話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

29.主人公の見る異常者の世界

「異常者が、正常者面するな!!」

 喉を貫かれて死にかけていた獣人を発見したため、治療をしていたら遅くなってしまった。

 今、トゥスカは負傷者の治療に当たっている。

 神像も近いし、まずはここから奴を遠ざけるか。

「……最悪だ」

 ハイパワーブレイクを腕でガードされたとはいえ、原型を留めないほど両腕を吹き飛ばしたのに、見る見る再生していく!

「攻撃の手を休めるな! 奴はTP、MPが残っている限り再生し続ける!」

 ジュリーが叫んだ。

「再生にTP、MPを消費している間は、奴のTPとMPは回復しない!」

 随分詳しいな。

「それが本当なら、ダメージを与え続ければ勝てるって事だな」

 急所のような物を壊さない限り無限に再生し続ける物だと考えていたから、事実ならむしろありがたい!

「前を隠せ」

 ”武器隠しのマント”を、眼鏡女に渡す。

「あ、ありがとう」

『……アンタこそ、良い人面すんな! 偽善者!!』

 耳障りな女の声。

「さっさと来い、相手してやるから」
『テメー!! …………お前は後回しーーーーーーッ♪』
「チッ!!」

 狙いを、俺から倒れているメグミに切り替える一つ目!!

 人の思い通りに動くことに、全力で逆らわずにはいられない人間性か?

「パワーブーメラン!!」
『あ?』

 メグミの目の前で、頭に”ビッグブーメラン”をぶつけられた一つ目。

『テメーか、獣人!!』

 一つ目が睨むのは、こっそり回復魔法を使用して治療していたトゥスカ。

『死ね、モデル体型!!』
「俺の奥さんに……なに言ってんだ、クソアマ!!」
『うるさい、リア充!!』

 一つ目の長い腕による高速の突きを回避し、懐に潜り込む!

「ハイパワーブレイク!!」

 動きが単調で助かる!

『ああああああああああっっ!!』

 身体の前面がズタズタに引き裂かれていき、完全に隙だらけになった!

「インフェルノカノン!!」

 折り曲げた右腕を一つ目女の腹に翳し、紫炎の魔弾を上に向かって放つ!

『うああああああっっっ!!』

 一つ目女が派手に西側へと吹き飛び、地べたを転がっていく。

 引き離すのには成功した。

 瞬足を発動し、すぐに一つ目女の元に向かう。

『くそがあああああああああっ!!』

 ――赤い目に、赤光が集まっていく。

「ヤバいな」

 北側に進路を変更し、一つ目の注意を引いた。

『逃げんなーーーーーーーーッ!!』

 今回は頭に血が昇っていたからか、引っ掛かってくれた!


 ――赤い光線が放たれ、地面を広範囲に爆ぜさせる!!


 巨大な爆発音に遅れ、熱風が肌を焼く。

 進路を変えていなければ、トゥスカ達が危なかった!

 面倒な広範囲攻撃……これ以上使わせるか!

『凄い力~♪ 段々能力の使い方も分かってきたわ! だーかーら~、こうしちゃうっ!!』

 一つ目女が再び光線を放つ準備を始め、トゥスカ達の方向へと視線を向けた!?

「ふざけるな!」

 本当にイヤラシい女だ!

『皆死ねーーーーッ!! ……な~んちゃってッ!!』
 
 一つ目女の視線が、急接近した俺に向けられた!

 赤い光線が、俺に向けて放たれる。

「瞬足、ハイパワーブレイク!!」

 ギリギリで光線を避け、反撃した。

 再生しかけていた女の身体が、再びズタズタにされて転がる。
 遅れて爆風が巻き起こった。

『な、なんで……気付いて……』
「お前の思考は単純だからな。もう、大体読める」

 頭に血が昇っているし、戦闘に限定すればパターンを読むのはそう難しくは無い。
 会話から、コイツが元人間の女であり身勝手な人格の持ち主だって事は察しがついているしな。

「どうせ今も、どうやって俺の裏をかくか必死に頭を回しているんだろう。俺を狙うフリをして、俺以外の人間を攻撃するのは決定だが、どう仕掛けるかが思い浮かばない。て所か」

『な!! ……わ、私の中に……入ってくんな!!』

 俺だって、お前に共感なんざしたくねーよ。

 なにが正しいのか知りたくて、色んな考えに理解を示そうとしていたら、いつの間にか単純な思考は手に取るように分かるようになった。


 だからこそ、気付いてしまった。


 どんな人間も、根底にはどうしようもなく下賤な感情が渦巻いていると。

 この世に正常者など居ない。誰もが異常者だ。

 目の前の女は分かりやすく異常性を振る舞い、更に自分の異常性に自覚が無いから、歯止めを掛けず、異常性を助長させ続けているだけに過ぎない。

 本来正常と呼ばれるべき人間は、己の異常性を自覚し、下賤な心に逆らい続ける人間の事なのだろう。

「自分を異常とも思わないお前は、本物の化け物だよ」

『うるさーーーーーい!! 異常なのは……化け物なのは……私をバカにし続けるお前らだーーーーーーッ!!!』

「インフェルノカノン!」
『拒絶領域!!』

 インフェルノカノンが防がれた!?

