話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

26.岩石巨人ガルガンチュア

「危なかった」

 倒れてきたガルガンチュアの下敷きになる所だった。

「この巨体、どうやって破壊する?」

 光にならないということは、まだ倒した事になっていないのだろう。

 とはいえ、この巨体を一人で破壊し尽くすのは不可能だ。

「頭を潰せば、仕留められるのか?」

 魔神やゴーレムのように無機質な敵である以上、生物としての急所を攻撃しても倒せるのかどうか。

「なんだ?」

 ガルガンチュアが揺れ始めた?

『ガオオオオオオォォォォォォォーーーーーーーー!!』

 壊れた脚が、ガルガンチュアの下半身が崩壊していく。

「ご主人様!」

 トゥスカが駆け付けてくれた。

「なに!?」

 ガルガンチュアの上半身が……浮いていく!!

「トゥスカ、アイツをこれ以上浮かせるな!」
「分かりました!」

 跳躍で空高く跳び上がるトゥスカ。

「爆裂脚!!」

 ガルガンチュアの頭に、上空から跳び蹴りを食らわせる。

 浮き上がり始めていたガルガンチュアの巨体が、再び地に堕ちる!

 TP・MPを節約している場合じゃない!

 ガルガンチュアがどれ程浮き上がるかは分からないが、下半身が存在していたときと同じ場合、トゥスカの”跳躍”でも頭上まで届かない。

 そうなれば、俺の攻撃は届かなくなってしまう!

「パワーニードル! ハイパワーブレイク!!」

 右肩を攻撃して破壊するも、右腕の破壊までには至らない。

 俺とトゥスカだけで、コイツを破壊し尽くせるのか?


●●●


『ダークバレット』

 黒ローブを纏った骸骨が、闇の散弾を放ってきた。

「マジックガイド!」

 メグミちゃんが大盾術で魔法を引き付け、盾で受けきってくれる。

「そう何度も耐えられないぞ! なんとかしてくれ!」

「フレイムカノン!」

 アヤちゃんの火魔法がリッチに向かうも、半透明な壁が防いでしまう。

「またMPが無くなったー!」

 アヤちゃん……本当にこの子ってバカ!

「どうする、サトミ?」
「メグミちゃん、時間を稼いで!」
「へ!?」

 ”風の盾”とサブ職業に盾使い、更にグレイウルフが装備していた“俊敏の指輪”と”飛び跳ねの指輪”を装備するの♪

「待たせたわね、メグミちゃん!」
「おい、何をする気だ!?」
 
 あのリッチには攻撃魔法が通じないみたいだから、私が接近戦を仕掛けるの♪

「ちょーやっく! とうー♪」

 “飛び跳ねの指輪”で、三メートルも跳び上がるのーー!

『ダークランス』
「マジックガイド!」
「アイスフレイム!」

 リッチの魔法をメグミちゃんが引き付けて、アヤちゃんの氷炎魔法がリッチの左半身を凍らせた!?

 アヤちゃん、また私に嘘ついたわねー。
 まったく、虚言癖があるんだから♪
 そういう所があるから、見捨てられないのよね~♪

「シールドバッシュ!」

 リッチの頭上に“風の盾”を叩き付けて、盾術を発動してあげたの♪

『ギゴ……ガゴガ……』

 うーん、首が折れちゃったわね~。

「まだ動いてるぞ、サトミ!」
「危ないわよ、サトミ!」
「ヒール」
『グゴガアアアアアァァァァーーー!!』

 首が治り始めていたリッチが、回復魔法で天に還っていく。

「フー、なんとかなったわね~」
「だけど……アレどうすんの?」
 
 ちょっとずつ、ガルガンチュアがこっちに近付いてきている。

 その上で、派手な爆発が巻き起こっていた。

「他の人に任せましょう、私達じゃどうにもならないわ」

 このゲーム、絶対にクソゲーだわ~♪


●●●


「インフェルノ!」
『ダークランス!』

 紫炎の魔法がリッチの黒い槍を呑み込み、左腕を燃やす。

『ぐあああああああああ!!』

 悪魔に取り憑かれた人間のような絶叫を響かせる……リッチ。

『おのれー!!』

 リッチの手に、真っ黒な大きな宝石が付いたステッキが出現する!

「姐さん!」
「姐さんだけでも逃げてください!」

 運悪くリッチと出くわしてしまった。
 それに、リッチは複数のリザードマンと共に襲ってきたため、二人の獣人はリザードマンの相手をしている。

 私だけで片付けないと!

 MPはほとんど残って無いけれどね!!

『ダークランス!』
「なっ!? マジックアウト!」
 
 一度に黒の槍が三つ放たれたため、魔爪術のマジックアウトを発動した”炎のステッキ”で消し去る!

「さっきまでこんなふざけた芸当、してこなかったくせに!」

 あの杖の能力か!

「大方、一定以上ダメージを受けると使うように設定されていたってところかしら?」

 同じ魔法を三つ同時に放つとか、モンスターにMP切れがあるかは分からないけれどズルイ!

「どうにかして、煉獄魔法を当てる!」

『死者の腕!』

 リッチの居る地面から半透明な黒の腕が伸びて、私の”炎のステッキ”を掴んでしまった!?

「離しなさいよ!」

 これは、私が貰った私の……大切な物なんだから!!

「離せ、死人野郎ー!!」

 引っ張られる力を利用して、自分から前に出る!

