話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

24.雷の魔法使いジュリー

「ゴーレム?」

 ゴブリンをグレートソードで両断し、流れてきた放送に思考を向ける。

 以前遭遇した、あの煌びやかな人型の事かな?

 あの時はよく分からないまま針術で倒してしまったけれど、実際の防御能力、耐久性はどうなんだ?

「ゴーレムについて教えてくれ、トゥスカ」
「一般的なゴーレムであれば、石で出来ているタイプかと。鉄の武器による低位の武術系を使えば、数回から十回程度で倒せます」

 それだけ、倒すのに時間が掛かってしまうという事か。

「投入されたゴーレムの数も分からないし、出来ることはないか」

 下手に動けば、状況が悪化する可能性もある。

「グレイウルフ、こっちにはほとんど来ませんでしたね」
「それだけ他の場所に流れたか」

 狭めたとはいえ、防衛範囲が広すぎるか。

「ギルマス! 魔法使いの退避、完了しました!」

 斥候役の獣人が報告に現れる。

 最初のゴブリン減らしのためにMPを消費したLv6以下の魔法使い職は、神像周りの第二防衛ラインまで下げさせていた。

「よし、防衛ラインを最終ラインまで下げる!」

 守る範囲を狭めれば、より守りやすくなる。
 その分数を生かせなくなるし、後も無くなってしまうため、気持ちに余裕が無くなる。
 つまり、良いことばかりじゃない。

 だが、建物は破壊不可能なようだが、氷の壁はかなり壊されてしまっている。

 今回は下げるべきだと判断した。

「大変です! 南側にグレイウルフが集まってきて、撤退が難しいと。ジュリーさんが援護に行きました!」

 別の斥候が現れ、呼吸を荒げて報告してきた。

「タマちゃんは?」
「ジュリーさんの命令で、北側に向かいました!」

 となると、一番手薄なのは西か。
 魔性女組は、買った当初二人がLv8で、一人がLv6。

 タマのLvは分からないが、ジュリーがタマを一人で動かしたのなら、Lv10以上はありそうだ。

「トゥスカは――」
「嫌です」
「まだ何も――」
「嫌です、ご主人様と一緒に行動します」

 読まれてる。

「分かった、行くぞ!」

 本当は二手に分かれて、トゥスカを西に行かせ、俺はゴーレムとリザードマンの詳細を調べようと考えていた。

 ただ、トゥスカを一人で行動させるのが怖いという思いもあった。
 自分の目の届かない場所に行かせてしまうことへの不安が。

 第二防衛ラインの外周部を北側に向かって駆ける。

「インフェルノカノン!」

 立ちはだかったリザードマン八体をまとめて消し去り、駆けながら獲得アイテムを確認する。

「“狂気の湾刀”? “痺れのレイピア”、“暗闇のタルワール”……バッドステータス、状態異常を与える武器か?」
「狂気は混乱、痺れは麻痺、暗闇は盲目状態にする効果を持っています」

 トゥスカが教えてくれる。

「対処法は?」
「回復魔法のキュアか、あらかじめ回復魔法のワクチンを使用して十分間。ただ、直接武器に傷付けられなければ問題ありません。それに、低級の武器なら状態異常になる確率も低いです」

「数で攻められるほど厄介な武器ということだな」
「ご主人様!」

 前からリザードマンが六体。

 ゴーレムが未だに見当たらないのは、進軍スピードがリザードマンよりも遅いからか?

「私が!」

 トゥスカが跳び上がる!?

「……凄い」

 十メートルくらい跳んだんじゃないのか?

「“爆裂脚”!」

 トゥスカがリザードマン達に向かって落下し……巨大な爆発を巻き起こした!!

「ブモオオオオ」

 俺が爆風に耐えるため動きを止めていたところに、石の人形が近付き、拳を振り上げている。

「パワーブレイド」
「ブオオ……ォォ……」
 
 拳を躱すと同時に、グレートソードで真っ二つにする。

「なんだ、随分脆い」

 グレートソードの切れ味のおかげか、Lvの恩恵なのか。

 トゥスカの情報は、今の俺のLvの三分の一以下での話だろうから、武器の性能とLvの増加、どちらも考えられるな。

「ご主人様! 西側にリザードマン、北にゴーレムが集中しているようです!」

 トゥスカの報告。さっきの跳躍時に、上空から確認したのだろう。

 ――手が回らないのがもどかしい!
 身体が複数欲しくなる!!

「急ぐぞ!」
「はい!」


●●●


「サンダラスレイン!」

 万雷魔法により、乱戦状態の中から複数のグレイウルフとリザードマンのみを屠る。

「リョウ! 負傷者を連れて撤退しなさい! 私が殿しんがりを務めるから!」

「ジュリーさんお一人でですか!?」

 南側。人数は割いていたけれど、突出した者、Lv10以上を一人も置いていなかったのは失敗か。

 コセ、多分タマを南側に配置したかったんでしょうね。

 彼は彼で、トゥスカを手元に残していたけれど。

 その分東側は人数をかなり少なく配置していたし、広めの区域にしていたようだから、文句を言う気は無いけれどね。

「一人の方がやりやすいから、さっさと連れて行きなさい」
「はい、すみません!!」

 最終防衛ラインまで後退すれば、回復魔法の使い手に治療して貰える。

「さて、MPは温存したいから――雷光」

 左手に装備した“雷光の甲手”の効果を使用する。

「”魔炎”、”瞬足”!」

 炎の紫蛇を生み出し、左拳を瞬足と共に次々とリザードマンに向けて叩き込んでいく。

 魔炎を操り、飛び掛かってきたグレイウルフを弾き飛ばし、隙だらけになった所に左拳を打ち込む!

