冗談だと分かっている。

 トゥスカの料理、味付けが似通っているから気にしていたのかも。

「新しい味に触れるのも、良い刺激になるだろう?」
「気にしてることバレてる!」

 夜の営みの時よりも恥ずかしそうだ。

「早くシャワーを浴びよう」

 
             ★


「ネイルグリズリーのスープ、ローストリザード、丸ごとポテト、丸ごとオニオン、お待ち!」

 いかついオッサンが、注文してすぐに料理を運んできてくれた。

「なんて贅沢な調理法!!」

 丸ごとだと、熱を通すのに時間が掛かるからなー。トゥスカからすると贅沢なのだろう。

 野宿だったら、確かに贅沢の極みみたいな料理かもしれない。

 注文してから届くまでの間に店内のNPCに話を聞くつもりだったのに、本当にすぐだったよ。

 店は四方のうち二カ所の壁が無く、そのためか真ん中に巨大な柱があった。

 おかげで、店内にも関わらず心地良い風を感じながら食事が出来る。

「お客さん、夜はリザードマンが出るから気をつけな。規格外にデカい奴を見たって話しもある」
「ど、どうも」

 料理を運んでくれたおっさんが去っていく。

 ……どっかで聞いたことがあるような話しだったな。

「昨日からNPC以外の人間に会いませんね?」
「そうだな」

 あの三人を除外すると、生きた人間に会っていない。

「早く食べましょう」
「おう」

 久しっぶりの、トゥスカ以外の他人の料理!

「「戴きます!」」


             ★


 食後、トゥスカと二人で街を散策する。
 武具は持たず、手を繋いでブラブラ歩く。

「やっぱり凄いですね、ここは。見渡す限りの石畳。それに高い建物ばかり……」
「まあ、壮観だよな」

 トゥスカが俺の故郷を見たら、どんな反応をするのだろう?

「ここはなんだ?」

 急にレンガの壁が現れ、とても長く続いている。

 暫く歩いて行くと、門が見えてきた。

 守衛のような男が一人。

「すみません」
「ここは英知の学園の入り口です。ここの門を潜らないと、敷地内には入れませんのでご注意を」

 敷地内に入れないから注意?

「簡単に跳び越えられそうですけれどね?」

 “跳躍”のスキルを使えるトゥスカなら、そうだろうな。

 チョイスプレートから、第一ステージで拾った枝を出現させ、放る。

「わっ!!?」

 門の上を潜ろうとしたところで、枝がバチバチと鳴り、燃え消えた。

「……トゥスカ、絶対に跳び越えるなよ」
「わ、分かりました」

 なんでこんなに厳重なんだ?

「学園に入りますか? 入場料1000Gです」
「入場料を取るためか……」

 そう考えると、なんか急に世知辛さが。

「ここでは、なにができるんですか?」
「魔法使い職の方なら、お金を払って魔法を学べますよ」
「戦士職の場合は?」
「特にはありませんね」

 無いのかよ。

「ご主人様、例の歯車ってここなんじゃ?」 

 メシュから貰った歯車。

「……入場料、払います」
「どうも。ごゆっくりどうぞ」

 チョイスプレートを操作し、2000Gを払った。


             ★


「アレですかね?」

 五階建ての立派な学校には入らず、回り込んで建物の反対側へとやって来た。

 庭の奥には、高さ二メートルはある古びた木製の時計が置かれている。

「居ないな……メシュ」
「……そうですね」

 俺もトゥスカも、ここに来ればメシュに会える気がしていた。

「会えたからといって、それで終わりだろうけれど」

 メシュはNPCなのだから。
 見付けても、一緒に行けやしない。
 どちらにせよ、すぐに別れは訪れるのだ。

○ワイズマンの歯車を使用しますか?

 時計に一歩近付くと、チョイスプレートが出現する。

 YESを選択。


「ありがとう」


 誰かの声が聞こえた!?

「今の声、メシュに似ていた気が……」

 トゥスカにも聞こえていたらしい。

「それにしては、ちょっと大人っぽかった気がしたけれど……」

○以下から一つを選択出来ます。

★ワイズマンをパーティーに加える。
★大賢者のサブ職業を手に入れる
★大賢者のスキルカード・鑑定のスキルカードを手に入れる。

 またチョイスプレートが。

「ワイズマンをパーティーに?」

 ワイズマンがなにか分からない。

「ワイズマンって、種族名か? この世界にはエルフとかドワーフも居るんだろう?」
「エルフやドワーフはともかく、ワイズマンなんて聞いたことありませんよ」

 ワイズマン以外の選択肢だと、大賢者に関する物か。

 ワイズマンっていう言葉にも、賢者とかそういう意味があったよな?