「くたばれ、インフェルノ!!」
『ギャアアああああああああぁぁぁあああああ!!!』

 リッチが紫炎にて燃え上がり、のたうちまわる。

 こうして見ると、本当に生きているかのよう。

『ぎぃああああぁぁぁぁーーーーーーッ!!』

 紫炎が止むと、リッチは青白い光になって消えた。

「ダメだ、もうMPが残ってない」

 TPもほとんど無いし。

「雑魚はどうにかするから、後はよろしく……コセ」

 アイツの名前を口にしたら、ちょっとだけ力が湧いた。

「アンタら、いつまでもそんなのに手こずってんじゃないわよ!」

 二人の私の奴隷に檄を飛ばす。

「姐さんは、胸だけじゃなくて態度もデケー」
「俺の母ちゃんみてーだ!!」

 あの二人、奴隷から解放せずに売り戻そうかな。

 買いの半分で売れるらしいし。


●●●


「止めろーーッ!!」
「うわああああっ!!」
「無理だ、こんなもん!!」

 グレートオーガと思われる灰色の鬼が、盾持ちの防衛ラインまで食い込んでいた。

「パワーブレイド!!」

 グレートオーガに“炎の長剣”で斬り掛かるも、ほとんど切れない。

 足止めに撤してくれている盾持ちの獣人達が、次々と剣の一振りで弾き飛ばされていく!

「ぐああっ!!」
「リョウ様!?」

 グレートオーガの腕によって、神像の前に弾き飛ばされた僕の傍に、今朝僕が買った女性が駆け付けてくれる。
 鹿の美しい獣人、エジールさん。

 長いカーブがかった、白髪と茶髪の混じった神秘的な女性。

「エジールさん……逃げて」

 グレートオーガがこっちに近付いてきている。
 右脚が動かない。多分折れている。

「貴方を置いて逃げても、私は助かりません。ならば、戦って死にます!」

 だからって、数時間前に出会った僕を守ろうって言うのか。

「奴隷から解放します、だから逃げて!」

 どうしてかは分からないけれど、僕はこの人を!

「ガードストップ!」

 獣人の男が、グレートオーガの動きを止めた。

「早く攻撃しろー!!」

 武術系攻撃が次々とグレートオーガに決まるも、皮膚の傷が増えていくだけ。

 まったく倒せる気がしない。

 あんなのが他にもう一体。
 更にリッチとかいう、同格と思われるモンスターが二体も居る。

 ガルガンチュアと戦っているのは、おそらくギルマス。

 ジュリーさんも戻ってこないところを見ると、他三体のいずれかと交戦しているのかもしれない。

「ヒール」

 ボス戦の時以来、パーティーを組んでいるシホさんが回復魔法を掛けてくれる。

 黒髪ショートヘアーの、可愛らしい人だ。

「エジールさん。もう少ししたら動けるくらいには回復しますから、リョウさんを連れて逃げてください」
「逃げるのなら、シホさんがリョウ様を連れて行ってください」
「でもジュリーさんが、アイツには魔法が有効だって言っていたでしょう。貴方よりも私が残って、時間を稼ぐべきなんです!」
「でも、貴方より獣人である私の方が頑丈です! 治療も出来る貴方がリョウ様と一緒に逃げるべきです!」
「獣人の貴方の方が、力が強いでしょうが!」
「だから、回復魔法が私には使えないって言ってるじゃないですか!」
 
 どうして、僕がどっちと一緒に逃げるかで口論を?

 脚の痛み、もうほとんど感じない。
 指先の感覚も戻ってきた!

「グアアアアアアッ!!」

 グレートオーガが剣から衝撃を巻き起こし、周りに居た人達がまとめて吹き飛ばされてしまう。

「僕は逃げません。ギルマスが必死に戦っているのに、僕が逃げるなんて……嫌だ!!」

 “炎の長剣”を支えに、立ち上がる。

「二人とも、援護をお願いします!」

「はい、リョウ様♡」
「任せてください、リョウ様♡」

 二人が一瞬で協力的に……なんで?

 まあ、良いか!

 グレートオーガも、ダメージを負っていないわけじゃない! 絶対に倒せないわけじゃないんだ!

「アイスランス!」
「グオオオオオッ!!」

 シホさんの魔法が防がれる。

「厄介なのはあの剣だ」

 あれが放つ衝撃波が、魔法攻撃を防いでしまう!

「パワーアックス!!」

 長い柄の戦斧を振り回し、エジールさんが仕掛けた。

 直接攻撃に対しては、あの衝撃波は使って来ない!

「シホさん、合図を出すまで攻撃はしないで!」
「分かりました!」

 グレートオーガが衝撃波を放つのは、魔法攻撃の時と、多数の人間に囲まれたとき。

「パワーブレイド!!」

 武器を“炎の長剣”から“水の長剣”に持ち替えて攻撃する!

「よし!」

 炎の長剣で攻撃した時よりも、水の長剣で攻撃した時の方が傷の深さが少しだけ大きい!

 炎の長剣で攻撃した場合、武術スキルには炎属性がプラスされ、水の長剣の場合は水属性がプラスされていると思われる。

 なにせ、を発動しているときに感覚が似ているからね!

「行くぞ!」
「グオオオオオオッ!!」

 グレートオーガの剣による横薙を、エジールさんが斧で止めてくれる!

「リョウ様、今です!!」
「ウォーターブレイド!!」

 ――僕は一人で苦しむ方を選択し、特典で初級魔法使いのサブ職業を選択した。

 そのせいか、暫くすると魔法剣術というスキルを使えるようになっていたんだ!

 水の刃が、グレートオーガの右手首を切り裂き、あの厄介な無骨な剣が、右手ごとグレートオーガから離れていく。

「シホさん!!」
「アイスカノン!!」

 氷の弾丸がグレートオーガを氷付けにし、やがて灰色の鬼を光へと変えていった。

「勝った……」

 やりましたよ、ギルマス!!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く