「あらかた片付いたか」

 リザードマンは全滅させた。
 グレイウルフは、南側の出入り口からしか入れない個体は倒したけれど、壁を跳躍で越えられるのは大分入り込んだよう。

「今度はゴーレムか」

 今の装備だと、ちょっと面倒だ。

「黒鬼からのプレゼント、使わせて貰うか」

 このタイミングで、黒鬼の力が手に入ったのは僥倖だった。

 あの時助けた彼のおかげで、第二ステージでは規格外の力が手に入っている。

 私が報酬で選んだのは、“魔炎のスキルカード”と“魔道力使い”のサブ職業。

「魔力弾!」

 TPの十分の一を消費し、魔法扱いの弾を発射。

「「「ブオオオオオォォォ!!」」」

 魔法耐性の低い通常のゴーレム二体を、まとめて消し去る。

 サブ職業の”魔道力使い”には魔力弾以外にも魔力障壁があり、必ず総TPの十分の一を使用する設定になっていた。

 TPの総量が増えるほど効果は高まるため、ステージが上がっていっても、魔法が効かないモンスターが出てこない限り、攻守共に役に立つ能力。

 、この魔道力使いのサブ職業を報酬に受け取ろうとは思わないでしょうね。

 私が、早めに手に入れておきたかった能力の一つ。

 魔力弾を二度放ち、南側に現れたゴーレム四体を全滅……一体残った?

「ブオオオオ!」
「装備アイテムか!」

 魔力弾をもう一度放って、残りを破壊!

「……アイテムは手に入っていない」

 おそらく、一定の割合で効果を発揮する使い捨てのアイテム。

「見た目じゃ分からないし、取り込むタイプの“お守り系”かな?」

 お守り系は種類も多いし、特定は困難。

 そもそも、ゴーレム全てが同じ”お守り”を使用しているとも限らない。

「ゴーレムに対しては、一撃で倒せないと念頭に置いて対処した方が良いか」

 面倒な。

「さて、少しTPも温存するか」

 ゴブリンから手に入れた”雷の剣”を装備。

 私は、魔法使い.Lv3で雷属性強化を選択しているため、雷属性の武器の威力も上がる。

 サブ職業を”拳闘士”から”剣使い”に変更し、武術も魔法も使わず、撤退しながらグレイウルフを殺していく。
 

●●●


「ブレイクバッシュ!!」

 メグミちゃんの大盾術で、ゴーレム三体が吹き飛ぶ。

「ダウンバースト!」

 メグミちゃんが吹き飛ばした先に居た三体と一緒に、まとめて圧壊させるわ!

「マズいぞ、ゴーレムが集まって来たせいでグレイウルフがどんどん突破して行ってる」

 ゴブリンは女の子を狙ってきたけれど、グレイウルフの跳躍能力を持つ子達は、私達を無視して村の中心地に向かってしまった。

 こっちにリザードマンはほとんど現れず、既に全滅させている。

「どうしようかしらね~?」

 MPが心許なくなってきてるの。
 風特化の魔法使いにしてしまったから、TPを消費しての攻撃手段も無いし。

 殿しんがりを申し出て、他の人達を先に撤退させたのは軽率だったかしら~。

 Lvが8から10にあっという間に上がったから、ちょっと調子に乗っちゃった! テヘッ♪

「私も、武器を使うようにした方が良いのかしらね?」
「そんな事行っている場合!?」

 考え無しにMPを使い切ったアヤちゃんが、文句を言ってくる。

 これは……後でお仕置きね~。

「このゴーレムは硬すぎる! 魔法でどうにかしてくれ!!」
「って言われてもね~」
「パワーニードル!!」

 白い獣人ちゃんが突撃してきて、青い槍でゴーレムを二体、まとめて貫いてしまう!

 この子、あの得体の知れないジュリーって人の奴隷じゃない。

「大丈夫ですか!?」
「おかげで助かったわ~♪」
「ゴーレムには属性武器が有効だそうです!」
「なら!」

 タマちゃんの助言で、メグミちゃんが赤い湾刀に装備を変更する。

 ゴブリンから手に入れた奴かしら~?

「ゴーレム、また来るわよ! しかも十体以上!!」

 アヤちゃんが教えてくれる。
 MPが無いなりに、周りに気を配ってくれていたよう。
 少しは気が利くのよね~。

「私に任せろ!」

 メグミちゃんが剣を掲げて意気込んだ時だった。

「トゥスカ、先に西側に行け!」
「すぐに来てくださいよ!」
「ああ、ハイパワーブレイク!!」

 男女の会話が北側出入り口の外側から聞こえた瞬間、十体以上のゴーレムが――――消し飛んだ。

「……嘘」
「凄いな……」

 アヤちゃんとメグミちゃんが、呆然としている。

「ゴーレムを全滅させた後、俺は西側へ行く! 三人は神像まで退避してくれ」
「「はい!」」

 二人共、反射的に返事をしていた。

「タマちゃんは東側を通って戻ってくれ! 気を付けてな!」
「はい、分かりました!」

 彼は指示を出し終わると、ゴーレムの掃討に戻る。

「サトミ、どうしたの?」
「サトミ、早く撤退しよう」
「そ、そうね」

 どうしよう、本気になっちゃったかも♡

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く