話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

30.互いの誇りと愛おしさを胸に

 眼鏡女に連れられ、今朝まで利用していた宿の裏手まで来た。

「用件は?」

 大丈夫だとは思うが、念の為不意打ちを警戒する。


「……あの、私…………アンタが好きみたい」


 ……へ?

「なんで?」
「なんでって言われても……分かんないわよ……」

 頬を赤くし、モジモジし出す眼鏡……女。

「あのトゥスカって女と、付き合ってるの?」

 なんか、急に心臓が重くなった。

「……うん」

 式は挙げていないけれど、俺としては生涯のパートナーだと認識している。

「そっか…………でも、諦めないから」
「へ?」

 なんか、随分雰囲気が違うな。

 今の彼女は、あまり関わり合いになりたくない人間とは感じない。

「改めて、私とパーティー組まない?」
「それは嫌だ!」
「なんでよ!」

 俺とトゥスカの間に、誰も入れたくない。

 だから俺は、出来るならこれからもトゥスカ以外の人間とパーティーを組みたくはないんだ。

 Lv11でパーティーを組める数が増えた所を見るに、いずれそんな事は言っていられなくなるだろうが。

「分かったわよ! ……でも、いつかは必ず、振り向かせて見せるんだから」

 悲しそうに微笑み、俺の横を通って去って行こうとする…………。

「名前、なんて言うんだっけ?」
「……ちょ、一度はパーティーだって組んだんだし、ちゃんと覚えておきなさいよ!! ……ユリカよ……もう、忘れんじゃないわよ!」

「じゃあな、ユリカ」
「……うん、バイバイ」

 ユリカが、宿の表側へと去って行った。

「なんでこんなに、切ない気持ちにならなきゃいけないんだよ……」

 妙な想いをどうにかしたくて、俺はトゥスカを探しに歩き出した。


●●●


「フフフフフフフフフ♡」

 アイツが……コセが、私の名前を呼んでくれたーー♡

 じゃあな、ユリカ……だって♡!

「見てたよ、ユリカ」
「うわっ!!?」

 宿に入って、自分の部屋を目指して階段を登り切った所で、ジュリーが声を掛けてきた!

「み、見てたって?」
「勿論、告白の事だよ。タマと一緒にね」
「ご、ごめんなさい。窓を開けてたから、聞こえちゃって!」

 き、聞かれてたのか~。しかもフラれたのを。

 返事は……聞いてないけどさ。

 それにしても、タマの耳と尻尾、ちゃんと繋がって良かった。

「まあ、そんなことより」

 そんなこと言うな! 私にとってはなによりも大事じゃい!!

「私達とパーティーを組まない?」
「へ?」

 この二人と……パーティーを?

「ユリカなら信用できそうだし、Lv的にも申し分ない。私は早くこのゲームをクリアしたいから、積極的に攻略を進めるつもりだ。どうかな?」

 コセ達はきっと、さっさと先に進んでしまう。

 だったら、上を目指すジュリー達と一緒の方がアイツに置いていかれずに済むかも。

 ジュリーには、両腕を治療して貰った恩もあるし!

「良いわ。よろしく、ジュリー」
「こちらこそ、ユリカ」

 ジュリーと握手をする。

「タマもよろしくね」
「はい、よろしくです!」

 私に、新しいパーティーメンバーが出来た。


●●●


「奴隷に堕とされた時はどうなるかと思ったけれど、これで私らも先に進めるな!」

 メグミちゃんが、居酒屋で果実水を飲みながらそう言った。

「もう我が儘言わないから、またよろしく!」

 私達が奴隷堕ちする原因を作ったアヤちゃんが、一応殊勝な事を口にした。

 まあ、この子が我が儘言わないなんてあり得ないわね~♪

「お金もLvも上がったし、明日一日準備に費やして、四人で攻略開始よ!」

「「四人?」」

 この二人、すっかり忘れてしまっているみたいね。

「忘れたの? 第二ステージは奴隷が居ないと進めない仕掛けがあるでしょう?」

「「そうだった!」」

 全員が奴隷から解放されちゃったから、私達も奴隷を購入しないといけないの。

「あのまま、彼の奴隷のままでも良かったかもね~♪」

 やっぱり私、彼に本気になっちゃったかも♡


●●●


「トゥスカ」
「ご主人様♡」

 人目を避ける場所にトゥスカを連れ込んで、口付けをした。

「こんな所でシたいなんて、ご主人様のエッチ♡」
「いや、俺はそんなこと一言も言っていない」

 無性にトゥスカとキスしたくなって、建物の影に連れて来ただけです。

「おい、ギルマスは見付かったか?」
「主賓が居ないんじゃ、いつまで経っても始められないぞ!」
「私、向こうを探してきます!」
「私はアッチを見てくる!」

「ご主人様、皆が捜してますよ?」

 俺は騒がしいのが嫌いなのに、勝手に祝勝会を開くことになって……。

 この村に居る限り、ゆっくり休めそうにないな。

「トゥスカ、悪いんだけれど……」
「今すぐダンジョンですね。良いですよ」

 完全に読まれた!

「本当に良いの?」
「ご主人様が言っていたじゃありませんか。初めて似ている人に会えたって」

 そんなこと言ったっけ?

「私も騒がしいのは嫌いです。それに……早くご主人様と静かな所で、二人っきりになりたいですから♡」

 やっぱり、トゥスカを選んで良かった。

「行くか」
「はい!」

 クエスト終了と同時に消えたという神像があった場所に、俺はクエスト中に手に入れた余分なアイテムを捨てた。

「良いんですか?」
「たくさんあっても仕方ない」

 今回活躍出来なかった人間は、クエストで手に入った金はあっても、クエスト中にゴブリンが使用していた以上の武器は手に入らない。

 アイテムに所持限界数はないそうだけれど、たくさんあってもな。

「お優しいですね」
「ただの自己満足だよ」

 俺は手を合わせて、目を閉じ、感謝を込める。

 一緒に戦ってくれた人達に、武器に、倒したモンスターに。

 そして、あの憐れな一つ目女の冥福も。

 気付けば、トゥスカも獣人流で感謝を捧げていた。

 今回、俺の作戦通りに動いてくれた結果、死者は出なかった。

 でも、一歩間違えれば……俺は今、謝罪をせねばならなかっただろう。

「どうしました?」
「人の上に立つって……重いなって」

 ギルマスなんて、二度とごめんだ。

「そうですね。でも、重いと思う人こそが、人の上に居るべき人間だと私は思います」

「悪いけれど、俺は多くは背負えないよ」

 そんな覚悟も、力もない。

「だから、俺にとって本当に大切なのは……トゥスカだけで良い」

 日は落ち、月光が俺達を柔らかく照らす。

 あの日、俺とトゥスカが結ばれた時に似た、神秘的な美しさを放つトゥスカ。

「貴方にそう言って貰える事が、私のなによりの誇りです」
「トゥスカにそう言って貰えると、俺も自分を誇りに思える――ありがとう」

 感謝と愛おしさを込めて、俺達は再び唇を重ねた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く