話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

28.異常者の見る異常者の世界

『真のラスボスのっ、登場でっす!』

『うわああああああああああああッ!!』

「なんなのよ、アレ……」

 ガルガンチュアが、黒い人型になってしまった。
 マネキン人形だった細い手脚が、ブクリと膨らむ!

「…………ちょっと、早く降ろしなさいよ!」
「へ? ああ、すいません、姐さん」

『アレを……壊せば良いの? そうすれば、生き返らせてくれるの?』

 誰かと会話している? でも、重低音が混じった女の声一人分しか聞こえてこない。

『周りの奴等は殺しても良いのね。アレを壊せば、元通りにしてくれるのね!』

 黒いツルツルの頭に、赤い一つ目がギョロリと現れた!?

『約束よ、絶対に約束よ!』

『真のラスボスっ、ダークサイクロプスさんがっ、仕掛けまっす! 皆さんっ、死なないようっ、頑張ってくださいっ!』

 感情の無い無意味に抑揚のある子供の声が、私の恐怖と交わり、狂気と恐怖を加速させてくる!!


『私のために、死ねーーーーーーーーーーーーッ!!』

 ダークサイクロプスが、私達の前に降り立つ。

「なにが死ねだ、ふざけんな!! パワーアックス!」

 斧を持った獣人が、一つ目に斬り掛かった!

「は?」
『痛いじゃない』
「がひゅっ……ぅ…………」

 獣人の男の一撃は腕で止められて――――喉を貫かれて投げ捨てられた!?

『邪魔しないでよ、殺したくなるじゃない♪』

 異形の女が近付いて来る。

『その巨乳、気に入らな~い』
 
 私を指差して……言っている?

『その綺麗な金髪も嫌~』

 今度はジュリーに。

『可愛らしいネコ耳ちゃんね~。貴方みたいな純真で可愛らしい子見てると、オッサン共に穢させたくなるわ~』

 タマに向かって言っている!

『そこの女は、なんか嫌~い。雰囲気がさ~、なんか気にくわないのよね~』

 今度はおっとりしているサトミに。

『そこの彼は好みかも~♡ 身体が元通りになったら、私と気持ちの良い事しない?』

 リョウを誘っている。

「ふざけないでよ!」
「リョウ様は渡さない!」

 短い黒髪の子と、頭から鹿の角を生やしている美女が、リョウを庇うように立ちはだかった。

『なーに? 邪魔すんの? ――集団レイプの刑にしてやろうぉかッ!!』

 情緒不安定のヤバい女だ。
 化け物のくせに、言っていることが妙に生々しい。
 あの黒鬼からは感じなかった、汚らしい人間らしさを感じる。

『きーめた~♪ せっかくこんな凄い力があるんだもん! 気に入らない奴ら、全員ぶっ殺してから元の姿にもっどろ~♪』

 なんなんだ、この女は!

『まずはアンタ!』
「ああーーーっ!!」

 ダークサイクロプスに狙われたサトミを庇い、振るわれた腕によってメグミが盾ごと吹き飛ばされた!

「メグミちゃん!!」
「ボサッとすんな、サトミ!」

 ダークサイクロプスの再攻撃を、アヤがサトミを押し飛ばして回避する!

『邪魔すんなよ、ブス!』
「うっさい、一つ目ブス! アイスフレイム!!」

 アヤの魔法で、ダークサイクロプスの脚が凍った!!

「サンダラススプランター!!」

 ジュリーによって、巨大な雷がダークサイクロプスに降り注ぐ!

『痛いーーーーーーーーーッ!! 痛いのイヤーーーーーーーーーッ!!!』

 攻撃が通用している! これなら!

「よくもメグミちゃんを! ダウンバースト!!」
「アイスバレット!!」

 サトミとリョウの傍に居た子が、追い討ちを掛ける!

 一つ目の身体が潰れていき、風が収まった所に大きな雹が撃ち込まれる。

『思い通りにならないのが、いっちばん嫌い!! ……へー、そんな凄い魔法が使えるんだ』

 身体を再生させながら、また誰かと会話している!

『メテオ』
「クソ!! サンダラススプランター!!」

 突然ジュリーが上空に向かって魔法を放つと、爆発音が響いて――――すぐ傍になにかが無数に落ちて、衝撃が襲ってきた!!?


 …………身体中が痛い。

 もしジュリーが上で迎撃してくれていなかったら、今ので死んでいたかも。
 
『ねー、なんで今のに対処出来たの? アンタ、凄くない!』
「はな……して」

 ジュリーが、あの女の右腕で首を絞められていた。

「ねー、なんでよ? ねー、教えてよ? ねー!」
「が!! ……あ……ぁぁ……」

 マズい! このままだとジュリーが!!

「咎槍!!」
『ゴハッ!!?』

 ダークサイクロプスの右脇腹に、巨大な穴が空いた!!?

「フレイムブレイド!!」
「ブレイクバッシュ!!」

 リョウが右腕に斬り掛かり、メグミが大盾を左脇腹に当ててスキルを発動!! ジュリーが衝撃によって解放される!
 
