話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

41.敵意の眼光

 宝物庫を出ると、巨大なリザードマン二体が襲い掛かってきた。

 二体とも、通常のリザードマンよりも二回りは大きい。

「武器変更、“兇賊のサーベル”」

 “強者のグレートソード”を“兇賊のサーベル”に持ち替え、リザードマンの首を撫でる。

 派手に鮮血が舞い、ビクビクと震えたあと……リザードマンは倒れた。

「パワーブーメラン!」

 トゥスカの放った“荒野の黄昏は色褪せない”が、リザードマンの上半身と下半身をお別れさせる。

「良いですね、手に馴染みます」

 トゥスカが戻ってきたブーメランを受け取り、満足げな笑みを浮かべた。

「キューーーーー!!」

 リザードマン二体が光になって消えると、通常よりも小さなリザードマンが十体以上、小さな穴から出て来て襲って来る!

「まさか、家族っていう裏設定でもあるのか?」

 俺とトゥスカで仕留めたのが両親で、出て来たのが子供達……かな?

「パワーブーメラン!!」
「「「キューーーーーーーーーッ!!」」」

 ……トゥスカさんの容赦ない一撃によって、リザードマンの子供達が一匹残らず両断された。

 俺は……無言で手を合わせた。

「ご主人様、祈りは食事の際に捧げる事にしませんでしたか? 命を奪うたびに祈っていては危険だからと、ご主人様が」

「うん、気にしなくて大丈夫だから」
「……はあ」

 それにしても、盗賊団の宝物庫を抜けたらリザードマンの家族……なんでだ?

「殺しちまったのかい、アイツらを」

 洞窟内に、年老いた男の声が響く。

 ……さっきまで居たっけ?

「まあ、いずれは人を襲うようになっていただろうがな。だが、わしにとっては可愛いペットじゃった」

 洞窟の隅っこに腰掛ける、おじいさんに近付く。

「NPCか」

 知能のあるモンスターかと思い、焦ってしまった。

「気まぐれで拾って育てた二体のリザードマンだったが、成長するとわし以外の人間を襲うようになっちまってな。本当なら、わしが始末をつけにゃならなかった事だ。あんたらには礼をやろう」

 なんだこれ?

「ご主人様、なぜ私達はこんな茶番を見せられなければいけないのでしょう?」
「まあまあ」

 それだと、俺達とメシュの関係も茶番になってしまうからな。

○おじいさんから、Lvアップの実か、パーティーメンバー全員が100000Gを受け取れます。
○貰わないという選択肢もあります。

「……やめておこうか」

 なんだか、リザードマンを始末した事に罪悪感を抱いてしまった。
 始末しないという選択肢は無かったけれど。

「……ご主人様が、そう言うなら」

 貰わないを選択する。

「そうかい。まあ、どんな選択もあんたらの自由さ」

 含みのある言い方だな。

 俺とトゥスカが先へ進もうと歩き出す。

「死ね! 若造共!!」

 ――襲ってきた爺の首を、左手で締め上げる!

「ガハッ!!」

 よく見ると、手にはバンディットが使っていた物と同じ巨大針。

「わ……わしの……生き甲斐……を」
「絞殺」

 爺を仕留めると、光に変わっていった。

「いったいなんだったんだ?」

○落ちぶれた元盗賊の頭領を殺しました。

 盗賊だったのかよ!

○貰わないを選択していましたので、Lvアップの実×2と、パーティーメンバー全員が200000Gを貰えます。

「ええーー……」

 なんじゃこりゃ。

「なるほど、この結果を見越しての貰わないという選択だったんですね。さすがご主人様」

 いいえ、違います。

 それにしてもこのゲームのイベント、少なからず胸糞悪い物ばっかり!

