話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

25.猫獣人のタマ

「インフェルノバレット!!」

 リザードマンを、まとめて葬ってやった。

「ゼー、ゼー、ゼー……キツい」
「姐さん、ぶっ通しで戦いっぱなしじゃないっすか! 後退しましょう!」
「そうっすよ、もう充分ですよ!」

 リザードマンがどんどん迫ってくる。

「アンタ達だけで撤退しなさい。私は残るわ!」

 じゃないと、アイツが認めてくれない気がする。

「パワーコントロールブーメラン!!」

 光る巨大なブーメランが何度も往復し、リザードマンを瞬く間に減らしていく。

「ふう……貴方、MPが尽き掛けていますね。この後どんなモンスターが出て来るのか分からないのに。私のご主人様がMP、TPを半分以下にしないようにしろと言った意味が分かっていないようですね」

 アイツの隣に居た女が、私の前に歩いてくる。


「そんなんじゃ、いつまで経ってもご主人様は振り向いてくださいませんよ」


 ――耳元でそう囁かれた。

「どういう……」
「彼女を連れて撤退してください。ここは引き受けます」
「ちょ、勝手に決めないでよ!」
「すみません、姐さん!」

 私の奴隷の一人に担がれる。

「後、お願いしやす!」
「お願いします!」
「か、勝手な事をするなーーッ!!」

 あのトゥスカって女獣人、どっかアイツに似てる!

『リザードマン百三十っ、ゴーレム六十五っ、投入がっ、終わりましたっ!』 

 ゴブリン五百にグレイウルフが三百だから、残り五体!!

『最後に登場するのはっ、この方々でっす!』

 大きな振動が複数回響いた。

『グレートオーガさん二体っ! リッチさん二体っ、そしてっ、大本命のガルガンチュアさんでっす!』

 ガルガンチュアって名前、いかにも強そうなんですけれど!!?


●●●


「まだ第一ステージなのに、グレートオーガにリッチ、しかもガルガンチュアだなんて」

 遠くで光が立ちのぼり、岩の巨人が形作られていく。

「最初から、勝ち目を与えないつもりだったというのか?」

 神像前の防衛ラインが見えてきた。

「来るぞ、構えろ!」
「「「シールドバッシュ!!」」」

 神像を囲う盾持ちの獣人達が、盾術でグレイウルフ達を弾き飛ばす。

「グレイウルフは盾持ちに任せろ! 戦士はリザードマンを優先して狙え! 魔法使い、MPは半分以下にするなよ!」

 リョウが皆に指示を出していた。

「サンダラスレイン!」

 私の魔法で、グレイウルフとリザードマンの数を減らす。

「ジュリーさん!」

 リョウが私に気付いた。

「皆をまとめてくれて助かりました」
「いえ、自分は皆さんほど強くありませんから」

 Lv差の問題だと思うけれど。

 戦士職の多くは、ゴブリンが使っていた属性武器に持ち替えている。

「火属性魔法の使い手はMPを温存! リッチには火属性が有効だ! グレートオーガは物理防御が高いから、魔法で攻撃するように!」

 まだリッチもグレートオーガも見えていない。でも、早めに指示を出しておいた方が良い。

「なんだよ……あれ?」

 グレイウルフとリザードマンの襲撃が沈静化してきた時、誰かの震える声が戦場に響いた。

 決して大きくなかった声が、戦っていた多くの者の動きを止めてしまう。

 立ちのぼる光が消え、完成した姿が人々の目に晒された。


 岩の巨兵、ガルガンチュア。


 高い防御能力と、巨体故に限られる有効攻撃の少なさ。

 幸いなのは、アイツはただ殴ったり、踏み潰すくらいしか攻撃手段がないと言うこと。

 上位のガルガンチュアならその限りではないけれど、どちらにしろ、こんな序盤に登場させるには早過ぎるモンスターだ。

 しかも、防衛地点が決まっているクエスト中に登場させるなんて!

 を悪用して居るだけじゃなく、アイツらはゲームバランスまで崩壊させている!!

 オルフェの言っていた事は本当だった!

「リッチやグレートオーガだけでも厄介なのに……」

「手を止めるな! 死にたいのか!!」

 リョウが剣を振るい、リザードマンの首を刎ねる。

「あんな巨人、ギルマスがなんとかしてくれる! 僕達はそれまで、神像を死守するんだ!」
「リョウさんがそう言うなら、そうに違いねー! やるぞ、お前らーーッ!!」

「「「おうーーーーーーッ!!」」」

 リョウ、誰よりもリーダーの資質がありそう。

 ……本当に、彼ならばなんとかしてくれるのだろうか?