「大賢者って事は、回復魔法関係なのでしょうね」
「だとすると、ワイズマンは魔法使い職か」

 魔法使い職がパーティーに加わる。

 問題は、どういう人間なのかが分からないこと。

「メシュ……だったりしませんかね?」

 仲間になるのがNPCなら、確かにメシュという可能性も。

「……どっちにしろ、人手は必要か」

 昨夜、三人目のパーティーメンバーの必要性を強く認識したばかり。

「ご主人様の好きなように、お選びください」
「ありがとう、トゥスカ」

 俺は、★ワイズマンをパーティーに加えるを選択した。

「うっ!?」
「なに!?」

 時計が光りだし、形を変えていく!?


「初めまして、マスター」


 緑味を帯びた白髪の少女が、豪奢な薄緑のローブを靡かせ、恭しくこうべを垂れた。


            ★


「君は……なんだ?」

 場所を傍のベンチに移し、話を聞いていた。

「私はメルシュ。ワイズマンという種族っていう設定の、NPCだよ」

「設定……」

 自分から設定って言ったよ。

「そこらのNPCと一緒にしないでね、マスター。私は超高性能NPCなんだから」
「はぁ……」

 見た目、十五歳くらいかな?
 どことなく、メシュの面影がある……気がする。

「聞きたいこと、なんでも答えちゃうよ、マスター」
「なら、マスターってなんだ?」
「今の私は、マスター専用の奴隷扱いなの」
「奴隷? ……本当だ」

 チョイスプレートを確認すると、彼女が俺の奴隷扱いでパーティーに加わっていた。

「ほら、本当でしょ?」
「ちょ、やめなさい!」

 背の割に大きな胸元をはだけさせ、奴隷の印を見せてくるメルシュ。
 その行動に、なぜか慌てるトゥスカ。

「そうらしいな……本当にNPCなのか?」
「本当だよ、私は”隠れNPC”の一体。このゲームに用意された特殊なNPCなんだよ」

 他にも居るのか。

「あ、特殊って言うのには幾つか理由があって、私の場合、武器や防具は一切装備出来ないよ」

「「へ!?」」

 隠しと言うのだから、普通よりも強力なんじゃないのか?

「その代わり、!」
 
「「……は?」」

 制限無しって、どういう事だ?

「スキルの修得制限の中に、魔法系スキルは含まれないの。えーと、マスターのLvが19だから、今の私は魔法以外のスキルを二十まで修得出来るよ♪」

「なんで……そこで俺のLvが出て来るんだ?」
「私のLvは、マスターと連動しているからだよ」
「つまり、俺のLvが上がれば、君のLvも上がる?」
「そうそう。ちなみに、隠れNPCは一人一体しか所持出来ないからね。パーティーに加えられるのも一人だけだから、隠れNPC持ち同士はパーティーを組めないよ。あと、私は売り払ったり出来ないから。要らなくなったら殺すしかないからね」

 メシュに似た顔で、とんでもない事を口にするメルシュ。

「それと、隠れNPCは装備が固定、専用の物があるから。私の場合は、この“ワイズマンのローブ”だよ」

 チョイスプレートで性能を確認してみる。

「……強力過ぎないか?」
「……本当ですね」

 衣服であるにも関わらず、防御能力が俺の鎧と同程度もある!?

 わざわざ装備を揃える必要が無い、魔法特化のNPC。

 これ程、都合の良い存在がパーティーに加わってくれるなんて。

「そうそう、ここの学校ってお金さえ払えば色んな魔法を修得出来るんだよ」

 メルシュが修得しているのは……”鑑定”と“魔法強化”、それに“英知の引き出し”? 

 その下に、魔法スキルという別枠で“生活魔法”があった。

 魔法スキルだけ無制限にって、こういう事か。

「学校で教えて貰う前に、Lvアップの選択を終わらせよう。いや、まずは――」

 俺はようやく、メルシュに自己紹介を始めた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く