『テメーが主人公だとでも思ってんのか~? 正統派ぶんな!!』
「むしろ、邪道の自覚がある! パワーニードル!」

 殴り掛かってきた女の左腕に、グレートソードの切っ先を合わせる。

『ヒイイイいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!』

 力任せに殴ってきた腕が、綺麗に左右に避けていく事に恐怖を抱いたらしい。

「ハイパワーブレイク」

 二の腕の半ばまで切り裂いた場所で、大剣術を発動。

 女の左腕が、肩まで綺麗に吹き飛ぶ。

『いやあああああぁぁぁぁぁぁぁぁーーーッ!!!』

 うるさい女だ。
 コイツと比べれば、眼鏡女の方がまだマシだな。

「ハイパワーブレイド!」
『ふぎぃぃぃーーーーーーッ!!?』

 頭上から、腹まで切り下ろす。

『ああぁ……やめ…………お願い……助け…………』
「お前を殺さないと、クエストが終わらないんだよ」

 命乞いをしてきたって事は、MP・TPが尽きかけているな。

『わ、私……本当は人間なの。像を破壊すれば、元の姿に戻して貰えるのッ!! だから……ね? お願い!』

 身勝手に命を奪おうとしていたくせに、命乞いを始めるのか。

『……み、見逃してくれたら、アタシと……一発ヤらせてあげるから!!』

 くだらない女。



「安っぽい女は好みじゃない」



 トゥスカ以外の女なんて、欲情はしても抱く気にはならないんだよ。

『……い……良い子ぶってんじゃねーーよ!! 男なんて、ある程度顔とスタイルが良くて若けりゃ、それで良いんだろうがよ!!』

 切り裂かれた赤い目がくっつき、光を溜め始める。

「俺は異常者だからな、他の人間と同じようには考えられないのさ」
『殺してやる!! お前は、殺してやるーッゥゥゥゥゥ!!!』


「――ハイパワーブレイク」


 腹に突き刺したままの状態から、爆発的な衝撃波を生み出す!

『いやだあああああああああああしにたくなあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーー…………』

 一つ目女の身体が、綺麗に吹き飛んだ。

 数秒経っても、マネキンのような一つ目女の身体が再生しない。

 やがて、周囲から青白い光が立ち上った。

『おめでとうございまっす!! 突発クエストっ、見事っ、クリアでっす!!』

「ハァー……疲れた」

 グレートソードを地面に突き刺し、仰向けに寝転がる。

 朝早く、ダンジョンに潜るつもりだったのに。

 青空が眩しくて、土と日の光が暖かく、肌の周りを吹き抜けていくそよ風が……心を安らげてくれる。


            ★


「ギルマス、全ての奴隷の解放を確認しました!」

 クエスト終了から一時間後、リョウが報告をくれる。

「ああ、ご苦労さま。リョウもゆっくり休んでくれ」
「ねぎらいの言葉、ありがとうございます!」

 コイツ、なんでこんなに俺を慕っているのだろう? ちょっと気持ち悪い。

「では、失礼します!」

 リョウが去って行くと、彼はすぐに多くの人間に囲まれた。

 一番正常に近いのは、アイツみたいな人間の事なのだろうか?

「それにしても、どうするかな?」

○突発クエストの報酬です。どれか一つを選択してください。

★”超再生のスキルカード” ★”指突のスキルカード”
★“魔力砲のスキルカード” ★“硬皮のスキルカード”
★“岩鎧のスキルカード” ★“浮遊のスキルカード”
★“魔眼のスキルカード” ★”隕石魔法のスキルカード”
★“拒絶領域のスキルカード”

 この中からたった一つしか選べないんだよなー。
 詳細が分かればと、この数日間で何度思った事か。

 他に、500000Gが手に入ったのは助かった。
 トゥスカと合わせれば、出費分の穴埋めになる。

 それでも、100000G以上の赤字だけれど。

 無駄にダブって手に入ったアイテムは……多少は余分に残しておくか。

 もうすぐ、日が沈み始める。

 MPも戻ってきたし、俺も回復魔法で怪我を治しに行くか。

 そう考えた時だった。

「コセ……ちょっと良い?」

 眼鏡女が声を掛けてきたのは。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く