●●●


 ガルガンチュアと呼ばれた巨人は、北側から進軍を始めている。

 全長十五メートルって所か。

 グレートオーガやリッチの戦闘能力は、正直分からない。

 これまで出現したモンスター同様、なにかしらの装備で能力を底上げしているのだろう。

 出現したグレートオーガ、俺が戦ったグレートオーガよりも弱ければ良いが。

「本当にデカい……」

 近付くほどに、巨体故の威圧感が増していく。

○戦士.Lv15になりました。武術・魔法の威力をアップ出来ます。どちらを選択しますか?

 あれだけモンスターを殺したのだから、もしかしたらと思ったが、本当にLvが上がっていた。

 迷わず武術の威力アップを選択。

「まずは挨拶だ。インフェルノカノン!」

 右脚に向かって煉獄魔法をぶつける。

 脚の一部の岩を弾き飛されながらも、動きがまったく止まらない。

「まずは止めないと。パワーニードル!」

 脚が振り下ろされた瞬間を狙い、インフェルノカノンをぶつけた場所にグレートソードを突き込む!

 やはり、抵抗なく刺さった。

「ハイパワーブレイク!!」

 大剣術を、グレートソードが刺さった状態で発動。

 俺の六畳の部屋よりも太い脚に、大きな穴が開く。

「よし! …………やばい!!」

 体勢が崩れたガルガンチュアが、俺に向かって倒れてきた!


●●●


「グアアアアアアッ!!」

 グレートオーガの右拳が迫る!!

「あああああっ!!?」

 避けたけれど、拳圧で吹き飛ばされてしまいます!

「ガハッ!!」

 なにかの建物に、背中から激突してしまう!!

 ここはもう、デルタ様の神像が近い。

「私が……なんとかしないと!」

 ”水の槍”を構えて、右腕に銀色の甲手を装着しているオーガを見据える。

 紙一重で躱そうとしちゃダメだ。

 それに、時間を掛ければ私の方が不利になってしまう。

「グオオオオオッッ!」

 消えたと思った瞬間、グレートオーガが私のすぐ右に!

「グオ?」

 瞬足で拳の打ち下ろしを回避!

「ダークネイル!」

 ”水の槍”で魔爪術を発動し、グレートオーガの右腕を傷付けた。

「グゥアアアアアアアアア!!」

 大して効いていない。ただ怒らせてしまっただけみたい。

 ――またグレートオーガが消える!?

 瞬足じゃない。本当に気配が丸ごと消えている!!

 気配は――突然真上に現れた!!

「パワーフリック!」

 咄嗟に槍を掲げて、槍術を発動!

「ハアハア、ハアハア」

 灰色の大きな手が……眼前で止まっていた。

 私を押し潰そうとしたのか、捕まえようとしたのかは分かたないけれど、グレートオーガの左手の平に深々と水の槍が刺さっていた。

 垂直に掲げていたおかげで、槍の柄が支えになってくれたよう。

「グゥアアアアアアアアアあああああああああ!!!」

 オーガが絶叫を上げ、また消える。

 私から離れた所に現れて、”水の槍”を引き抜いて遠くへと捨て去った。

「武器はまだあるけど……」

 ゴブリンから手に入れた武器が幾つかあるけれど、チョイスプレートを操作して装備し直している暇は無い。
 少しでも他のことに気を回したら、一瞬で殺されてしまう。

 終わったかな。

 デルタ様の神像、ちゃんとお守りしたかった。

「サンダラススプランター!!」

 強大な黄白色の雷が、グレートオーガに撃ち降ろされた!!

「この雷……ジュリー様の?」
「タマ、あの槍を!!」

 ジュリー様の声!

「”咎槍とがやり”!!」

 黒鬼との報酬で私が選んだのは、“魔爪術のスキルカード”と“咎槍のスキルカード”

 つまりこの咎槍は、装備ではなくスキル。

 一日二回しか使えないという凶悪な黒き槍。
 ジュリー様に勧められ、使い方や発動回数もジュリー様から教えて貰った。

 私のご主人様はなんでも知っている!

 ジュリー様が空から、私のすぐ横に降り立つ。

「タマ、決めちゃって!」
「はい――パワージャベリン!!」

 ――――投槍術を使って、咎槍を投げ放つ!!


「グアアアアアアアアアアアアああああああああああ!!?」

 
「ハアハア、ハアハア。私が……こんな凄い力を」

 グレートオーガの上半身が、完全に吹き飛んでいた。

「やったね、タマ」
「はい!」

 ジュリー様が、女神のように綺麗な私のご主人様が、私に微笑んでくれた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く