話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

34.神の定義

「「戴きます!」」

 盗賊のアジト内で、二人が夕食を食べている。

「美味しい!」

 トゥスカが用意したご飯を、バクバク食べる……メシュ。

 不便だったので、つい名前を覚えてしまった!

「NPCなのに、ご飯食べるんだな」

 トゥスカが以前、NPCは飯も食わなければ眠りもしないと言っていたはずだが。

 メシュは、本当に特殊なNPCなのかもしれない。

 漠然とNPCと呼んでいたけれど、メシュがデータのような存在なら、俺やトゥスカはなんなのだろう?

 実はトゥスカもNPCで、俺は死んでも元の世界に戻るだけ……だったりするのだろうか?

 そもそも、俺が本物の巨勢こせ 雄大ゆうだいだという保証も無い。

 ここが本当は仮想空間で、俺は本当はただのデータでしかなかったとしたら?


 ――世界の全てが、とても空虚な物に変わっていってしまう!!

 
 大きななにかに――――呑み込まれそうになる!!!


「お兄ちゃんは、一緒にご飯食べないの?」
「…………二人が……食べ終わったらな」

 ……メシュの言葉に、意識が引き戻された。

 俺は今、見張り役をしていたんだったな。

 二十一時を過ぎても安全エリアが見付からなかったため、アジト内にあった狭い部屋で一晩を過ごす事にしたのだ。

 ここは一番奥の部屋で、通じている通路も狭い。

 迷路になっている盗賊のアジト内で遭遇した敵は、人間のような見た目のバンディットだけ。

 この場所なら、俺とトゥスカのどちらかだけでも敵に対処出来る。

「ご主人様、どちらが先に眠りますか?」
「トゥスカ達から寝てくれ」

 眠くならないよう、いつもよりも食事を軽めに済ませた。

「一緒に寝よ、メシュちゃん」

 トゥスカはNPCが嫌いだったはずなのに、メシュのことは気に入ったらしい。

 扉の無い部屋で入り口付近に座りながら、耳に意識を集中して目を瞑る。

 部屋の奥で、トゥスカとメシュが同じ毛布の中で眠りについた。


●●●


 誰がなんのために、トライアングルシステムに介入したのかは分からない。
 これまでとは違うパターン。

 だが、今回の接触対象は面白い。

 先程、かの少年は

 だが、自己を失っては元も子も無い。

 この世界は、考えようによっては彼を育てるのに適しているかもしれない。

 観測者達に気取られぬよう、見定めねばならないが。

 だけれど、この十数年で彼が一番可能性があるのは確か。


●●●

 
 四時間くらい経ったか?

 部屋の奥から物音。

「お兄ちゃん」

 毛布の中から、メシュが出てきた。
 座っていた俺の前まで、テトテト歩いてくる。

「眠れないのか?」
「寝たけど……起きちゃった」
「そうか」

 ……この子から感じる違和感、NPCだからってだけじゃないな。

「なにか用か?」
「……お兄ちゃんは、神様の存在を信じる?」
「神の定義による」

 妙な質問をしてきたな。

「……どんな定義?」
「神は……人に過度な幸福を与えたりしない。主に見守っているだけだ。そして……一度として神の存在を疑わない者を、神は愛さない。つまり、祈れば救ってくれるなどという都合の良い神は存在しない」

 こんな子供に、俺はなにを言っているんだ?

「他には?」
「神は……成長しようとしない人間を愛さない。それは知識や身体能力の事ではなく、万物の本質を見抜く……」

 家族どころか、誰にも言えなかった事を口にしている。
 それも、こんな子供に。

「お兄ちゃんは、人間が嫌いなの?」
「……嫌いだよ」

 異性とかそんなもの全部関係なく、俺が唯一、本当に愛しているのは……トゥスカだけだ。

「もういいだろ、この話は」

 神について、俺なりの見解を述べたに過ぎないが……口にしてはならない事を口にした。そんな気がする。

「へ?」

 メシュの両手が俺の頬に触れ、おでこをくっ付けてきた。

「私は、お兄ちゃんを尊敬するよ」

 そういって、メシュはトゥスカの方へ戻っていった。


◇◇◇


『始まりの村の激闘も、好評ですねー!』

 特に、宿の中の大盛り上がり!

 コセ様には、是非ハーレムを作ってもらいたい所です。

 まあ、さすがに本番シーンはカットしましたけれど!

『やり過ぎかとも思いましたが、ガルガンチュアに!』

 パラサイトコアに女の残滓を刻んだ特別性。
 おかげで、良い味を出してくれた!!

 ……九十パーセント、クエストは失敗すると思っていたんですけれどね~。

 アレには、有象無象を振るいに掛ける意味合いもあった。

『それにしてもオルフェめ、自分の担当ステージで不具合を発生させるとは』

 コセ様が盗賊のアジトに入った辺りから、映像も音声も入ってこない!

『そう言えば、あのジュリーとかいう小娘はオルフェが参加させている女でしたね』

 私が担当じゃないから、彼女を直接視る事は出来ない。

 だが、突発クエストの時の小娘の言動はあまりにも不可解。

 まるで、以前にもパラサイトコアモンスターと戦った事があるかのような口振り。

『オルフェ……まさか本当に、教義に背くつもりではありませんよね~』

 まあ良い。もう少し様子を見させて貰いましょうか。

 告発なんて面倒ですしね~。


●●●


○この子を奴隷商に売り払って100000Gを手に入れますか?

 私はNOを選択。

○この子を仲間に加えますか?

 私は、もう一度NOを選択する。

○この子を見捨てますか?

「へ?」

 おかしい! オルフェの情報では、三つ目の選択で○この子を攫われた場所に送りますか?と出るはず!

「……くっ!」

 まさか、既にコセ達が!

 私はもう一度NOを選択。

○この子を奴隷商に売り払って100000Gを手に入れますか?

 ループした!

 この子は本来、これと言った役目のないただのモブキャラ。

「ジュリー?」
「ジュリー様、顔色が悪いですよ?」

 ユリカとタマが心配そうに私を見ている。

「……大丈夫よ」

 あの選択を選べるのは、最初の一人だけ。

 間違いなく、コセ達に先を越された!!

 ……あの二人の事だ。おそらく他のプレーヤーとは接触しない方を選んだだろう。

「だとすると、あの二人に会うにはボス部屋前で待ち伏せするしかない」

 私はYESを選択し、メシュを奴隷に売り払った。

「酷い! 酷いよ!」

 空間に穴が開き、下卑た男が少女に手を伸ばす。

「まいど」
「いやあああああああああ!! 助けて! 助けてよーーっ!!」

 メシュは穴の中に引っ張られて消えた。

「ちょ、ジュリー!」
「彼女はNPCよ」

 騒ぎ出すユリカを諫める。

「だからって……」

 仲間に加えるを選択した場合、盗賊の頭領戦で裏切られるイベントが起きる。

 見捨てるの場合、頭領戦の時に乱入して来るイベントが。

 つまり最初の、奴隷商に売り払うのが損の無い唯一の選択なのだ。

 あくまで、オルフェに聞いた限りの話しだけれど。

 見られている現状では、この事を二人に伝えるわけにはいかない。

「急いで攻略を進めるよ」

 こうなったら、コセ達の

 その後は……。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く