「……Lvアップの実か……後でで良いか」

 使ったらLvが上がるのだろうけれど、Lv17になってから溜めた経験値がゼロになるのかどうかも分からない。
 使うなら、Lv18になった直後の方が得だろう。

 ……この判断が、命取りにならなきゃ良いけれど。

 洞窟の奥、暗がりになっている通路へと入っていく。

 一度曲がり角があり、そこを過ぎるとすぐに出口が見えた。

「安全エリアだ」

 メシュと三人で食事した場所に似ている。

 違うのは滝があることと、奥にポータルがポツンと置かれている事か。

「トゥスカ、あれがポータルだ」

 緑色に発光している物を、トゥスカに見せる。

「ということは、この先はボス部屋前に通じている。という事ですね」
「第一ステージと同じなら、そうなるな」

 もしそうなら、今日中に第三ステージの街に行ける。

「街に着けば、メシュが居るでしょうか?」

 トゥスカも、俺と同じ事を考えていたらしい。


「これを持って、第三ステージの街へ来て」


 メシュのあの言葉に俺とトゥスカは、第三ステージの街でメシュに会えるのではないかと、淡い期待を抱いている。

「軽く昼食を取ったら、さっさと行こうか」
「はい!」

 俺もトゥスカも、すっかりメシュの虜になってしまっているようだ。


             ★


 トゥスカと二人でポータルに乗り、転移。

 予想通り、第一ステージに似た暗い場所に出る。

 違うのは、遠くから漏れてくる光の色が青ではなく橙色だということ。

「トゥスカ、やっぱりボス部屋前みたいだ」
「いよいよですか」

 トゥスカには、魔神・四本腕について説明してある。

 第一ステージと違って、あまりLvが上がっていないことは不安だ。
 けれど、あの時と違い、今はトゥスカが傍に居てくれる。

 今なら、妖精から弱点属性について聞くことにも意味があるしな。

 属性付きと思われる武器もあれば、属性付与のスキルを俺とトゥスカ合わせて三種類も選択出来る。

「来たね」

 第一ステージの時と色が違うだけの妖精が左側に見えてくると、向かい側から女の声が。

「……ジュリーさん? 俺達よりも早くここまで来ていたのか」

 やっぱり、この人とは仲良くしておいた方が良いのかもしれない。

「ひ、久し振り……コセ♡」
「ああ。久し振り、ユリカ」
「ちゃ、ちゃんと名前を覚えてくれている♡!」

 ユリカのあの反応……ちょっと心が痛い。

「お久しぶりです、コセさん」
「タマちゃんも元気そうだね、久し振り」

 タマちゃんの名前は覚えちゃったな。
 まあ、覚えやすい名前だし、

「コセ、一つお願いがあるんだ」
「へ?」

 パーティーを組もうって話しじゃないよな?
 最大パーティー人数は、現段階で四人。
 ジュリー達の誰かが俺よりもLvが上なら、五人までは組めるかもしれないけれど。


「”ワイズマンの歯車”を譲って欲しい」


 どうして……ジュリーが知っている?

 同じ物を手に入れている? 
 だとしても、使い道が分からないアレをどうして欲しがるのだろう?

「ただでとは言わない。お金やなにかの装備と交換でも良い。第二ステージのボスの情報全てでも」

 なんだ? 随分必死にお願いしてくるな。

「……悪いけれど、“ワイズマンの歯車”は渡せない。大切な物なんだ」

 メシュと、最後に交わした約束。

「やっぱり、手に入れていたんだね……」

「「「へ!?」」」

 トゥスカ、ユリカ、タマの三人が――ジュリーが土下座した事に驚く。

 俺も、正直驚いている。

 だけれど、それ以上に不気味だと感じた。

 なぜならば、俺がジュリーに抱いていた人物像と目の前の突拍子もない行動を取ったジュリーが、あまりにもかけ離れているからだ。

「なんで……土下座なんて」
「私の……貞操をあげても良い。だから、“ワイズマンの歯車”を譲ってください。お願いします!」

 ――急に、心が冷めていく。

 ジュリーは綺麗だ。女神と形容しても良いくらい美しい。

 正直に言えば、一度くらいそういう関係になってみたいと思わないでもない。

 でも、俺は安っぽい女が嫌いだ。
 安っぽい人間関係も嫌いだ。

 だから、今の一言で俺の中のジュリーの格は底辺に堕ちた。

「行こう、トゥスカ」
「は、はい」

 ユリカ達が驚いているところを見るに、これはジュリーの独断なのだろう。

「どうしても……譲ってはくれないんだね」

 背後から、殺気を叩き付けられた!?

 咄嗟に振り向き、”強者のグレートソード”でジュリーの拳を受けとめる!!


「――君を殺して、”ワイズマンの歯車”を手に入れる」


 ジュリーの敵意が込められた眼光が、俺の目に飛び込んできた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く