「ジュリー様! 大丈夫ですか!?」

 タマがジュリーを抱き締めて、私のすぐ横まで逃げてきた。

 私のMP、そろそろ回復したかしら?

 チョイスプレートを操作して、あのリッチが使用していた杖を装備し、手に入れていた“暗黒魔法使いのスキルカード”を使用する。

『邪魔!!』
「ガードストップ!」

 メグミが、一つ目の放った裏拳ごと動きを止めた!

「ウィンドブレイド!!」

 リョウが、容赦なく空いたお腹に横薙ぎを決める!

『……酷い。私、貴方の事気に入ってたのに!』
「自分は、貴方が嫌いです!」
『…………死ね。”拒絶領域”!!』

 リョウの言葉に激昂した一つ目が円柱状に輝き、メグミとリョウを吹き飛ばしてしまう。

 円柱状の光が消えていく。

「ここだ! ダークランス!!」

 一発分のMP消費量で、三発分を発射!

 頭、脇腹、左腕に直撃。

『どいつも……こいつもぉぉ!!』

 少し傷を付けたぐらいか!

「「姐さん!!」」

 私の奴隷である二人が、私を庇って殴り飛ばされた!

『ハアハア……クソがーーーーーーーーーッ!!』

 身体に空いた穴の周りがブクブクと盛り上がり、傷が塞がっていく!?
 身体の表面も、裂けた皮が舐めるように元通りに。

「再生なんてさせるか! インフェルノ!!」

 紫の炎に包まれる一つ目!

『ウザったい!!』

 とっさに一つ目の裏拳を杖で受けたけれど、両腕に激痛が走る!

 ――この感じ、昔骨折した時に似てる。

「がはっ!!」

 吹き飛ばされて、背中を殴打した!

『このクソ猫ー、よくも私の身体に穴を開けてくれたなーーーッ!!』

「ジュリー様には近付かせない!」
『知るか!』

 タマが一つ目の左腕に拘束される!!

『ネコ耳なんて着けてんじゃねーよ、ぶりっ子がーーーッ!!』
「あああああああああああっっっっ!!」

 タマの耳が…………引き千切られた。

『はあ? なに、これ本物だったの? うっわ、キモーーーッ!! 本物の獣耳なのかよ、キモーーーーッ!!』

 女の口が裂けていき、刃のような鋭い歯を生やしながら、タマを嘲笑っている。

『泣いてんじゃねーよ。またぶりっ子か~? ……もしかして、こっちも本物かーッ?』

「いやあああああああああああああっっっっ!!」

 ブツリと、タマの尻尾が……尻尾が、引き千切られた!!

『アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!! 昔ー、虫千切って遊んでたのを思いだすわーーーッ!! これもう要らなーい』

 女がタマの耳と尻尾を投げ捨てる。

 お尻から流れた血が派手に飛び散っているタマが、硬い土の上に放り投げられた。

「魔力弾!!」
『あああああああああっっ!!』

 一つ目の赤い眼球に、ジュリーの攻撃が直撃。

「タマ! ハイヒール!」

 ジュリーがタマに回復魔法を掛け始める。

『せっかく良い気分になれたのにーー、なんで邪魔すんのよ!』

 潰れた目が再生していく!

「私が相手よ」 
「ユリカ!?」

 ジュリーが私の名前を呼ぶ。

 なんか、久しぶりに名前を呼ばれた気がするわ。

 折れた腕をダラリと下げながら、化け物と向き合う。

『……巨乳女ー、邪魔しないでくれる? 今ね、アンタはお呼びじゃないの…………でも、その胸はムカつくわー』
「あっ!!?」

 一つ目女により、私の胸元が切り裂かれ、胸が露出する!!

『乳輪も乳首も綺麗とか、マジ嫉妬しちゃうわー…………ムカつくから死んで!!』

「インフェルノカノン!!」
『グヘ!!?』

 間抜けな声を出して、私の魔法に吹き飛ばされるクソ女。

 少し動いただけでも腕が痛くて、もの凄く熱い!
 脂汗もヤバいわ。

 それに、今のでまたMPが尽きた。

「でも、今朝までの私よりはマシでしょう? ……コセ」

 今の私なら、アイツも……私を好きになってくれるかな?

 なーんて、いくらなんでも不純過ぎるか。

 脚がガクガク震え始め、膝を付く。

『ウザいーー! 本当に、どいつもこいつもウザい!! どこにもまともな人間が居ない!! 少しくらい私をイラつかせずにいられる人間は居ないの!? ほっんとうーー!! 世の中異常な奴らばっかり!!!』

 一つ目女が、大仰な動きと共に気持ちの悪い言葉を並べ立てた時だった。


「ハイパワーブレイク!!」


『グペーーーーーーーーッッッッ!!?』

 いけ好かないクソ女にムカつく男が大剣を振り下ろし、強烈な衝撃波を巻き起こしたのは。


「異常者が、正常者面するな!!」


 コセが、この場に居る全員の想いを代弁してくれた!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く